【燕】大量得点&完封リレーで快勝、久々の連勝! (09/17)

試合結果

09月17日(木) 対BayStars 18回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
BayStars 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
Swallows 0 1 0 0 3 1 4 0 X 9 12 0
勝投手 高梨裕稔 (3勝4敗0S)
敗投手 ピープルズ (2勝2敗0S)
Swallows 濱田太貴1号(ソロ) (5回:ピープルズ)
Swallows 中山翔太3号(ソロ) (6回:山崎康晃)

【試合概要】

ゲーム展開

Swallowsの先発は、ここまで10試合に先発し、2勝4敗と負けが先行している高梨裕稔。早い回での失点が多いので、慎重に投げられるかどうか。一方、BayStarsの先発は、一時は中継ぎに回っていたが再び先発に戻ってきたピープルズ。こちらも早い回での失点が多いので、Swallows打線を中盤まで抑えられるかどうか。そんな、両先発で試合開始。

まず2回裏、Swallowsの攻撃。この回先頭の坂口智隆が2球目のど真ん中に入ったカットボールをセンター前にクリーンヒット。ノーアウトのランナーを出す。続くバッターは、山田に代わってスタメンでセカンドに入った廣岡大志。ピープルズの初球を打ってショートゴロ。しかし、ゲッツーを狙ったショートの柴田竜拓がセカンドへ悪送球。記録はエラー。ボールがファウルゾーンを転々としている間にベテラン坂口が1塁から一気にホームに生還!Swallowsが1点を先制した。

3回裏、この回先頭の2番・エスコバー。3球目を打った打球は左中間を破るツーベースヒット。ノーアウト2塁とチャンスを作る。続く青木宣親はショートフライに倒れたが、4番・村上宗隆が四球で歩き、1アウト1、2塁とチャンスを拡げる。ここで西浦直亨が打席へ。初回の2アウト1、2塁のチャンスではサードゴロに終わっているので、この2回目のチャンスでは結果を出したいところ。しかし、ほぼど真ん中のナックルカーブを引っかけショート正面のゴロ。6-4-3のダブルプレーでチャンスを潰してしまった。

先発の高梨裕稔は、ランナーを出しながらも粘り強いピッチングで要所を締め、5回まで投げて89球、被安打3、奪三振4、与四球4、失点0(自責点0)という成績だった。

5回裏、その高梨に代打・藤井亮太。9月15日に1軍昇格したばかりなので結果を出したいところだったが、ファーストファウルフライに倒れ1アウト。打順はトップに返って2年目の濱田太貴。2球目の外角に沈むスライダーを巧くすくい上げ、打球はレフトスタンドへ飛び込んだ。濱田はこれがプロ初ホームラン。Swallowsが2-0とリードを拡げた。続くバッターは先ほどツーベースヒットを放ったエスコバー。3ボール1ストライクからの5球目、高めに浮いたツーシームを打ち、これがレフトフェンス直撃のツーベースヒット。またしても長打でチャンスを作る。1アウトランナー2塁。そして青木が2球目の外角低め、やや浮いたツーシームを打ち返し、右中間を破るタイムリーツーベースヒット!これで3-0とリードをさらに拡げた。4番・村上は申告敬遠、5番・西浦はストレートの四球を選び、1アウト満塁のチャンス。ここでBayStarsはピープルズに変わり、伊勢大夢が2番手としてマウンドへ。続くバッターは坂口。1ボール2ストライクからの4球目をうちセンターフライ。これが犠牲フライとなって青木が還り4-0。また、2塁ランナーの村上が好走塁で3塁を陥れる。BayStarsからリクエストが要求されたが判定変わらず。2アウト1、3塁と変わり、バッターは廣岡。しかし、伊勢の前に空振り三振に倒れた。

6回表は近藤一樹がランナーを出したものの無失点に抑える。

6回裏、BayStarsは3人目の山崎康晃がマウンドへ。1アウトから近藤の代打・中山翔太。初球、ど真ん中のカーブをジャストミート!打球はライナー性の当たりでレフトスタンドへ飛び込む、第3号ソロホームラン。Swallowsがさらに1点を追加し5-0とした。

7回表は中澤雅人が3番手としてマウンドへ。ピッチャーゴロ、ショートゴロ、空振り三振とパーフェクトに抑える。

7回裏、BayStarsは4人目の武藤祐太がマウンドへ。1アウトから青木。3ボール1ストライクからの5球目を打ち、ライト線を破るツーベースヒット!1アウト2塁とまたもチャンスを作る。青木には代走・山崎晃大朗が起用された。続く4番・村上はまたしても申告敬遠。5番・西浦に3回目のチャンスが訪れる。バントの構えを見せるが、初球ファウル。3球目、武藤がワイルドピッチで1アウト2、3塁となる。西浦はヒッティングの構えに変わる。2ボール2ストライクからの6球目、低めのフォークに食らい付き打球はフラフラッと上がったが、センターの前に落ちる。これを見て3塁ランナー・山崎が生還し1点を追加、6-0とする。また、セカンドに野手がいない隙を突いて西浦は2塁へ。記録はツーベースヒットとなる。1アウト2、3塁で続く坂口は申告敬遠で1アウト満塁。そしてバッターは廣岡。先ほどはチャンスで三振に倒れたので、汚名返上したいところ。2球目、真ん中に入ったフォークを捉え、レフトへのライナー。佐野恵太が下がりながら掴み、これが犠牲フライとなって7-0とする。続く、今日はスタメンマスクを被る松本直樹が打席へ。2球目を打ち、打球は1、2塁間を抜けてライト前へ。2塁ランナーは3塁で止まり、再び1アウト満塁のチャンス。中澤に代わり代打・田代将太郞を起用。9球粘ったがキャッチャーフライに倒れ2アウト満塁に変わる。打順はトップに返って今日、プロ初ホームランを放った濱田。フルカウントからの6球目を捉え、センター返し。ランナー2人が還る2点タイムリーヒットで9-0と試合を決定づけた。

8回表はマクガフ、9回表は長谷川宙輝がそれぞれ、ランナー1人を出したものの無失点に抑え試合終了。9-0とSwallowsが久しぶりに快勝。そしておよそ1ヶ月ぶりの連勝となった。

試合感想

先発・高梨は四球が多かったが、要所要所を締めて5回を無失点に抑えた。もう少し球数が減れば、6回を任せられるようになるだろう。無駄な四球を減らしてくれれば、十分可能だと思われる。先発としての信頼感もアップするだろう。期待している。

そして、中継ぎ陣が無失点リレーで繋いだことは大きい。点差が開くとどうしても緊張感が途切れがちだが、しっかりと投げ抜いてくれたことは大変ありがたい。接戦でも同様のピッチングが出来るよう、研鑽して欲しい。

そして何よりも、2年目のコンビ、濱田太貴と中山翔太に一発が出たのは大きい。特に濱田はプロ入り初のホームラン。その後はセンター前タイムリーと2安打3打点。トップバッターとして充分に役割を果たした。あとは選球眼を身につけて、四球を選べるとスタメンの機会が増えるかもしれない。同様に中山翔太も、代打ではあるが結果を出し続けており、スタメンの機会に恵まれるはずだ。Swallowsの外野陣の老朽化(失礼)が激しい中、まず山崎晃大朗が出てきて、濱田や中山が今後出てきてくれたら非常に頼もしい。期待している。

この2年目のコンビに触発されたか、期待され続けていた西浦が2点タイムリーツーベースを放ったり、廣岡が犠牲フライでキッチリ打点を稼ぐなど、若手の活躍がよく目立った。そんな中、青木は3打数2安打1打点、坂口も2打数1安打1打点と活躍しており、ベテランと若手が上手くかみ合った良い試合だったと思う。

それにしても、村上宗隆に対し四球3つは・・・しかもうち2つは申告敬遠。まだ20歳の若手ではあるが、それだけの風格、オーラが出ているという事か。ホームランこそ昨年より減っているが、打率、出塁率が上がりOPSはリーグトップの1.017と、3年目の打者としては驚異的な数字を残している。このまま、ケガなく成長して欲しい。

久しぶりに気持ちよく勝った試合。球場で見たかった・・・。最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次試合の予定

日程 09/18(金)
対戦カード Swallows VS Carp
対戦 13回戦
球場 明治神宮野球場
試合開始時間 18:00

予告先発

Carp 床田寛樹
Swallows スアレス


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。