【清水】G大阪に完敗

試合結果

J1 第2節 2019.03.02(土)
14:00 キックオフ
試合会場:IAIスタジアム日本平

清水
(1)
1前半1G大阪
(3)
1後半3
2合計4

得点者

清水G大阪
16′中村29′小野瀬
90’+7′57′アデミウソン
69′アデミウソン
72′ファン・ウィジョ

※チーム名の下の括弧数字は試合終了後の勝点

試合概要

完敗、の一言だろうか。
先制点は清水。
16分、立田悠悟からのクロスをニアの北川航也が潰れてスルー。
そこに走り込んできた中村慶太が清水での初ゴール。
前戦に引き続き、北川、中村、金子翔太が作り出したチャンスに
DFの立田が右サイドで絡んだ形。
しかし、清水の善戦もここまで。
全体にわたってボールを持たれ、まわされて清水の守備陣は全体的にマークが甘く
走り回されていた状態。
そんな中29分、左サイドでボールを持ったG大阪・MF倉田秋から
オーバーラップしてきたDF藤春廣輝へパス。
すると後ろからフリーで走り込んできたMF小野瀬康介に決められ1-1の同点に。
前半は1-1のまま何とか終了。

後半に入るとG大阪の怒濤の攻撃に防戦一方。
57分、FWアデミウソンからやや右サイドのFWファン・ウィジョへ浮かせたパス。
これに清水DFヴァンデルソンが絡むも置き去りにされ、
再び後ろのアデミウソンに戻し、これをキッチリアデミウソンがゴール左隅に決め逆転。
また69分、右サイドでG大阪がFKを得て、キッカーはMF遠藤保仁。
一番右にいたアデミウソンが頭でコースを変え、ゴール右サイドのポストに当たって
そのままゴール。アデミウソンの2点目が決まり1-3。
さらに72分、ヴァンデルソンからのミスをカットしたDFオ・ジェソクから
中に走っていたファン・ウィジョへ。
これをそのまま持ち込みゴール右隅に正確なシュートを放ち1-4。
アディショナルタイム終了直前に、ゴール正面で清水が得たFKを途中出場の石毛秀樹が蹴る。
ゴールバーに当たって跳ね返ったこぼれ球を、これまた後半途中出場の滝裕太が
J初出場・初ゴールを決め1点を返すがここで試合終了。2-4。

G大阪の攻撃陣に対し、マークが甘く、特に小野瀬には良いようにやられていた。
そして、後半終了間際、脚が止まった清水に対し、
ファン・ウィジョが何度もゴールを脅かし、さらに点を取られていてもおかしくなかった。
攻撃陣は、北川を中心に1トップ・2シャドウでチャンスが作れているので、
早急にディフェンス陣の立て直しが必要だ。
ホームでこの試合を見せられては、サポーターもがっかりであろう。

次節(第3節)

日程:2019/03/09

試合開始:14:00

相手:札幌(札幌ドーム)


清水エスパルスランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link