【F1】Round.11 F1 Eifel GP (Germany) DAY 3 – Race Results

【レース概要】

コース概況

天候 晴れ
気温 10℃
路面温度 19.6℃
路面状況 ドライ

【レース内容】

2013年以来、7年振りにNürburgring Circuitで、「Eifel GP」としてF1 Grand Prixが開催されることとなった。その際はポールポジションがLewis Hamiltonで、Mercedesに在籍した初年度となる。優勝はSebastian Vettel(当時Red Bull)。2位に入ったKimi Raikkonen(当時Lotus)は、今GPの決勝レースに出場すると、歴代最多出走記録を更新する(324戦、これまでの記録はRubens Barrichelloの323戦)。「鉄人」の称号を与えても良いだろう。

さて、レースの話に戻る。前戦・Russian GPとうって変わって非常に気温の低い中でのレースとなった。タイヤが温まるまで時間がかかるので、レース序盤でのスピンなどが多発しなければ良いが。

そんな中、滞りなくFormation Lapも終え、全車がグリッドに付く。Signalが1列ずつ点灯していき、All Black Out!! レースのスタートである。

Race Result

【Lap 1】

Lewis Hamilton(Mercedes)が良いスタートを切ったが、Valtteri Bottas(Mercedes)も負けじとブロック。両者、1コーナーで大きく外に膨らんだが、事なきを得る。結果、Bottasがトップに出る。

【Lap 9】

Daniel Riccialdo(Renault)がTurn 2でアウトからCharles Leclerc(Ferrari)をOvertakeして4番手に浮上。

【Lap 13】

HamiltonがBottasをTurn 3でOvertakeしトップに立つ。

【Lap 18】

Bottasが無線でチームに「No Power! No Power!」と訴える。その後、20周目にPit inし、そのままマシンを降りてリタイアとなる。

【Lap 22】

9位走行中のAlexander Albon(Red Bull)がTurn 1でPierre Gasly(AlphaTauri)のインに、白煙を上げながら突っ込む。あわや接触という危険な行為。

【Lap 24】

Esteban Ocon(Renault)がPit inし、そのままリタイヤ。どうやら油圧系のトラブルのようだ。

【Lap 25】

Albonに先ほどのGaslyとの件で5秒タイムペナルティーが科せられる。AlbonはPit inし、そのままリタイアとなった。パワーユニットのトラブルが原因らしい。

【Lap 26】

Lando Norris(McLaren)が無線でチームに「Lost Power」と伝えている。

【Lap 34】

Turn 16でSergio Perez(Racing Point)がLeclercをOvertakeし4位に浮上。

【Lap 44】

Norrisがコース脇にマシンを止めてリタイア。Exhaustにトラブルか。エンジン付近から白煙が上がり、Safety Carが導入される。Lap 50でレース再開。

【Lap 51】

GaslyがホームストレートでLeclercに並び、Turn 1でOvertake!6番手に浮上する。

【Lap 60】

途中でトップに立ってからは何事もなくトップを快走したHamilton。無事にチェッカーを受け史上最多タイ、Michael Schumacherに並ぶ91勝目を挙げた。そしてこの周にFastest Lapを叩き出したMax Verstappen(Red Bull)が2位、Daniel Riccialdo(Renault)が3位に入った。Riccialdoは2018年Monaco GP以来の表彰台となった。

その他、レースの結果は以下の通り。

POS. Car No. Driver Team Time Point Remarks
1 44 Lewis Hamilton Mercedes 1:35:49.641 25  
2 33 Max Verstappen Red Bull 1:35:50.111 19 Fastest
3 3 Daniel Riccialdo Renault 1:36:04.254 15  
4 11 Sergio Perez Racing Point 1:36:05.711 12  
5 55 Carlos Sainz McLaren 1:36:11.546 10  
6 10 Pierre Gasly AlphaTauri 1:36:12.407 8  
7 16 Charles Leclerc Ferrari 1:36:20.455 6  
8 27 Nico Hulkenberg Racing Point 1:36:22.237 4  
9 8 Romain Grosjean Haas 1:36:28.722 2  
10 99 Antonio Giovinazzi Alfa Romeo 1:36:29.676 1  
11 5 Sebastian Vettel Ferrari 1:36:30.451 0  
12 7 Kimi Raikkonen Alfa Romeo 1:36:31.117 0  
13 20 Kevin Magnussen Haas 1:36:39.226 0  
14 6 Nicholas Latifi Williams 1:36:44.090 0  
15 26 Daniil Kvyat AlphaTauri 1:36:45.229 0  
Ret 4 Lando Norris McLaren 42Laps (Exhaust) 0 Retire
Ret 23 Alexander Albon Red Bull 23Laps (Power Unit) 0 Retire
Ret 31 Esteban Ocon Renault 22Laps (Hydraulic) 0 Retire
Ret 77 Valtteri Bottas Mercedes 18Laps (Power Unit) 0 Retire
Ret 63 George Russell Williams 12Laps (Collision) 0 Retire

#23 Alexander Albon:衝突の原因を引き起こしたため、5秒加算ペナルティ。

2020/10/12 08:00 (JST)


F1ランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。