【F1】Vettel、ホイールリムトラブルによりクラッシュ

間違いなく、これまでのプレシーズンテストで最も衝撃的な瞬間だった ――― Sebastian VettelはBarcelonaのTurn3でバリアに衝突し、Ferrariは水曜日の走行を急遽中止することとなった。

このイタリアンチームは午前中のセッション中に生じたメカニカルな故障がコースオフを引き起こしたとすぐに説明した。Vettelは、コースを外れる前に「前方左側隅に問題があると感じたと語っている。

Ferrariは現在、そのクラッシュの原因がホイールリムの問題であると確認している。Ferrariの広報はさらに「リムへの異物との衝突により、(クラッシュの)数秒前にダメージを受けていた」付け加えた。

Vettelは無傷で難を逃れたものの、Ferrari SF90は6時間もの時間を作業のために、一番良いタイミングで要してしまった。その後、Charles Leclercがその日のセッションが終わる超津数分前にガレージから出てやっとマシンをドライブできるようになった。そして、Ferrariはこの日は全部で41周の周回を重ねたが、一方ライバルのメルセデスは174周をこなしていた。

このミスにもかかわらず、Ferrariのマシン形状は非常に印象的なままで、データ及びライバルの両方が2019年シーズン初期のペースセッターとしてFerrariに注目させていた。


F1ランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link