【Swallows】 小川4勝目、山田5号3ランで今季初の4連勝!

5月20日(土) 対Tigers 8回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3 10 0
Swallows 0 0 4 0 0 3 1 0 X 8 9 0

勝:小川(Swallows)4勝2敗
負:藤浪(Tigers)3勝2敗
本:山田5号③(Swallows)

試合概要

先発はSwallowsが小川、Tigersが藤浪。

対藤浪といえば4月4日に、畠山が受けた死球がもとで乱闘に発展、バレンティンと矢野コーチが退場処分となった『遺恨』がある。この試合も荒れなければ良いが・・・。

2回表、Tigersは先頭の原口がセンター方向へツーベースヒットを放つ。すると、続く鳥谷がセンターへ弾き返し、1点を先制する。しかし、糸原を見逃し三振、さらに盗塁を試みていた鳥谷を中村が刺し、三振ゲッツーとする。梅野に四球を与えるも、藤浪を空振り三振とし、最少失点に抑える。

3回裏、Swallowsは先頭の小川がストレートの四球で塁に出る。坂口、藤井は連続で空振り三振となり、2アウトとなったが、3番・山田は四球を選び1、2塁。さらに、4番・雄平の時に暴投で2、3塁となる。するとこのチャンスに雄平がライト前に運び2点タイムリーヒット!2-1と逆転に成功する。すると雄平はすかさず盗塁を試み2アウト2塁として、バレンティンはストレートの四球。するとこの日6番に入っていた今浪がライトオーバーの3ベースヒットを放ち2点を追加。4-1とする。

その後、小川は4回表は三者凡退、5回、6回は、ランナーは出すものの要所を締めて無失点に抑える。

すると6回裏、4回裏から投げていた投手・岩崎に代え松田がマウンドへ。先頭の大引がセンターへの2ベースヒットで出塁。小川は四球を選び、ノーアウト1、2塁のチャンス。しかし、坂口は空振り三振。藤井に代わり代打・大松はサードゴロで2アウト1、3塁となる。ここで3番・山田がライトスタンドへ待望の追加点となる3ランホームランを放ち、7-1とする。

しかし、7回表に先頭のキャンベル、続く鳥谷と連続ヒットでノーアウト1、2塁とされる。糸原は空振り三振に抑えるが、梅野に代打・伊藤隼を起用。伊藤隼はライト前ヒットで1アウト満塁のピンチ。ここで小川をあきらめ、近藤をマウンドへ。しかし、中谷に痛恨の押し出し四球を与えてしまう。つづく高山にレフトへの犠牲フライを打たれ、7-3と4点差に迫られる。だが、上本はショートゴロに打ち取り、何とか2失点でこのイニングを終える。

7回裏、Swallowsは先頭のバレンティンがこの日6個目の四球で出塁する。バレンティンには代走・上田を起用。続く今浪が送りバントを見事に決めて1アウト2塁とする。続く7番・中村がライトへタイムリー2ベースヒットを放ち、1点を追加して8-3となる。8番・大引、近藤の代打・武内は2者連続で空振り三振に倒れ、1点追加でこのイニングは終了する。

8回表、マウンドにはギルメットが上がる。1アウトから福留にヒットを放たれると、続くバッター・藤川に代打・江越。この江越に死球を与えてしまい1アウト1、2塁のピンチ。しかし、続く鳥谷を4-6-3のダブルプレーに斬ってとり、ピンチを脱出する。

9回表もそのままギルメットがマウンドへ。先頭の糸原にヒットを打たれるも、伊藤隼をレフトフライ、中谷を見逃し三振で2アウト1塁。続く岡崎にヒットを打たれ、2アウト1、2塁とされるも、最後は上本をセカンドゴロに打ち取りゲームセット!8-3で勝利し、Swallowsは今季初の4連勝を飾った!

Benjaminの目

7回途中まで、小川はランナーを出すものの要所を押さえて3失点のQSであった。うち2失点は近藤に変わってからのことだが、押し出し死球は余計だったかな・・・。ただ、打線が上手く繋がり、山田にも久々のホームランが飛び出すなど、効率よく加点し8得点。これで、シーズン総得点と総失点が共に149点と、得失点差が0となった。借金も3まで減り、5割が見えてきた。

この勢いをどこまで続かせられるか、今日の試合にかかっている。今日は先発がSwallowsが星、Tigersが小野というルーキー対決。同じルーキー同士、負けたくない気持ちは強いだろうが、変に力まず、特に星は前回と同様のピッチングを披露すれば、カード3タテも見えてくる。

3位のGiantsまで1.5ゲーム差。首位・Tigersまではまだ6ゲーム差なので、これからもまだまだ混セは続きそうだ。交流戦前に、勝率5割を目指したい。

スポンサーリンク
Sponsored Link