【Swallows】 原樹理、1年ぶりの勝利で3連勝!4位浮上!!

5月19日(金) 対Tigers 7回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2 6 0
Swallows 2 0 1 0 0 0 0 1 X 4 7 0

勝:原樹(Swallows)1勝1敗
負:岩貞(Tigers)2勝3敗
S:秋吉(Swallows)4勝2敗7S
本:伊藤隼1号①(Tigers)、高山2号①(Tigers)、バレンティン6号①(Swallows)

樹理 1年ぶり勝った 3連勝4位浮上の主ヤク「腹くくって投げた」

セ・リーグ   ヤクルト4―2阪神 ( 2017年5月19日    神宮 )

この景色が見たかった。本拠地のお立ち台。総立ちのファンがこちらに声援を送ってくれた。昨年5月8日の阪神戦(甲子園)以来、約1年ぶりの勝利。ヤクルト・原樹の顔は紅潮していた。
「この場所に立つことができて、本当にうれしい。リリーフでもふがいない投球をしていた。今日ダメだったら、と腹をくくって投げていた」

樹理 1年ぶり勝った 3連勝4位浮上の主ヤク「腹くくって投げた」― スポニチ Sponichi Annex 野球

試合概要

先発はSwallowsが今季まだ勝ち星の無い原樹理、Tigersは岩貞。

1回裏、Swallowsは1アウト1塁から山田がセンターへヒットを放ち1、2塁。雄平はセカンドゴロでランナーはそれぞれ進塁し、2アウト2、3塁。バレンティンは敬遠気味に歩かされ満塁。ここでこの日スタメンの大引がライトへのタイムリーツーベースを放ち、2点を先制する。

2回の表、2アウトから鳥谷にヒット、糸原に四球を与え1、2塁とされるが、原樹理は梅野をショートゴロに打ち取る。

3回裏、1アウトから山田がセンター前ヒット。雄平は死球を受け、1アウトランナー1、2塁。ここでバレンティンがライトへタイムリーヒットを放ち、3-0とする。

原樹理は4回、5回を三者凡退に抑え、勝ち投手の権利を得る。

しかし、6回表、投手・岩貞の代打・伊藤隼にライトスタンドへ運ばれ、1点を失う。その後も1アウト1、3塁のピンチを迎えるも、福留をファーストフライ、中谷をサードゴロに打ち取り、何とか1失点で抑える。

7回表はルーキが三者凡退に抑える。

8回表、石山がマウンドへ。1アウト後、高山にライトスタンドへ第2号のソロホームランを打たれ3-2となる。北條、糸井はそれぞれ外野フライに打ち取ったものの、1点差となる。

しかし8回裏、先頭のバレンティンが、代わったピッチャー・藤川からレフトスタンドへ第6号のソロホームランを放ち、4-2とする。

9回表、秋吉が登板。先頭の福留をヒットで出塁させるも、後続をショートフライ、ショートフライ、空振り三振に抑え、4-2でゲームセット!Swallowsは今季2度目の3連勝で4位に浮上した。

Benjaminの目

これまで、主に中継ぎで使われ、イマイチピリッとしない投球が続いていた原樹理だが、先発の時にはなかなか良いピッチングをしていた。その為、以前より原樹理を先発で起用して欲しいと願っていたのだが、この日は私の(勝手な)期待に応え、6回を被安打4、与四球1、6奪三振の1失点と好投。

打線も、この日は山田が3安打の猛打賞でチャンスを作り、バレンティンが2安打1本塁打2打点と、中軸が良いところで点を取ってくれた。何より、初回に先制打を放った大引は良い働きをしてくれた。これで波に乗れたと思われる。

今季2度目の3連勝で4位に浮上したが、3位までもそんなにゲーム差があるわけでは無いので、少しずつ勝ち星を重ねてAクラスを目指して欲しい。

スポンサーリンク
Sponsored Link