【Swallows】2番手・五十嵐がハーラートップタイの4勝目!

試合結果

04月29日(月) 対Carp 6回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Carp 1 0 1 1 0 0 0 1 0 4 10 1
Swallows 0 2 0 1 1 2 0 1 X 7 8 2
勝投手 五十嵐 (4勝0敗)
敗投手 九里 (0勝3敗)
セーブ 石山 (1勝1敗6S)
Carp バティスタ3号(ソロ) (1回:石川)
Swallows 中村2号(2ラン) (2回:九里)
Carp 會澤3号(ソロ) (4回:石川)
Swallows 村上6号(ソロ) (4回:九里)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Swallows VS Carp 6回戦(明治神宮野球場)

Swallows先発はベテラン・石川雅規。Carpの先発は九里亜蓮。

初回、Carpは2アウトからバティスタが一発を放ち1点を先制。

しかしSwallowsは2回裏、2アウト1塁の場面で中村悠平がレフトスタンドへ逆転の2ランホームランを放ち、2-1とする。

直後の3回表、2アウト1、2塁から鈴木誠也がレフトへのタイムリーヒットを放ち、2-2の同点となる。

4回表、この回先頭の會澤翼が左中間スタンドへのソロホームランを放ち、2-3と逆転。先発・石川はピリッとしない。

しかし4回裏、先頭の村上宗隆がレフトスタンドへ放り込み、3-3の同点とする。

結局、先発・石川は4回で降板。被安打5、奪三振2、与四球2、失点3(自責点2)という内容だった。

5回からは五十嵐亮太がマウンドに上がり、2回を完璧に抑える。

そして5回裏、2アウト1、2塁から代打・荒木貴裕がレフト前タイムリーヒットで4-3と勝ち越しに成功する。

さらに6回裏、2アウト1、2塁からバレンティンの打球をレフト・下水流昂が落球。2アウトだったのでランナーは打った瞬間スタートを切っていたため、2者が生還し6-3とリードを3点に広げた。

8回表、五十嵐→梅野雄吾と来てこの回から近藤一樹がマウンドへ。しかし、2アウト1、2塁とした後、會澤にレフト前タイムリーを打たれ1点を返される。ここでハフが登板。代打・西川龍馬をセンターフライに打ち取りこの回を1点で抑える。

8回裏、1アウト満塁からバレンティンに代わり守備固めで途中出場した田代将太郎がライトへの犠牲フライを放ち、1点を追加。7-4と再びリードを3点とする。

9回表、守護神・石山泰稚がマウンドへ。2アウト後、連打で1、2塁とされるが、最後はバティスタを空振り三振に斬ってとりゲームセット。7-4とSwallowsが快勝した。

————

先発・石川は数字だけ見るとそんなに悪くなかったが、内容が良くなかった。ここぞという場面でタイムリーやホームランを浴び、リードを失ってしまっていた。4回での降板は早すぎる気もするが、長いシーズン、さらに12連戦中ということもあり、早めの継投策で結果的にはこれが功を奏した。再度調整をして、せめて5回までは投げきれる内容で戻ってきて欲しい。

打線の方は、相手野手の落球などラッキーな面もあったが、中村の逆転2ラン、村上の同点弾、荒木の勝ち越しタイムリーと打線が機能していたので、何とかこのカードを2勝1敗と勝ち越せた。

この長期連戦の序盤から中継ぎ陣がフル回転しているので、今後が心配だが、先発陣には奮起を期待したい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link