【Swallows】 ブキャナンの好投で競り勝つ(6/30:vs Tigers)

6月30日(金) 対Tigers 10回戦(阪神甲子園球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 4 0 0 0 0 4 3 3
Tigers 0 1 0 0 1 0 1 0 0 3 7 0

勝:ブキャナン(Swallows)5勝4敗
負:青柳(Tigers)3勝3敗
S:近藤(Swallows)1勝1S

最下位のヤクルトがわずか3安打で4点を挙げて阪神を下し、2連勝を飾った。

4回まで無安打に抑えられていた阪神先発の青柳に対し、5回に先頭のバレンティンとグリーンの連続長短打で無死二、三塁。ここから大引、藤井の連続死球により押し出しで追いつくと、さらに2死満塁としてから坂口の一塁への強襲安打で2者が生還して逆転に成功。

ヤクルト わずか3安打で4得点 2位阪神に逆転勝ち(スポニチAnnex)

試合概要

Tigers先発は青柳、Swallows先発は、前回登板で5失点を喫したブキャナン。そして、この試合からバレンティンが復帰し、代わりに雄平が骨折で戦線離脱。なかなか戦力が整わない中、果たしてどんな試合展開となるのか。

1回裏、Tigersは1アウト1、2塁のチャンスを迎えるが、ここはブキャナンが福留を空振り三振、中谷をセンターフライに打ち取り、無失点に抑える。

2回裏もTigersはブキャナンを攻め、グリーンのエラーもありノーアウト満塁の大ピンチ。しかし、青柳を空振り三振に仕留めると、鳥谷をダブルプレーに。しかし、この間に1点が入り、Tigersが先制する。

3回裏にもTigersは2アウトながらエラーとヒットで1、2塁とするが、高山を空振り三振に斬ってとり、ブキャナンは何とか1失点のまま3回を終える。

4回裏には2アウト3塁と、またしてもTigersが追加点のチャンスを迎えるが、ここも鳥谷をレフトフライに抑える。

4回まで全く打線に良いところの無かったSwallowsは5回表、先頭のバレンティンがサードへの内野安打で出塁すると、続くグリーンがライトへのツーベースヒットを放ち、ノーアウト2、3塁とこの試合初めてのチャンスを迎える。続く大引が死球を受けノーアウト満塁とすると、さらに続く藤井が押出しとなる死球を受け、1-1の同点に追い付く。西田はライトフライ、ブキャナンはサードゴロに打ち取られ、2アウトとなるが、坂口がライト前へ2点タイムリーヒットを放ち、1-3と逆転に成功する。そして、続く上田がこの回3個目の死球を受け再び満塁となると、山田は押し出しの四球を選び、1-4。青柳は3死球1四球で自滅した。なお、Swallowsのヒットはこの回の3本だけである。

5回裏、Tigersは先頭の上本がライト前ヒットで出塁。糸井のセカンドゴロの間に上本は2塁へ。続く福留がレフトへタイムリーヒットを放ち、2-4とするが、中谷をショートフライ、高山をピッチャーゴロに打ち取る。

6回裏に石山がマウンドへ。三者凡退に抑える。

7回裏にはルーキがマウンドへ。しかし、先頭の鳥谷、続く上本に連続でセンター前ヒットを打たれ1、2塁。続く糸井のサードへの当たりを藤井が後逸し、Tigersが1点差に迫る。いつもならここで頭に血が上り、自滅するルーキだが、この日は続く福留を空振り三振にとると、代打・伊藤隼をファーストゴロ、高山をファウルフライに打ち取り、何とかリードを保ったままこの回を終える。

8回裏、中継ぎ陣の不足により、急遽復帰して中継ぎに回ったライアン・小川がマウンドへ。糸原、大山、梅野を三者凡退に抑える。

9回裏、守護神・秋吉がマウンドへ。先頭の鳥谷を空振り三振、上本をライトフライで簡単に2アウトを取る。しかし、糸井にレフト前ヒットを打たれると、福留に四球を選ばれ2アウト1、2塁。福留の代走には俊介。そして、代打・原口。この時に秋吉の暴投でそれぞれランナーが進塁し、1打逆転サヨナラのピンチ。ここでなんと秋吉に代えて近藤をマウンドへ。また、サードを谷内に変更。近藤は1球で原口を空振り三振に仕留めゲームセット。3-4で何とか競り勝った。しかし、秋吉にアクシデントが発生したようで、いよいよヤ戦病院は火の車である。

Benjaminの目

この日は僅か3安打であったが、安打が全て5回表に集中したこと、その回に死球が3つ、四球が1つと、相手投手が自滅したことが大きかった。また、何とか中継ぎ陣が踏ん張ってくれたことが良かった。投手事情により、小川が中継ぎに回るなど、火の車状態のSwallows投手陣であるが、秋吉は右肩に違和感を感じ急遽降板して、さらに投手事情が悪化するなど、悪い材料ばかり出てくる。

バレンティンが復帰したものの、ここまで4番で好調を保っていた雄平が骨折で長期離脱、今季絶望といわれており、打線もレギュラー陣で残っているのは坂口、山田、この日から復帰のバレンティンくらいで、あとは西田が定着するかどうか、と言ったところであり、改めて2年前の優勝時との戦力差に愕然としている。

この試合は何とか勝てたが、これから夏を迎え連戦が続く中、2軍も選手が足りないので急遽、引退した選手を登録するなどこちらも状況は厳しく、今季は最後まで選手が足りるかどうかが心配である。

スポンサーリンク
Sponsored Link