【Swallows】連敗で2位と0.5ゲーム差、小川またしても勝てず

試合結果

04月19日(金) 対Dragons 4回戦(ナゴヤドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 7 1
Dragons 0 1 0 2 0 0 1 0 0 4 10 0
勝投手 笠原 (2勝0敗)
敗投手 小川 (0勝2敗)
セーブ 鈴木博 (0勝0敗6S)
Dragons 阿部2号(2ラン) (4回:小川)

【試合概要・感想】

プロ野球2019 セ・リーグ Dragons VS Swallows 4回戦(ナゴヤドーム)

Dragons先発は笠原祥太郎、Swallows先発は小川泰弘。一発が試合を決める投手戦となった。

まず2回表、Swallowsはバレンティンのヒット、西浦直亨の2ベースで1アウト2、3塁としたあと、村上宗隆のショートゴロの間に3塁ランナーが還り1点を先制する。

その裏Dragonsは1アウト1、2塁から阿部寿樹がレフト前へ同点タイムリーヒット。この時、バレンティンがファンブルし、ランナー2、3塁となるが、後続を断ち1-1の同点止まり。

4回裏、Dragonsは1アウトから四球のランナーを置いてフルカウントから阿部が左中間スタンドへ2ランホームランを放ち3-1と勝ち越しに成功する。小川にとっては非常に痛い1発となってしまった。

6回表、Swallowsは1アウト2、3塁から雄平がレフトへの犠牲フライを放ち1点を返して3-2。しかし、ここでDragonsは笠原から谷元にスイッチし、後続を断ってSwallowsは同点に追いつくことが出来ない。

逆にDragonsは7回裏、小川からマクガフに投手交代したあと、2アウト満塁から高橋周平が四球を選び押し出しで1点を追加、4-2とする。

9回表、Dragonsは抑えの切り札・鈴木博志がマウンドへ。西浦直亨、村上、中村悠平の3人をキッチリ打ち取りゲームセット。

———

どうも開幕から小川の調子が良くない。ピッチングフォームの変更がまだしっくりこないのか、大事な場面でのコントロールミスが目立つ。小川で勝てないとカード頭が取れないわけで、3連戦が非常にしんどくなるので、早いところ修正すべき所は修正して欲しい。

打線の方も今日は笠原の前に沈黙。タイムリー欠乏症に陥ってしまった。先週、打ちまくった疲れが出ているのだろうか。ただ、攻撃面でのミスも最近は多いので、各選手がやるべきことをきっちりこなして、細かい野球を取り戻してもらいたい。どうしても、大勝・大敗しての大味な試合が続いたので、開幕直後の1点を確実に取りに行く野球、1点を確実に防ぐ野球を思い出して欲しい。

まだ気持ちの切替えが出来ていないのか、移動の疲れもあるだろうが、来週はGWに入って連戦が続くので、ここが踏ん張りどころ。頑張って頂きたい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link