【F1】Round.10 F1 Russian GP DAY 3 – Race Results

【レース概要】

コース概況

天候 晴れ
気温 29.2℃
路面温度 41.2℃
路面状況 ドライ

【レース内容】

2014年ソチ冬季オリンピックのメイン会場を利用したストリートコースである、ソチ・オートドローム(Sochi Autodrom)で行われるRussian GP。昨日の予選では今にも雨が降りそうな天気だったが、今日の決勝はよく晴れており、気温も30℃近くまで上昇。体力的には厳しいレースになりそうである。

また、現在通算90勝のLewis Hamilton(Mercedes)は、このレースで勝利すると、歴代最多の91勝を挙げているMichael Schumacherに並ぶことになる、歴史的な一戦でもある。果たして、Schumacherに並ぶことは出来るのか?それとも、他者が待ったをかけるのか?

しかし、レース前に指示されていない場所でスタート練習を行っていることが判明し、審議対象になっているが果たしてどうなるのか?

これらの審議が終わらないまま、全車Formation Lapを終え、Gridに付く。そしてAll Signals black out!!

【Lap 1】

Valtteri Bottas(Mercedes)とDaniel Riccialdo(Renault)がMax Verstappen(Red Bull)をかわし2位に浮上!しかし後方ではLance Strollo(Racing Point)がスピンしウォールに激突、マシンが大破。また、この混乱を避けようとしたCarlos Sainz(McLaren)がTurn 2をオーバーランし、コースに戻る際にウォールに激突、左フロントを破損しマシンを止めた。これによりSafety Carが導入された。

【Lap 6】

Safety Carがピットに戻りレース再開。

【Lap 7】

トップを快走するLewis Hamilton(Mercedes)に5秒のPit Stop Penaltyが2回出され、合計10秒のPit Stop Penaltyが科せられた。恐らく、レース直前に行っていた、指示されていない場所でのスタート練習が規則に引っかかったか?

【Lap 15】

Turn 4でSergio Perez(Racing Point)がRiccialdoをかわし5位に浮上。

【Lap 17】

Hamiltonがピットで10秒StopのPenaltyを受ける。その後、タイヤをHardタイヤに交換して11番手でコースへ復帰。その間にTopはBottas、2番手以下はVerstappen、Esteban Ocon(Renault)、Perez、Pierre Gasly(AlphaTauri)、Charles Leclerc(Ferrari)、Daniil Kvyat(AlphaTauri)、Kevin Magnussen(Haas)、Romain Grosjean(Haas)の順。

【Lap 28】

Riccialdoに5秒のTime Penaltyが出される。縁石に乗った際のコース復帰手順にミスがあったため。

【Lap 46】

GaslyがAlexander Albon(Red Bull)をTurn 12でOvertake!10番手に浮上する。

【Lap 48】

GaslyがLando Norris(McLaren)をTurn 2でPass!Gaslyは9番手まで順位を上げる。

【Lap 53】

トップを守ったValtteri Bottas(Mercedes)がそのままChecker Flagを受け優勝!Hamiltonの通算91勝目を阻止した。2番手にはMax Verstappen(Red Bull)、猛烈な追い上げで3番手にLewis Hamilton(Mercedes)が入った。

8番手、9番手にそれぞれAlphaTauriのDaniil Kvyat、Pierre Gaslyが入り、Red BullのAlexander Albonより上に来たのは素晴らしかった。それにしてもAlbonは、Verstappenは愚か、弟分チームのAlphaTauriよりも後方でフィニッシュとなると、ちょっと居心地が悪くないだろうか?残りのレースでの奮起を祈る。

Racing PointとRenaultの速さの陰で、Charles Leclerc(Ferrari)が孤軍奮闘といった形で6位入賞を果たしているが、Sebastian Vettel(Ferrari)は1周遅れの13番手。もう、心は来季に向かっているのだろうか・・・。

次戦は1周空けてNürburgringで行われるEifel GP(in Germany)である。

また、全体のレース結果は以下の通りとなっている。

Race Result

POS. Car No. Driver Team Time Point Remarks
1 77 Valtteri Bottas Mercedes 1:34:00.364 26 Fastest
2 33 Max Verstappen Red Bull 1:34:08.093 18  
3 44 Lewis Hamilton Mercedes 1:34:23.093 15  
4 11 Sergio Perez Racing Point 1:34:30.922 12  
5 3 Daniel Riccialdo Renault 1:34:52.429 10  
6 16 Charles Leclerc Ferrari 1:35:02.550 8  
7 31 Esteban Ocon Renault 1:35:08.370 6  
8 26 Daniil Kvyat AlphaTauri 1:35:09.104 4  
9 10 Pierre Gasly AlphaTauri 1:35:30.130 2  
10 23 Alexander Albon Red Bull 1:35:38.224 1  
11 99 Antonio Giovinazzi Alfa Romeo +1Lap 0  
12 20 Kevin Magnussen Haas +1Lap 0  
13 5 Sebastian Vettel Ferrari +1Lap 0  
14 7 Kimi Raikkonen Alfa Romeo +1Lap 0  
15 4 Lando Norris McLaren +1Lap 0  
16 6 Nicholas Latifi Williams +1Lap 0  
17 8 Romain Grosjean Haas +1Lap 0  
18 63 George Russell Williams +1Lap 0  
Ret 55 Carlos Sainz McLaren 0Lap (Collision) 0 Retire
Ret 18 Lance Stroll Racing Point 0Lap (Spin Off) 0 Retire

#3 Daniel Riccialdo:手順に従わずにコース復帰したため5秒加算ペナルティ。
#23 Alexander Albon:手順に従わずにコース復帰したため5秒加算ペナルティ。

2020/09/28 08:00 (JST)


F1ランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。