【Swallows】 守護神・秋吉が2点差を守れず4連敗

5月26日(金) 対Dragons 8回戦(ナゴヤドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 8 0
Dragons 0 0 0 0 0 0 0 0 3X 3 9 0

勝:福谷(Dragons)1勝
負:秋吉(Swallows)4勝3敗7S
本:荒木3号①(Swallows)

ヤクルト4連敗 守護神・秋吉2点差守れず「真っすぐに絞られた」

(Dragons 3X – 2 Swallows:ナゴヤドーム)

ヤクルトは9回に登板した守護神・秋吉が2点のリードを守り切れず、今季4度目のサヨナラ負けで4連敗。3連打で同点とされると、2死一塁から藤井に右中間適時打を浴びた。

ヤクルト4連敗 守護神・秋吉2点差守れず「真っすぐに絞られた」― スポニチ Sponichi Annex 野球

試合概要

Dragonsの先発は小笠原、Swallows先発は原樹理。お互い2年目のルーキー対決となった。

先手を取ったのはSwallows。3回表、先頭の谷内がヒットで出塁すると、原樹理が送りバントを決め1アウト2塁。ここでトップに返って大引がレフトへの先制タイムリーツーベースヒットを放ち、1点を先制する。しかし、その後が続かず1点止まり。

さらに4回表、1アウトから荒木がレフトスタンドへ3号ソロホームランをたたき込み、2点目を奪う。

原樹理は6回まで2塁を踏ませないピッチングで、Dragons打線を完全に封じる。7回裏に、2アウトから連打を浴び、1、3塁となったが、その際ゲレーロが帰塁できず走塁死となり、ピンチを脱する。

8回裏に石山を投入し、3人で攻撃を終了させる。

そして万全を期して9回裏に守護神・秋吉を投入。簡単に2アウトを取って、あと一人となったところで、大島にライトへのポテンヒットを打たれたのを皮切りに、ビシエドにレフトへツーベースヒット、ゲレーロが2点タイムリーヒットで同点に追い付かれる。ゲレーロには代走・荒木が送られ、バッターは藤井。フルカウントからセンターへサヨナラツーベースヒットを放たれ、ゲームセット。3x-2で痛い逆転負けを喫し、4連敗となった。

Benjaminの目

相変わらず、1点取ったあとの攻撃が淡泊というか、打線につながりがない。一度に3点、4点を取るような勢いが感じられず、ちまちまと点を重ねてはいるのだが、まあそれは仕方ないのでよいとする。

先発の原樹理は7回を投げて被安打3、与四死球2、奪三振6の無失点と、先発としての役割を十二分に果たした。石山も1回を3人12球で抑え、ここまでは全く問題なかった。最後、秋吉が試合後にコメントで「ストレートを狙われた」と語っているとおり、2アウトを取ってから完全に狙い撃ちされていた。そこで、中村のリードが変化していれば、あと1つのアウトを取れたと思うが、若さが出たのか、逆転負けを喫してしまった。秋吉には、この試合を反省材料にして、直球だけに頼らず、ある意味うまく「かわす」ピッチングで守護神として定着してもらいたい。そう、往年の高津のように。

しかし、イヤな負け方が続いていてちょっと不満。

スポンサーリンク
Sponsored Link