【Swallows】泥沼の6連敗。打てない。(4/12)

4月12日(水) 対Dragons 1回戦(神宮球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 TOTAL H E
Dragons 0 2 0 0 0 0 0 0 0 3 5 8 1
Swallows 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 4 0

勝:三ツ間(Dragons)1勝
負:星(Swallows)2敗
S:田島(Dragons)1敗2S
本:亀澤1号②(Dragons)

Dragons先発はバルデス、Swallows先発は山中。初回は両チームとも3者凡退でどちらの先発も上々の滑り出し。

しかし、2回の表にまず山中がつかまる。ビシエドに四球、平田にヒットを打たれ、1アウト後に新人・京田にセンター前へ持って行かれてまず1点を先制される。2アウト後にピッチャー・バルデスにもセンター前へタイムリーヒットを打たれ早くも2点を先行される。

Swallowsは4回までバルデスにノーヒットに抑えられていたが、5回裏に2アウトから鵜久森がレフト前ヒットで出塁。これが初ヒット。続く中村もレフト前にヒットを放つと、西浦が四球を選び2アウト満塁。しかし、ここでバッターボックスには山中がそのまま打席に立つ。3回~5回をパーフェクトに抑えていたので、なかなか変えられないところではあるが、ショートゴロでチャンスを得点に結びつけることはできなかった。

山中は6回、7回も粘りのピッチングでDragons打線を抑えると、7回裏、またも2アウトから鵜久森が2塁打を放つ。杉山のパスボールの間に3塁まで進むと、中村、西浦が連続四球で再び2アウト満塁。ここで、山中に代わり代打・西田だが、フライをあげてしまう。しかし、ファースト・ビシエドがこれをまさかの落球!2アウトで打った瞬間にランナーは全員走っていたため、2人が帰り同点に追い付く!山中の負けも消えて押せ押せムード。西田はさらに盗塁で2、3塁としバッターはこの日1番に入っていた比屋根だが、ライトフライに倒れこの回は同点止まり。

8回表はピッチャー山中→石山にスイッチ。内野安打を打たれるも後続を締め、0点に抑える。その裏、Dragonsはバルデスから三ツ間にスイッチ。こちらも三者凡退でキッチリ抑える。

9回表、Swallowsはピッチャー・秋吉を投入。裏のサヨナラ狙いか。四球を一人出すもその他を締めて、裏の攻撃を待つ。

9回裏、Dragonsはそのまま三ツ間がマウンドへ。しかし、中村が2アウトから内野安打で出塁も、西浦がファウルフライで終わり、延長戦へ。

10回表、Swallowsは新人・星がマウンドへ。前回の雪辱なるか。先頭打者の京田が内野安打で出塁。杉山が送りバントで1アウト2塁。ここでバッターは三ツ間に代わり藤井。この藤井がライトへのタイムリーツーベースを放ち、2-3と中日が勝ち越しに成功する。大島はピッチャーゴロに抑え、2アウトまでこぎ着けたが、2番・亀澤に痛恨の2ランホームランを浴び、2-5。

10回裏、Dragonsは田島を投入。3者凡退で万事休す。

これで泥沼の6連敗であるが、鵜久森を先発で起用し2安打するなど、多少の変化は見られるが、何しろこの日は1番から5番までノーヒット。鵜久森と中村の2安打ずつの計4安打では勝てない。今年は何度も言っているが、昨年とは違い、かなり投手陣が頑張っている中、特に山田とバレンティンはWBCでの活躍が嘘のように、まるで打てていない。オーラも感じられないので、早めに修正しないとトリプルスリーどころか、.250も危うい。昨年の死球の影響なのか、内角に逃げ腰なので、早いところ克服してもらいたい。バレンティンは、1発を無理に狙わなくても、WBCの時のようにチャンスで確実にタイムリーを打って欲しい。シーズンの成績が酷ければ、念願のメジャー行きもなくなってしまう。

山中は7回2失点で上々。続く石山、秋吉も問題ない。ただ、新人・星が2回連続でやられているのが気になる。これでメンタルがやられると、1軍では通用しなくなるので、1回下に落として気を落ち着かせる必要があるかも知れない。

早く連敗を脱して、連勝を目指して欲しい。

スポンサーリンク
Sponsored Link