【F1:Rd.01】 第1戦 オーストラリアGP 結果

メルボルンの天候は晴れ、気温24℃、路面温度36℃。
非常に良いレース日和の中行われた。

各車がグリッドに付く際に、マシンを止めてしまったDaniel Ricciald (Red Bull)は
そのままピットスタートとなった。
その影響で、フォーメーションラップ後に、
マシンの停止位置を誤って止めたドライバーがいたため、
フォーメーションラップをやり直した上、レース周回が1周減らされ
57周で争われることとなった。

スタートは、上位陣はスムーズにスタートしたものの、
14位スタートのMarcus Ericsson (Sauber)と17位スタートのKevin Magnussen (Haas)がクラッシュ。
タイヤにダメージを受けピットへ戻ります。

なお、Riccialdはまだスタートできず、上位が3Lapを消化した後、
ようやくレースに復帰していった。
5周目を終えた時点で、上位はLewis Hamilton (Mercedes)、Sebastian Vettel (Ferrari)、
Valtteri Bottas (Mercedes)、Kimi Raikkonen (Ferrari)、Max Verstappen (Red Bull)、
Felipe Maasa (Williams)、Romain Grosjean (Haas)、Carlos Sainz (Toro Rosso)、
Sergio Perez (Force India)、Daniil Kvyat (Toro Rosso)の順。

14周目、7位走行中のGrosjeanのマシンから白煙が上がりストップ。
18周目、トップ走行中のHamiltonがピットインしタイヤを交換。
ウルトラソフトからソフトへとチェンジした。
23周目、ブレーキに問題を抱えていたJolyon Palmer (Renualt)がストップ、リタイア。
その後すぐにVettelがピットインし、タイヤをソフトに交換。
Verstappenの前でピットアウトし、ここでHamiltonの前に出る。
Verstappenの後ろでなかなか前に出られないHamiltonを尻目に
Verstappenとの差を広げていくVettel。

25周目、Ericssonがマシンを止めてリタイア。
26周目に、暫定トップの位置にいたBottasがピットイン。
そしてVettelとHamiltonの間にいたVerstappenもピットイン。
27周目に、ようやくRaikkonenがピットイン。
これで概ね上位陣がタイヤ交換を終えた時点では、
Vettel、Hamilton、Bottas、Raikkonen、Verstappenの順。
28周目、Stoffel Vandoorne (McLaren)がコーナーで芝生に膨らむがレース復帰。
そのご、29周目にRiccialdがコース脇にマシンを止めリタイア。
母国で良いところを見せることなくレースを終えた。

30周を過ぎた当たりから、ポイント圏内となる10位を走行している
Fernando Alonso (McLaren)の後ろにEsteban Ocon (Force Indea)が迫り、
車を左右に振って牽制を続けている。

44周目、Lance Strollがコースオフ、ゆっくりとピットに戻り、そのままガレージへ戻され、
リタイアとなった。
Hamiltonのペースが上がらず、トップ・VettelとHamiltonの差は9秒ほど、
Hamiltonと3位・Bottasの差は2.3秒ほどと迫ってきている。
また4位・Raikkonenと5位・Verstappenの差も1.5~2秒ほどで推移しており
白熱した闘いが繰り広げられている。

50周目、Magunussenがマシンを止めてリタイア。Haasは2台ともリタイアとなった。
また、Alonso、Ocon、Nico Hulkenberg (Renault)の3台による10位争いが熾烈になってきた。
53周目、OconとHulkenbergが一気にAlonsoを追い抜き、それぞれ10位、11位にランクアップ。
Alonsoは12位に後退してしまい、その後ピットへ。
Alonsoはピットでマシンを降り、リタイア。サスペンショントラブルが原因のようだ。

55周目、RaikkonenとVerstappenは相変わらず1.5秒差でバトルを繰り広げている。
また、7位・Perezと8位・Sainzの差が1秒以内に迫ってきた。

しかし、このまま上位の順位は変わらず、
Sebastian Vettelがトップでチェッカーを受ける。
今季の開幕戦はVettelの優勝、2位にHamilton、3位にBottasの順となった。
最終的な順位は以下のとおり。

01.Sebastian Vettel (Ferrari) 1:24:11.672
02.Lewis Hamilton (Mercedes) +9.975
03.Valtteri Bottas (Mercedes) +11.250
04.Kimi Raikkonen (Ferrari) +22.393
05.Max Verstappen (Red Bull) +28.827
06.Felipe Massa (Williams) +1:23.386
07.Sergio Perez (Force India) +1 Lap
08.Carlos Sainz (Toro Rosso) +1 Lap
09.Daniil Kvyat (Toro Rosso) +1 Lap
10.Esteban Ocon (Force India) +1 Lap
11.Nico Hulkenberg (Renault) +1 Lap
12.Antonio Giovinazzi (Sauber) +2 Laps
13.Stoffel Vandoorne (McLaren) +2 Laps
以上、完走13台

DNF Fernando Alonso (McLaren) Suspension – Lap50
DNF Kevin Magnussen (Haas) Suspension – Lap46
DNF Lans Stroll (Williams) Brake – Lap40
DNF Daniel Ricciardo (Red Bull) PowerUnit – Lap25
DNF Marcus Ericsson (Sauber) Hydraulic – Lap21
DNF Jolyon Palmer (Renault) Brake – Lap15
DNF Romain Grosjearn (Haas) WaterLeak – Lap13

スポンサーリンク
Sponsored Link