【Swallows】 7回、長野に浴びた痛恨の一発で敗戦(6/27:vs Giants)

6月27日(火) 対Giants 9回戦(山形・荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 0 0 0 2 1 0 1 0 0 4 7 3
Swallows 0 1 0 0 2 0 0 0 0 3 6 0

勝:田口(Giants)6勝2敗
負:石山(Swallows)1勝4敗
本:大引5号①(Swallows)、山田9号②(Swallows)、長野3号①(Giants)

ヤクルト3連敗 真中監督 石山へ「もう少し丁寧に行くべきだった」

セ・リーグ ヤクルト 3-4 巨人(2017年6月27日:山形)

ヤクルトが3連敗を喫した。

2点を追う5回1死一塁。山田がバックスクリーンへ飛び込む9号同点3ランを放り込んだ。「詰まったけど、しっかりとフルスイング出来た」。甘く入った直球を「直球が来ると思った」と狙い打ちした。

ヤクルト3連敗 真中監督 石山へ「もう少し丁寧に行くべきだった」(スポニチAnnex)

試合概要

Swallows先発は中12日の由規、Giants先発は田口。

初回、両チームともランナーを出すもののタイムリーは出ず無得点。

2回裏、1アウトから大引がライトスタンドへ先制のソロホームランを放ち、Swallowsが1点を先制する。

3回まで無失点で抑えていた由規だが、4回表に1アウトからマギーに四球を与えると、陽岱鋼にライトへエンタイトルツーベースを打たれ1アウト2、3塁のピンチ。つづく村田がセンター前へのタイムリーヒットでGiantsが1-1の同点に追いつく。さらに辻が四球を選んで満塁となると、小林がライトへ犠牲フライを放って1-2と逆転に成功する。

その裏、Swallowsは雄平のツーベース、グリーンの四球でノーアウト1、2塁の絶好のチャンスを迎えるが、大引がライトフライで1アウト、藤井がセカンドゴロで2アウト1、3塁となる。その後、1塁走者・藤井が盗塁で2、3塁となり、西田が敬遠気味に歩かされると、由規は見逃し三振に倒れ、チャンスを逃す。西田のファウルフライを長野が落球するというラッキーなできごとも活かすことは出来なかった。

逆にGiantsは5回表、先頭の長野がセンター前ヒットで出塁、立岡が送りバントを決め1アウト2塁とすると、坂本がライト前タイムリーヒットを放ち、1-3として再びGiantsが2点のリードを奪う。

5回裏、Swallowsは1アウトから上田がレフトへヒットを放ち塁に出ると、続く山田が久しぶりの2ランホームランをセンターに放って3-3の同点に追い付く。

7回表、由規に変わって石山がマウンドへ。2アウトを簡単に取ったあと、長野にライトスタンドへ運ばれる痛恨のソロホームランを浴び、再びGiantsにリードを奪われる。

7回裏、Swallowsは1アウト2塁のチャンスに上田がショートゴロ。ここで田口に変わってマシソンがマウンドへ。続く山田は見逃し三振に倒れ、同点のチャンスを逃す。

8回表、松岡がマウンドへ。四球2つで1アウト1、2塁とされるが、村田、辻をライトフライ、セカンドゴロに打ち取り事なきを得る。

その裏、雄平がマギーのエラーで出塁。グリーンは四球を選び、代走・三輪が告げられる。大引が送りバントを見事に決め1アウト2、3塁の1打同点、逆転のチャンス。しかし、藤井は高めのボール球に釣られて空振り三振。西田に代打・大松を送るが、レフトフライに打ち取られ、このチャンスも活かすことが出来ない。

9回表はギルメットが無失点に抑えるが、その裏のSwallowsはGiantsの「守護神」カミネロの前に三者凡退でゲームセット。長野の1発に泣いた試合であった。

Benjaminの目


由規は6回3失点と、QSを決めており、最低限の仕事は果たした。打線も、逆転された後に山田の2ランが飛び出すなど、粘りを見せて追い付いた。しかし、2番手の石山が、2アウトを取ったあとに痛恨の1発を浴びてしまう。そんなに投げ急ぐ場面でもなく、無理して勝負する必要も無かったのだが、この辺りが今年石山が成果を出せていない原因だと思われる。大胆さは必要だが、慎重さも投球には必要なわけで、投手をリードするキャッチャー・西田も簡単にストライクを取りに行ったのでは無いかと思われ、バッテリーミスで負けたようなものである。

ただ、山田に1発が出るとチームの雰囲気が変わるので、これを機に打撃が少しでも向上してくれれば、チームに勢いを与え、何とか最下位からの脱出が果たせるのでは無いか。そのくらい、現在のSwallowsは山田にかかる期待と負担が大きい。この辺りが、怪我人だらけで選手層の薄いチームの弱点である。

スポンサーリンク
Sponsored Link