【Swallows】 谷内、同点打&逆転打で今季初の3連勝!

5月2日(火) 対Tigers 4回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 2
Swallows 0 1 0 0 0 0 1 2 X 4 12 1

勝:ブキャナン(Swallows)2勝1敗
負:秋山(Tigers)1勝2敗
S:秋吉(Swallows)3勝5S
本:高山1号①(Tigers)

試合概要

先発はSwallowsがブキャナン、Tigersが秋山。

まず初回、1番高山が2球目をバックスクリーンへ先頭打者ホームランで、まずTigersが先制。しかし、そのあとはブキャナンがヒット1本に抑えてこの回1失点で抑える。

2回裏、Swallowsは2アウトから7番・中村がレフトへツーベースヒット。続く、今日はスタメンサードの谷内がスタメン起用に応えてレフトへのタイムリーヒットで同点に追い付く。

3回表、ブキャナンは四球、内野安打、四球で1アウト満塁のピンチを招く。しかし、ここは4番・福留を3-6-3のダブルプレーに仕留めて0点に抑える。

5回表、空振り三振→ヒット→空振り三振→ヒットで2アウト1、3塁とするが、ここも4番・福留をショートゴロに打ち取り無失点とする。

ブキャナンはランナーを出すものの、要所を締めて初回のホームラン以外では得点を与えていない。この粘りの投球に打線が応えたいところ。

6回裏、Swallowsは山田のラッキーな内野安打とバレンティンのヒットなどで2アウト2、3塁とするが、武内がファーストゴロで得点ならず。

しかし、ブキャナンが7回表を三者凡退に抑えると、その裏Swallowsは先頭の中村がセンターオーバーのスリーベースヒット!谷内はピッチャーゴロに倒れるが、ブキャナンの代打・大松がセカンドゴロを放つと、上本がバックホームするが好スタートを切っていた中村が佐木にホームイン!逆転に成功する。その後、2アウト満塁とするが、バレンティンがサードゴロに倒れ、1得点に終わる。

8回表、ブキャナンから石山にスイッチ。先頭の上本に死球を与えるも、後続を空振り三振、レフトフライ、見逃し三振に斬ってとり、相手の攻撃の芽を摘む。

すると8回裏、先頭の雄平がヒットで出塁。続く武内は打撃妨害でノーアウト1、2塁。中村が見事に送りバントを決めて1アウト2、3塁とすると、今日は同点打を放っていた8番・谷内がここでセンター前へタイムリーヒット!2者が生還し4-1とリードを広げる!さらに1アウト満塁のチャンスが続くが、大引、山田が倒れビッグイニングにはならなかった。

9回表、守護神・秋吉がマウンドへ。先頭の鳥谷をショートフライ。北條の代打・糸原をセンターフライ。梅野の代打・荒木をピッチャーゴロに仕留め、3人で攻撃を終わらせ試合終了。

Swallowsは今季初の3連勝で、4位・BayStarsまで1ゲーム差に詰め寄った。

Benjaminの目

今日は、スタメン起用に応えたサード・谷内が2安打3打点の活躍。川端がいない今、サード争いが激しいのだが、西浦と谷内のうち、調子の良い方を使い分ければ良いだろう。また、得点に絡む7番・中村の働きも見逃せない。好リードで昨年とはうって変わってチーム防御率も約3点と、1.7点ほど減っている。その上、.290前後の打率、送りバントはキッチリ決める。たまに先頭打者でチャンスメイクをするなど、攻守にわたっての働きが素晴らしい。優勝したおととしにつかみかけたスタメンマスクを、昨年は不振の末に西田と分け合い、それが非常に精神的な成長をさせたとみている。かといって、西田も畠山のいない今、鵜久森らとファーストの座を争うなど、若手の動きが良い方向に進み始めた気がする。

ブキャナンは開幕から非常に安定したピッチングで、今、Swallowsで頼りになる投手の一人である。今日も7回を1失点に抑え、防御率も2点ちょいと、エース級の活躍である。

石山→秋吉のリレーは盤石であるし、6回くらいまでに何とか得点、リードを作れば、勝ちパターンに持って行けるので、あとは残塁を減らすよう、効率よく点が取れる、もしくはビッグイニングを作ることができるようになれば、リーグの中で怖い存在になるだろう。また、「セ界の火薬庫」と呼ばれる打線が蘇れば、上位進出もそう遠い話ではないだろう。

昨年の鵜久森に加え、今年加入した大松の二人の存在が大きい。どちらもメインは代打であるが、チャンスをモノにする、あるいはチャンスを広げるなど、代打の切り札・2枚看板である。昨年は代打陣にイマイチ迫力がなかったので、この二人がどこまで活躍できるか、期待していきたい。

スポンサーリンク
Sponsored Link