【Swallows】3戦目でようやく初白星、連敗ストップ

試合結果

03月30日(土) 対Tigers 2回戦(京セラドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 0
Tigers 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 1
勝投手 高梨 (1勝0敗)
敗投手 西 (0勝1敗)
セーブ 石山 (0勝1敗1S)

【試合感想】

Tigers先発はBuffaloesからFA移籍後初先発の西勇輝、SwallowsはFightersからトレードで移籍後初先発の高梨裕稔と、両チーム新戦力の先発となった。

初回、Swallowsは坂口智隆の安打で出塁し、2アウト後に4番・バレンティンがタイムリーツーベースを放ちまず先制。そして続く5番・雄平もタイムリーツーベースと、2本のタイムリーツーベースで2点を先制した。

Tigersは高梨の前に凡退をくり返していたが、4回裏に近本光司のツーベースヒット、糸井嘉男のライト前ヒットでノーアウト1、3塁とし、4番・大山悠輔が犠牲フライを放って1点を返す。しかし、後続が続かずこの回1点止まり。

その後、Tigersは3塁が遠く、Swallowsは8回表に2アウト満塁の好機で4番・バレンティンがセカンドフライと、両軍良いところなし。

Swallowsは7回から梅野雄吾→近藤一樹→石山泰稚と繋いで何とか1点差を逃げ切って今季初勝利。

たかが1勝、されど1勝。Swallowsの2019シーズンがようやく始まった。今週は神宮で6連戦。ここで勝ち越せば上位に食らいつけ、今シーズンも混戦が予想されるセ・リーグで良い成績を残せるのではないかと思われる。あとは下位打線の奮起、特に若手の廣岡大志、村上宗隆、塩見泰隆らの活躍が期待される。

今日は先発マスクを松本直樹が被ったが、糸井の盗塁を刺すなど、自慢の肩を見せていたので、中村悠平は自分のポジションがさらに危うくなったと思って、特に攻撃面での活躍を期待したい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link