【F1】Round.03 Chinese GP DAY 3 (Race Result)

【レース概要】

コース概況

天候 曇り
気温 19℃
路面温度 29℃
路面状況 ドライ

レース内容

2019年F1 Grand Prixの第3戦、Chinese GP。上海サーキットで行われる、歴史的な記念すべきF1 Grand Prixの1,000戦目。予選の結果はValtteri Bottasがポールポジション、フロントロウにLewis Hamiltonが入り、Mercedesが1列目を独占。その後ろにFerrari、Red Bull、Renault、Haasと並んでいる。過去7回、50%の確率でセーフティカーが入る波乱のレースとなる事が多いChinese GP。果たして今年はどんなレース展開となるのか。

スタートはLewis Hamilton、Charles Lecrelcが良く、それぞれチームメイトの前に出た。また、Turn 2の辺りでCarlos Sainz、Lando NorrisのMcLaren2台とDaniil Kvyat(Toro Rosso)の3台が絡んで接触。この影響で3周目までVSC(Virtual Safety Car)が入ることとなった。3周目を終えて上位はHamilton、Bottas、Lecrelc、Sebastian Vettel(Ferrari)、Max Verstappen(Red Bull)、Pierre Gasly(Red Bull)、Daniel Riccialdo(Renault)、Sergio Perez(Racing Point)、Nico Hulkenberg(Renault)、Romain Grosjean(Haas)の順。

ピットスタートのAlexaner Albon(Toro Rosso)が徐々に他車をかわし、ひたひたと順位を上げていくレース。

上位陣はミディアムタイヤから1ストップでハードタイヤに切り替え走りきる予定だったが、思った以上にタイヤに辛く、ハードタイヤの劣化が激しいため急遽2ストップ作戦に切り替えるチームが続出。Mercedesは2台のマシンを同時に入れ、約5秒差で次々にマシンのタイヤ交換を済ませコースに戻す神業を披露。ミス1つ無くピット作業を終えた。

その後、中位グループでは順位の変動はあるも、上位陣はほぼこれと言った争いもなく、Mercedesの2台が1-2体制のまま逃げ切ってそのままチェッカー。Hamiltonが今季2勝目を挙げた。また、6位でフィニッシュしたPierre GaslyがFastest Lapを記録した。

————-

Mercedesが危なげの無いレースで完勝だった。FerrariはVettelがRed BullのVerstappenから逃げるので精一杯といった感じで、Mercedesに脅威を与えるほどのレースペースではなかった。

個人的には、まずKimi Raikkonen(Alfa Romeo)が13位スタートから9番手フィニッシュと、多くのオーバーラップを見せ奮闘していた。そして何より、ピットスタートのAlexander Albon(Toro Rosso)だが10位でフィニッシュ。貴重な1ポイントを本人及びチームにもたらした。

アクシデントは1周目に起こったほかは大きなトラブルもなく、またテールトゥノーズの展開もあまりなく、全体としては「単調」なChinese GPだったと思う。DRSゾーンがあまり効果なく、各マシンの位置が数秒差ずつで結構離れてしまったのが原因かと思われる。

Race Result

POS. Car No. Driver Team Time Point Remarks
1 44 Lewis Hamilton Mercedes 1:32:06.350 25
2 77 Valtteri Bottas Mercedes 1:32:07.002 18
3 5 Sebastian Vettel Ferrari 1:32:20.094 15
4 33 Max Verstappen Red Bull 1:32:33.977 12
5 16 Charles Leclerc Ferrari 1:32:37.626 10
6 10 Pierre Gasly Red Bull 1:33:35.657 9 Fastest
7 3 Daniel Riccialdo Renault +1Lap 6
8 11 Sergio Perez Racing Point +1Lap 4
9 7 Kimi Raikkonen Alfa Romeo +1Lap 2
10 23 Alexander Albon Toro Rosso +1Lap 1
11 8 Romain Grosjean Haas +1Lap 0
12 18 Lance Stroll Racing Point +1Lap 0
13 20 Kevin Magnussen Haas +1Lap 0
14 55 Carlos Sainz McLaren +1Lap 0
15 99 Antonio Giovinazzi Alfa Romeo +1Lap 0
16 63 George Russell Williams +2Laps 0
17 88 Robert Kubica Williams +2Laps 0
18 4 Lando Norris McLaren +6Laps 0
Ret 26 Daniil Kvyat Toro Rosso DNF (41Laps) 0 Damage
Ret 27 Nico Hulkenberg Renault DNF (16Laps) 0 Damage

Starting Grid

1
77 Valtteri Bottas 2
Mercedes 44 Lewis Hamilton
Mercedes
3
5 Sebastian Vettel 4
Ferrari 16 Charles Leclerc
Ferrari
5
33 Max Verstappen 6
Red Bull 10 Pierre Gasly
Red Bull
7
3 Daniel Riccialdo 8
Renault 27 Nico Hulkenberg
Renault
9
20 Kevin Magnussen 10
Haas 8 Romain Grosjean
Haas
11
26 Daniil Kvyat 12
Toro Rosso 11 Sergio Perez
Racing Point
13
7 Kimi Raikkonen 14
Alfa Romeo 55 Carlos Sainz
McLaren
15
4 Lando Norris 16
McLaren 18 Lance Stroll
Racing Point
17
63 George Russell 18
Williams 88 Robert Kubica
Williams
19
99 Antonio Giovinazzi 20
Alfa Romeo 23 Alexander Albon
Toro Rosso

※Alexander Albonはピットスタートを選択


F1ランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link