【Swallows】ソロ本塁打攻勢でCarpの連勝を止める

試合結果

04月28日(日) 対Carp 5回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Carp 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 7 0
Swallows 0 1 2 0 1 0 0 0 X 4 8 2
勝投手 高梨 (2勝2敗)
敗投手 ジョンソン (1勝3敗)
セーブ 石山 (1勝1敗5S)
Swallows 荒木2号(ソロ) (2回:ジョンソン)
Swallows 青木5号(ソロ) (3回:ジョンソン)
Swallows バレンティン7号(ソロ) (3回:ジョンソン)
Swallows 山田哲7号(ソロ) (5回:菊地保)
Carp バティスタ2号(2ラン) (7回:ハフ)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Swallows VS Carp 5回戦(明治神宮野球場)

Swallowsの先発は高梨裕稔、Carpの先発はジョンソン。

この日のSwallowsはソロホームラン攻勢でCarpを振り切った。

まず2回裏、1アウトから荒木貴裕がレフトスタンドへ先制の2号ソロホームランを放ち、1-0とする。

続く3回裏、またも1アウトから青木宣親のライナー性の打球はレフト最前席に入る技ありの5号ホームランで2-0。2アウト後、バレンティンがバックスクリーンへ豪快な一発を放ち3-0とする。

5回裏には山田哲人がバックスクリーン左へ放り込む7号ソロで4-0となる。
先発・高梨は6回まで投げて被安打5、奪三振8、無失点と好投した。

しかし、7回表に代わってマウンドに上がったハフが、2アウト2塁からバティスタにレフトスタンドへの一発を浴び、2点を返される。

だが、8回は近藤一樹、9回は石山泰稚が後続を断ち、4-2でゲームセット。タイムリーは無かったものの、ソロホームランのみで4点を奪いCarpとの接戦を制した。

————

まず、高梨のピッチングが非常に安定していた。奪三振8と球に力、キレもあり、球数の関係で6回までとなったが、12連戦中で無ければもう1、2回投げられたかも知れない。

この高梨の好投を無駄にしてはいけないと野手陣も好球必打で、たまたまソロ本塁打攻勢となったが、4点を援護することが出来た。タイムリーが出なかったのは課題だが、どこからでも長打が打てるのはSwallowsの強みでもある。2戦連続で好投する投手を見殺しにせずに済んで良かった。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link