【F1】Round.04 Azerbaijan GP DAY 3 (Race Result)

【レース概要】

コース概況

天候 晴れ
気温 20℃
路面温度 43℃
路面状況 ドライ

レース内容

まず、Pierre Gasly(Red Bull)はFP2後の計量無視違反・最大許容燃料流入量超過により予選失格、ギアボックス交換により5グリッド降格処分を受け、ピットスタート。Kimi Raikkonen(Alfa Romeo)は予選後のフロントウィング規定違反により予選失格処分となり、グリッド最後方からのスタート。Robert Kubica(Williams)は予選後に新スペックのパーツを取り付けたためピットレーンスタート。Antonio Giovinazzi(Alfa Romeo)は追加パワーユニット装置の使用により10グリッド降格処分となっている。

スタートはMercedesがサイドバイサイドで争うが1コーナーを制したのはポールポジションのValtteri Bottas(Mercedes)。Max Verstappen(Red Bull)はスタートに失敗し、5位に順位を落とす。また、8位グリッドからスタートのCharles Lecrelc(Ferrari)も順位を2つ落とす。しかし6周目にVerstappenはSergio Perez(Racing Point)を1コーナーでかわし4位浮上。7周目にはLecrelcも5番手まで浮上してくる。Lecrelcはその後10周目にVerstappenもオーバーテイクし4番手まで浮上する。

32周目、Daniil Kvyat(Toro Rosso)とDaniel Riccialdo(Renault)がターン3止まっている。どうやら10位走行中のKvyatにオーバーテイクを仕掛けたRiccialdoが止まりきれずそのままエスケープゾーンへ。その為、行き場を失ったKvyatがストップしていた。そこへ、コースに戻ろうとパニックに陥ったRiccialdoは後方を良く確認しないままバックし、Kvyatのマシンに接触、両者のマシンにダメージを負い、何とかコース復帰しピットに戻ったが両者ともそこでリタイアとなった模様だ。

39周目、Pierre Gaslyのマシンがスロー走行。そのままエスケープゾーンに車を停めリタイア。無線では、パワーが無くなったとチームに伝えている。

最終ラップ、Lecrelcがファステストラップを狙ってアタック。見事、ファステストラップを記録し、1ポイントを追加した。

なお、レースはBottasがポール・トゥ・ウィン、2位にHamiltonと見事にMercedesが1-2フィニッシュを飾った。以下、Sebastian Vettel(Ferrari)、Verstappen、Lecrelc、Perez、Carlos Sainz(McLaren)、Lando Norris(McLaren)、Lance Stroll(Racing Point)、Kimi Raikkonen(Alfa Romeo)の順となった。

————

概ね、上位陣に大きな波乱はなかったが、KvyatとRiccialdoの接触はレース後に審議により、Riccialdoに非があると認められ、次戦は3グリッド降格の処分が下された。

また、Red BullのPierre Gaslyは完走できず。駆動系のトラブルの様だが、Verstappenと大きく差がついてしまった。これから挽回を目指さないと、シートが危ないかも知れない。

ベテラン(失礼)、Kimiは今回も手堅く10位入賞で1ポイント獲得。中位グループの上位をキープしている。

Williams勢はテールエンダーが定位置となっているが、’90年代との落差は悲しいものがある。

Race Result

POS. Car No. Driver Team Time Point Remarks
1 77 Valtteri Bottas Mercedes 1:31:52.942 25
2 44 Lewis Hamilton Mercedes 1:31:54.466 18
3 5 Sebastian Vettel Ferrari 1:32:04.681 15
4 33 Max Verstappen Red Bull 1:32:10.435 12
5 16 Charles Leclerc Ferrari 1:33:02.049 11 Fastest
6 11 Sergio Perez Racing Point 1:33:09.358 8
7 55 Carlos Sainz McLaren 1:33:16.768 6
8 4 Lando Norris McLaren 1:33:33.210 4
9 18 Lance Stroll Racing Point 1:33:36.758 2
10 7 Kimi Raikkonen Alfa Romeo +1Lap 1
11 23 Alexander Albon Toro Rosso +1Lap 0
12 99 Antonio Giovinazzi Alfa Romeo +1Lap 0
13 20 Kevin Magnussen Haas +1Lap 0
14 27 Nico Hulkenberg Renault +1Lap 0
15 63 George Russell Williams +2Laps 0
16 88 Robert Kubica Williams +2Laps 0
Ret 10 Pierre Gasly Red Bull DNF (38Laps) 0 Driveshaft
Ret 8 Romain Grosjean Haas DNF (38Laps) 0 Brake
Ret 26 Daniil Kvyat Toro Rosso DNF (33Laps) 0 Damage
Ret 3 Daniel Riccialdo Renault DNF (31Laps) 0 Damage

Starting Grid

1
77 Valtteri Bottas 2
Mercedes 44 Lewis Hamilton
Mercedes
3
5 Sebastian Vettel 4
Ferrari 33 Max Verstappen
Red Bull
5
11 Sergio Perez 6
Racing Point 26 Daniil Kvyat
Toro Rosso
7
4 Lando Norris 8
McLaren 16 Charles Leclerc
Ferrari
9
55 Carlos Sainz 10
McLaren 3 Daniel Riccialdo
Renault
11
23 Alexander Albon 12
Toro Rosso 20 Kevin Magnussen
Haas
13
18 Lance Stroll 14
Racing Point 8 Romain Grosjean
Haas
15
27 Nico Hulkenberg 16
Renault 63 George Russell
Williams
17
99 Antonio Giovinazzi 18
Alfa Romeo 88 Robert Kubica
Williams
19
7 Kimi Raikkonen 20
Alfa Romeo 10 Pierre Gasly
Red Bull

※#10 Pierre Gasly:FP2後の計量無視違反・最大許容燃料流入量超過により予選失格、ギアボックス交換により5グリッド降格処分(ピットスタート)。

※#99 Antonio Giovinazzi:追加パワーユニット装置の使用により10グリッド降格処分。

※#88 Robert Kubica:予選後に新スペックのパーツを取り付けたためピットレーンスタート。

※#7 Kimi Raikkonen:予選後のフロントウィング規定違反により予選失格処分。


F1ランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link