【Swallows】ブキャナン好投、山田哲人お待たせ1号!(4/6:vs Giants)

4月6日(金) 対 Giants 1回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
Swallows 2 1 0 0 1 1 1 0 X 6 10 0
勝投手 ブキャナン (2勝0敗0S)
敗投手 菅野 (0勝2敗0S)

【本塁打】

Swallows 山田哲1号(ソロ) (5回:菅野)

試合感想

Swallosの先発は前回好投したブキャナン。対するGiantsは、Swallowsが8連敗を喫している菅野。3年振りに菅野から勝利を挙げて今季のSwallowsは違うぞ、というところを見せつけたい。

1回裏、1アウトから奥村が内野安打、バレンティンが四球を選んで1、2塁とし、4番・青木がライトへのタイムリーツーベースを放ち幸先良く1点を先制する。さらにこの日5番に入った畠山の打球をショート・坂本が落球。その間にバレンティンがホームを踏み2点目。さらに青木もホームを狙ったがこれはタッチアウト。2点を取ってブキャナンを援護する。

2回裏、今度は2アウト2塁としてトップバッターの山田哲。1ストライクからセンターオーバーのタイムリースリーベースヒットを放ち菅野から3点目を奪う。

ブキャナンはランナーを出しながらも要所を締め、Giantsに得点を与えない。

すると5回裏、1アウトから山田哲が今度はレフトスタンドへ運ぶ今季第1号のソロホームランで4-0とする。

6回裏には先頭の青木がツーベースヒットで出塁。畠山のセカンドゴロの間に青木は3塁に進み1アウト3塁。ここで坂口はレフトへ犠牲フライを放ち5点目を挙げる。

7回裏、菅野に代わって篠原がマウンドへ。また、キャッチャーも代打で出場した大城に交代。しかし、1アウトからブキャナンがフェンス直撃のスリーベースヒットを放ち、2アウト後に奥村がレフトへタイムリーヒット!これで6-0と完勝ムードに。

ブキャナンは8回表もランナーを出したものの、坂本を6-4-3のゲッツーに仕留め8回を無失点で抑えた。

9回表、ブキャナンから秋吉にスイッチ。荒木がファースト、代走の上田がライトへ、山崎がセンターに入った。秋吉はレフトフライ、センターフライで簡単に2アウトを取ると、岡本に二塁打を打たれるが最後は亀井をセンターフライに打ち取ってゲームセット。

菅野から、実に優勝した2015年以来の白星を挙げ、6-0の完封リレーで見事にGiantsに勝利。打っては山田哲人が第1号を放つなど、2桁10安打を放ち、4番・青木は3安打の猛打賞と役者が打つべきところで打ったナイスゲームだった。

苦手としていた菅野から5得点(自責点・4)を挙げたのは大きい。今季の菅野は初戦でも5失点と、非常に調子が良くないものの、それでも苦手意識が少しは払拭できたのでは無いか。打線が活発なのは良いことだ。

さらに、ブキャナンが8回まで無失点で切り抜けたことで、勝ちパターンの中継ぎ陣が休養できたのは大きい。明日以降の戦いに影響を与えるだろう。

明日の予想先発はSwallowsが石川、Giantsが田口と、左腕対決の模様。なるべくたくさん点を取って石川を援護したいところだ。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link