【清水】立田退場で為す術無く完封負け、7連敗 (09/16)

試合結果

J1 第24節 2020.09.16(水)
19:30 キックオフ
試合会場:日産スタジアム

横浜FM
(24)
3 前半 0 清水
(9)
0 後半 0
3 合計 0

※チーム名の下の括弧数字は試合終了後の勝点

得点者

横浜FM 清水
9′ エリキ
22′ オナイウ阿道
28′ エリキ

【試合概要】

今季は日程がところどころ変則的で、清水は先週の第16節の次に第24節、そして週末に第17節を迎えるという日程。今日は第24節、対横浜F・マリノス戦。3連敗中の横浜FMに対し、6連敗中の清水がアウェイでどう戦うか。

スターティングメンバーは以下の通り。前節から6人を入れ替えてきた。連戦による疲労を考慮したのだろう。鈴木唯人は初の右サイドバックでの出場となる。

FW:中村慶太、ティーラシン・デーンダー、河井陽介
MF:竹内涼、後藤優介、ヘナト・アウグスト
DF:奥井諒、立田悠悟、ヴァウド、鈴木唯人
GK:大久保択生

【試合経過】

8分、横浜FM。高野遼が左サイドからドリブルで仕掛け、鈴木唯人をかわしペナルティエリア内へ切り込む。中央のエリキにややマイナスのパスを出したが、エリキが巧くこれをダイレクトでシュート!これが清水のゴール左隅に決まり、横浜FMに早々にまず1点を先制される。

10分、清水。ペナルティエリア付近でティーラシン・デーンダーがボールをキープ。右サイドにいた後藤にパス。後藤はこれを1トラップしてシュートを打つが横浜FMのDFにブロックされる。横浜FMチアゴ・マルチンスがペナルティエリア外にボールを出したところに走り込んできた鈴木唯人がシュートを放つが、クロスバーの上を越えていき、得点ならず。

12分、横浜FM。右サイドで水沼宏太がハーフウェイラインから前方の仲川輝人へフィード。これを抑えようと立田が懸命に守備にいくが相手を倒してしまい、ファウルを取られる。立田には1発レッドカードが出され、早くも1人少ない劣勢となってしまう。ペナルティエリアのすぐ外でFKを得た横浜FM、キッカーは水沼。しかし、清水の壁に阻まれ、得点には結びつかず。

21分、横浜FM。センターサークル付近でボールを受けた途中出場の渡辺皓太が右サイド前方の水沼へボールをフィード。水沼がそのまま中央へクロスを上げるとそのボールにオナイウ阿道が反応、足を出してコースを変えるとふわっと浮いたボールが清水のゴールに吸い込まれ、2点目を奪われる。

27分、横浜FM。エリキがボールをもらうと、右サイドの水沼へ送る。水沼は縦にボールを入れ、ペナルティエリア内でオナイウ阿道がボールをキープ。そしてマイナスにグラウンダーでクロスを上げると走り込んできたエリキがシュート!これが清水のDFに当たりコースが変わってゴール左隅に決まり、3点目を奪われる。エリキはこの日2得点目。

48分、横浜FM。清水陣内で左サイドから高野がクロスを上げると、フリーで待っていたファーサイドの水沼へ。水沼が1トラップしてシュートを放つが、クロスバーの上を越えていき、ピンチを脱する。

61分、横浜FM。清水陣内のゴールライン付近でボールを持ったエリキがマイナスのクロスをグラウンダーで上げる。そのこぼれ球に左サイドでフリーで待っていた高野がシュート!しかし、これはゴールポスト右へ逸れていき、またもやピンチを逃れる。

78分、清水。右サイドでボールを持った途中出場の西澤がクロスを上げる。中央に途中出場のジュニオール・ドゥトラが飛び込んできたが合わず、GK・梶川裕嗣に防がれてしまう。

その後も1人少ない清水は防戦一方で失点を防ぐのがやっと。そしてそのまま試合終了。3-0で横浜FMが勝利し連敗を3でストップ。逆に清水は24年振りに7連敗を喫した。

【試合所感】

毎度毎度の事で恐縮なのだが、ディフェンスの最終ラインでボールロストが非常に多い。パスなのかクリアなのか、意図のハッキリしないボールは出してはならない。ディフェンスにおける鉄則なのだが、これがかなりおろそか。

また、立田のレッドカードも、相手へのマークがずれていたこと、反応が1歩遅れたことが、相手を倒してしまうプレーに繋がっている。

全体的にディフェンスの際の動き出しが遅いので、ラストパスを簡単に通されるし、割とフリーでシュートを打たれてしまう。リーグワーストの40失点がそれを物語っている。

攻撃に関しては、早い段階で1人少ない状態になったので、前半はそれなりに攻撃を仕掛けていたが、後半はほとんど見るべきシーンが無かった。ボール支配率は35%とあまりボールを持たせてもらえず、パスも347本と823本の横浜FMの4割程度しか成功していない。しかも24%はカットされている。シュートは6本放ったが、枠内に飛んだのは1本だけ。これらのデータだけ見ても、ちょっと得点するシーンは想像できない。但し、あくまで80分ほどは1人少ない状態ではあったが。

何回も言うとおり、まず失点を防ぐためのディフェンス。これを徹底しないことには、今の清水の状況は全く改善されない。攻撃に移ることもなかなか難しい。ディフェンスの出足を早くすること、意図を持ってボールを蹴ること。高校生でもやっていることを、何故プロのサッカー選手が出来ないのか。今季が終了したら即、監督の解任を要求したい。あと、フロントも一掃した方が良いかもしれない。チームの将来像、「清水のサッカー」をどういうものにしたいのか、ヴィジョンが全く見えないので。

前半30分でほぼ試合は終わったようなものだったが、最後まで観戦された皆さま、お疲れ様でした。

次節(第17節)

日程 2020/09/19
試合開始 18:30
相手 湘南
試合会場 Shonan BMW スタジアム平塚


清水エスパルスランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link
 
スポンサーリンク
Sponsored Link
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。