【燕】小川3回5失点で4敗目、チームも連敗 (09/29)

試合結果

09月29日(火) 対BayStars 19回戦(横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 2 0 0 2 0 0 0 0 0 4 7 1
BayStars 3 0 2 1 1 0 0 1 X 8 10 1
勝投手 坂本裕哉 (3勝0敗0S)
敗投手 小川泰弘 (9勝4敗0S)
Swallows 山崎晃大朗2号(ソロ) (1回:坂本)
BayStars 佐野恵太14号(3ラン) (1回:小川)
BayStars 梶谷隆幸16号(ソロ) (4回:クック)

【試合概要】

ゲーム展開

BayStarsの先発は即戦力ルーキーの坂本裕哉。今季4試合に先発して2勝を挙げている。やや、早い回で点を取られているが、打線に助けられている。今日の試合はどうか。対するSwallowsの先発はエース・小川泰弘。前回登板では最終回に捕まり、あと1アウトのところで完投を逃した。その疲れが残っていなければ良いが。両先発で試合開始。

1回表、Swallowsの攻撃。トップバッターはこの日はスタメン・センターの山崎晃大朗。坂本の初球、低めのストレートをレフト方向に弾き返すと、そのままレフトスタンドに飛び込む。先頭打者初球ソロホームランでSwallowsが1点を先制する。続く2番・青木宣親は肩口に死球を受け出塁。3番・山田哲人の4球目をキャッチャー・戸柱恭孝がパスボール。この間に青木は2塁へ。その後山田はフルカウントからの6球目、外寄りのチェンジアップをうち、ショートの頭上を越えるレフト前タイムリーヒット。これで2点目を挙げる。【横0-2ヤ】

1回裏、BayStarsの攻撃。先頭打者の梶谷隆幸が外角低めの球をちょこんと当ててレフト前ヒット。ノーアウト1塁。2番・神里和毅はセカンドゴロ。エンドランがかかっていたため、梶谷は2塁へ。1アウト2塁。3番・ソトにはフルカウントから四球を与えてしまい、1アウト1、2塁。続くバッターは4番・佐野恵太。2球目、高めのストレートを振り抜かれ、打球はライトスタンド最前席へ。逆転の3ランホームランを打たれる。小川、この日も初回に失点。【横3-2ヤ】

2回は両軍、3者凡退。

3回裏、BayStarsの攻撃。この回先頭は梶谷。外寄り高めのストレートを叩きつけ、高いバウンドのセカンドゴロ。山田が取って1塁に投げるがわずかに梶谷の足が速く内野安打で出塁される。続く神里は初球、ランエンドヒットを仕掛け、ショートのエスコバーがセカンドベースカバーに入る間に、打球は本来のショートの位置を抜けてセンター前ヒットとなり、ノーアウト1、3塁。続くソトは空振り三振に打ち取る。そして先ほど3ランホームランを打たれた佐野。初球に神里が盗塁を決め1アウト2、3塁。佐野には四球を与え、1アウト満塁のピンチ。ここで5番・宮﨑敏郎をサードゴロに打ち取る。5-4-3と渡ったが1塁はセーフの判定。すかさず高津監督がリクエストを要求するが判定は変わらず1塁セーフ。この間に3塁ランナーが還りBayStarsに4点目を取られる。2アウト1、3塁となって6番・ロペス。6球目のストレートをセンター前へクリーンヒット。これで3塁ランナーが還り、5点目を取られる。【横5-2ヤ】

4回表、Swallowsの攻撃は4番・村上宗隆から。村上は左中間を破るツーベースヒットで出塁。続く5番・坂口智隆は当てたバッティングがショートへの高いバウンドのゴロ。1塁セーフで内野安打。ノーアウト1、3塁とチャンスを迎える。続く濱田太貴は初球、外角低めのチェンジアップをバットの先に当ててファーストゴロ。この間に3塁ランナーが還り、Swallowsが1点を返す。1アウト2塁となってエスコバー。高めのチェンジアップを叩きつけるピッチャー返し。これがセンター前ヒットとなり、1アウト1、3塁とチャンスを拡げる。8番・西田明央が2球目を打ってレフトほぼ定位置へのフライ。3塁ランナー・坂口がタッチアップでホームに還り、さらに1点を返す。ここでピッチャー・小川に代打・廣岡大志。しかし廣岡はショートゴロに倒れ、この回2点止まり。何とか1点差に点差を縮めた。【横5-4ヤ】

4回裏、BayStarsの攻撃。この回からSwallowsはクックが登板。先頭打者のピッチャー・坂本をセカンドゴロに打ち取り1アウト。続く戸柱もセカンドゴロで簡単に2アウトを取った。打順はトップに返って梶谷。4球目、外角高めのストレートを逆方向に弾かれレフトポール際、スタンドに飛ぶコムソロホームランを打たれる。梶谷にはこの日打たれた3本目のヒットがホームランとなる。【横6-4ヤ】

5回裏、BayStarsの攻撃。マウンドには引き続きクック。先頭打者のソトに外角のカーブを捉えられ、ライト前ヒットで出塁される。続く佐野には2球目を投げたあと、爪が割れ治療。しかし、結局ストレートの四球を与え、ノーアウト1、2塁のピンチ。続く宮﨑はサードゴロ。2塁をアウトにして1アウト1、3塁と変わり、6番・ロペス。打った打球はサードゴロ。しかし、村上これを弾いてエラーとなり3塁ランナーが還って7点目を入れられる。なお、その後坂本に代打が出て、勝ち投手の権利を得て先発としての役目を終える。【横7-4ヤ】

8回裏、BayStarsの攻撃。マウンドには7回から引き続き2イニング目となる5番手の長谷川宙輝。この回先頭は投手・エスコバーの代打・伊藤光。初球のストレートをレフトへ引っ張った打球は青木のグラブを弾きツーベースヒット。ノーアウト2塁。続く戸柱はセカンドゴロで伊藤光が3塁へ進む。トップバッターに返ってこの日4安打の梶谷は空振り三振に打ち取り、2アウトまでこぎ着ける。しかし、続く神里に高めのストレートをレフトへ弾き返す。青木が下がりながら捕球しようとするが、ボールを弾いてしまう。ボールが転々とする間に2塁ランナーが生還、8失点目。打った神里は3塁へ。タイムリースリーベースヒットとなり、ほぼ試合確定。【横8-4ヤ】

9回表はBayStars5人目・石田健大の前に、エラーのランナーを出すも後続を断たれ試合終了。8-4でSwallowsは破れ、借金は今季最多タイの15に。

試合感想

先発・小川が3回61球、被安打5、被本塁打1、奪三振3、与四球2、失点5(自責点5)の成績。やはり初回の3ランが痛かった。これで小川は今季計43失点のうち、実に11失点を初回に失っている。被本塁打14もリーグワーストだ。8月は好調だったが9月に入って序盤から失点する悪い時の小川が戻ってしまっている。疲労もあるだろうが、他にローテを回せる投手はいないので頑張って欲しい。

そして2番手クック。彼が出た試合は負け試合を確定させるためだと思っている。信頼はない。爪を負傷していたが、爪に引っかけて投げるという事は、球の変化のためにコントロールを犠牲にしていると言って良い。せっかく1点差に詰め寄ったところですぐの被弾による失点はいただけない。2点目は仕方ないが。

ただ、トップバッターの梶谷に4安打されるのは、いくら彼が好調とは言え打たせすぎだろう。西田の配球にも問題はあるが、一番はコントロールの問題だと思うので、もう少し慎重に投げてもらいたい。

長谷川は、ストレートの力があり、神里に打たれた3塁打も、青木を休ませ上田辺りを守らせていたら防げた失点だろうから、仕方ない。

打線は5回以降、2安打しか打てなかった。追い付こうという気力があまりなかったように思える。まあ、序盤で4点取ったのに6点も取られたら、やる気もうせるのは分かる。だが、プロなので、そこは1点でも2点でも、次に繋がるバッティングをして欲しかった。もうこの際、個人の成績を重視しても良い。今季、2位以下は何位でも一緒だ。

高津監督の選手起用も、なかなか打てない濱田太貴を我慢して使って見たり、山﨑や塩見や中山を使って見たりと色々、先を見据えた起用をしている。今季の成績はこの際、度外視しているだろう。その監督の期待に応える選手が少しでも増えてくれれば、数年後には闘えるチームになるだろう。

気の長い話をしてしまったが、最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

日程 09/30(水)
対戦カード BayStars VS Swallows
対戦 20回戦
球場 横浜スタジアム
試合開始時間 18:00

予告先発

Swallows 石川雅規
BayStars 上茶谷大河


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。