【Swallows】逆転で勝利、勝率5割に戻す

試合結果

04月02日(火) 対BayStars 1回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
BayStars 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 5 0
Swallows 0 0 0 1 0 0 0 4 X 5 9 0
勝投手 近藤 (1勝0敗)
敗投手 パットン (0勝1敗)
セーブ 石山 (0勝1敗2S)
Swallows 青木1号(ソロ) (4回:上茶谷)

【試合感想】

Swallows先発は原樹理、BayStarsは新人の上茶谷大河。

試合は投手戦の様相を呈し、両チームともなかなか得点が奪えない。そんな中、4回裏に青木がチェンジアップをレフトスタンドギリギリに叩き込み、1点を先制する。原樹理は7回無失点の好投で後続にマウンドを託す。

しかし、代わった近藤一樹が先頭打者に四球を与え、犠打で1アウト2塁。2アウトまでこぎ着けたものの、代打・佐野恵太にセンター前タイムリーを打たれ1-1の同点に追いつかれると、続く宮崎敏郎にはタイムリースリーベースを打たれ、1-2と逆転されてしまう。原樹理の勝ち星の権利が消えてしまった。

上茶谷も好投ながら7回1失点でマウンドを降り、パットンにマウンドを託す。しかし、パットンが乱調で、先頭打者にヒットを打たれると、続く青木に死球を与えてしまいノーアウト2塁。山田哲人はキャッチャーフライに抑えたが、バレンティンにレフトへの2塁打を打たれ2-2の同点に。さらに雄平を敬遠して満塁策をとるが、続く西浦直亨がセンターへの2塁打で2人が帰り4-2と逆転。さらに犠牲フライで1点を追加し、5-2とする。

最後は石山が3人で締めてゲームセット。神宮で勝率を5割に戻す。

Swallowsのチーム第1号が、絶好調の青木のソロとは意外だったが、左手親指骨折で離脱した坂口の穴を埋めるのは簡単ではなく、下位打線で点が取れないとなかなか勝てない。そんな中、4番・バレンティンや6番・西浦が結果を出し、中村悠平も犠牲フライをキッチリと放つなど、課題の下位打線で点が取れた。

また、投手陣は近藤にやや負担がかかっており、梅野→石山でも良かったのではないかと思われるが、それでも4試合続けて2失点までに抑えているので投手陣は好調。引き続き、この調子を保ってもらいたい。

ここ数年、春先は守れるが打てない、というSwallowsの特徴が今年も引き継がれていて、シーズンが始まったのを結果で感じられる。もう少し、打線は奮起してくれると投手陣も疲労が溜まらずに済むので、頑張ってもらいたい。


東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link