【Swallows】5回一挙7得点!高梨3勝目!

試合結果

05月04日(土) 対Dragons 8回戦(ナゴヤドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 1 0 0 7 0 0 0 0 8 10 0
Dragons 0 1 0 0 1 1 0 1 0 4 8 0
勝投手 高梨 (3勝2敗)
敗投手 (2勝1敗)
Dragons 福田4号(ソロ) (6回:高梨)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Dragons VS Swallows 8回戦(ナゴヤドーム)

Dragons先発は柳裕也。Swallows先発は高梨裕稔。すっかりローテにハマっている。

Swallowは2回表、1アウト1、3塁から柳の暴投で3塁ランナーが還り1点を先制する。

しかしその裏、1アウト2、3塁のピンチで阿部寿樹にレフト前タイムリーを打たれすぐさま1-1の同点に追いつかれる。

だが5回表、西浦直亨、中村悠平が連続ヒットで出塁すると、高梨はきっちり送りバントを決め1アウト2、3塁のチャンス。ここで太田賢吾の当たりはショートゴロ。これを京田陽太が本塁に送球するが、西浦の好走塁で上手くタッチをかわし1点を追加。続く上田剛史はセーフティスクイズ。ビシエドのフィルダースチョイスで上田も生き、1点を追加してなおランナー1、2塁。青木は1度もバットを振ることなく四球を選び満塁とすると、山田哲人がセンター前タイムリーヒットで1点を追加。1-4となる。2アウト後、村上宗隆がライトへ2点タイムリー2ベースヒットを放ち1-6。2アウト2、3塁としてさらに西浦直亨がレフトへの2点タイムリーヒット1-8と大きくリード、この回打者12人で7得点とビッグイニングとした。

5回裏、先頭の平田良介がフェンス直撃の3ベースヒットで出塁すると、高橋周平のセカンドゴロの間に平田が還り1点を返し、2-8。

6回裏、この回先頭の福田永将がバックスクリーンへ飛び込むソロホームランで3-8。

8回裏、この回から高梨に代わりマクガフがマウンドへ。しかし、1アウト1、3塁とすると京田陽太のセカンドゴロの間に1点を返して4-8と4点差に詰め寄る。

しかし、9回裏に守護神・石山泰稚が上がると、3人でピシャリと抑えゲームセット。4-8でSwallowsが快勝した。

————

山田哲人が4番に入ったことで、打線の繋がりが良くなった。5回は相手のミスにつけ込んで一挙7得点とするなど、Swallowsらしい一気呵成の猛攻が勝負を決めた。

先発の高梨は7回3失点と充分な投球内容。打線の援護もあり、3勝目を挙げることが出来た。中継ぎ陣もだいぶ休ませることが出来たので、Swallowsにとっては良い勝ち方だったと思う。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link