【Swallows】原樹理完投で2勝目、首位キープ!

試合結果

04月16日(火) 対Tigers 4回戦(松山坊っちゃんスタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 2 0 0 0 0 1 0 0 2 5 11 0
Swallows 5 2 0 1 0 0 1 0 X 9 12 0
勝投手 (2勝0敗)
敗投手 ガルシア (0勝2敗)
Swallows 村上4号(3ラン) (1回:ガルシア)
Swallows バレンティン4号(ソロ) (4回:岩崎)
Tigers 中谷1号(2ラン) (9回:原)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Swallows VS Tigers 4回戦(松山坊っちゃんスタジアム)

Swallows先発は原樹理。Tigers先発はDragonsから今季移籍したガルシア。

1回表、Tigersは1アウトからヒットと内野安打で1アウト1、2塁として4番・大山悠輔がレフト前タイムリーヒットで先制。2アウト後、ナバーロがライト前ヒットでさらに1点を加え、Tigersが初回2点を先制する。

しかし、Swallowsはその裏、先頭の太田賢吾がライト前ヒット、2番・青木宣親が内野安打で出塁したあと、3番・山田哲人が四球でノーアウト満塁のチャンス。ここで4番・バレンティンが押し出しの四球を選び1点を返す。なお満塁で雄平はショートゴロ。その間に3塁ランナーが還り同点に追いつく。西浦直亨がファウルフライで2アウト1、3塁となったあと、2年目の大砲・村上宗隆がライトスタンドへ完璧な辺りを放ち、3ランホームランで逆転に成功。5-2とする。

さらに2回裏、Swallowsは1アウトから山田がセンターフェンス直撃の3ベースヒットを放つと、バレンティンが四球で歩き1アウト1、3塁。ここで雄平がライト前タイムリーを放ち6-2。ここでTigersベンチはガルシアを諦め、守屋功輝をマウンドへ送る。しかし、西浦がさらにセンター前タイムリーを放って7-2とリードを5点に広げる。

4回裏、Tigersピッチャーは守屋から岩崎優へスイッチ。1アウトからバレンティンが低めの球を泳ぎながらもレフトスタンドに叩き込みさらに1点を追加、8-2とする。

6回表、Tigersは先頭バッターの福留孝介がレフト線への2塁打を放ちノーアウト2塁とすると、ナバーロのセカンドゴロの間にランナーは3塁へ進み1アウト3塁。ここで梅野隆太郎はセカンドゴロ。その間に福留が還り1点を返し8-3とする。

7回裏、ピッチャーは島本浩也から尾仲祐哉へスイッチ。しかし、四球、2ベース、四球でノーアウト満塁のピンチを招く。原、太田をアウトに取り2アウトとしたあと、青木に押出しの死球を当ててしまう。これで9-3。

9回表、原は完投を目指しマウンドへ。先頭のナバーロに2ベースヒットを打たれるが、梅野をショートゴロ、木浪聖也を浅井ライトフライに打ち取り、あと一人という所で代打・中谷将大。中谷は外角高めのストレートを叩くと、これがライトポールにあたるホームランとなり2点を返し、9-5。さらに続く近本光司にセンター前ヒットを許すが、最後は代打・上本をレフトフライに打ち取りゲームセット。9-5でSwallowsが勝利した。

————

何と言っても6連戦の初戦、しかも今日松山で明日から神宮2連戦という過酷な状況の中、原樹理が完投したことは大きい。最後に中谷に2ランを打たれてしまったが、あれは事故の様なもので気にしなくて良いのではないか。初回はマウンドになれないのか、制球を乱していたが、2回以降は立て直し、最後まで球威のあるストレートを放っていたので充分だろう。中継ぎ・抑えを完全に休ませることが出来たことが大きい。

そして打線だが、村上、中村悠平に当たりが出てきて、1番から8番まで抜け目のない打線になってきたように思う。打率こそ低いがチャンスに強い5番・雄平や、ここぞと言うときに大きいのが打てる7番・村上宗隆など、どこからでも点が取れそうな気がする。チームも3試合連続2桁安打を記録し、打撃の調子が上がってきたなという印象だ。ただ、今日デッドボールを右膝外側付近に受けた青木の状態が心配だが、無理はしないでもらいたい。青木の欠場は非常に痛いが、年齢も年齢なので休み休み使ってもらえれば。それも他の打者が好調だからこそ言えるのではあるが。

開幕カードで負け越したTigers相手に、神宮に戻って1試合勝てばカード勝ち越しとなるので、是非開幕カードの借りを返したいところ。疲れているだろうが、相手も同じなので明日も勝利を目指して一丸となって頑張って欲しい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link