【F1 2018】 第2戦 バーレーンGP 予選

バーレーンGP・概要

FORMULA 1 2018 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX
コース :Bahrain International Circuit
周回数 :57 Lap
周回長 :5.412 km / Lap
レース長:308.238 km
ラップレコード:Pedro de la Rosa (2005) – 1:31.447
スケジュール(現地時刻)

4/6(金)

Practice 1 14:00 – 15:30
Practice 2 18:00 – 19:30

4/7(土)

Practice 3 15:00 – 16:00
Qualifying 18:00 – 19:00

4/8(日)

Race 18:10 – 20:10

Q1

2018年F1第2戦・バーレーンGPの予選がスタートする。砂漠に囲まれたサーキットのため、砂がコース上に舞い、すべりやすくコントロールが難しいサーキットとして有名である。

なお、この予選前にLewis Hamilton(Mercedes)がギアボックス交換を行ったため、5グリッド降格処分を受けている。その為、Hamiltonは予選でポール・ポジションを獲得したいところである。

予選開始直前のコースの状態は以下の通り。
天  候:晴れ
気  温:28℃
路面温度:32℃

予選最初のセッションであるQ1セッションは18分間で争われ、このうちタイムが下位の5台が予選順位16位~20位となる。

まず、Marcus Ericsson(Sauber)が1:31.976をマーク。これが最初の指標となる。しかし、すぐにチムメートのCharles Leclerc(Sauber)が1:31.775で抜き返した。
Kimi Raikkonen(Ferrari)が1:28.951と一気に1分28秒台にのせてきた。この後、全マシンの最初のタイムが出そろった時点でノックアウトゾーンにはFernando Alonso(McLaren)、Sergey Sirotkin(Williams)、Leclerc、Lance Stroll(Williams)、Brendon Hartley(Toro Rosso)となっている。
ここでMax Verstappen(Red Bull)がターン2を抜けたところで右の縁石にタイヤをのせてしまいコントロールを失って、コース左のウォールに激突、赤旗中断となる。時計は残り5分25秒でストップ。Verstappenはこの時点で4番手のタイムを刻んでおり、Q1突破は確実だが左フロント部分を大きく破損しており、Q2セッションでの走行は困難だと思われる。
その間にHartleyは10番手、Pierre Gasly(Toro Rosso)は12番手に上げてきている。この時点でのノックアウトゾーンはRomain Grosjean(Haas)、Alonso、Sirotokin、Leclerc、Strollとなっている。

セッション再開、激しい15番手争いが繰り広げられる。めまぐるしく順位が入れ替わる中、無情にもセッションは終了。ノックアウトされたのは以下の5台となった。15位Alonso、16位Grosjeanは1/1000秒まで同タイムであったが、先にタイムを出したAlonsoが15位となり、Q1セッションを突破した。

POS. Driver Team Time
16 Romain Grosjean Haas 1:30.530
17 Marcus Ericsson Sauber 1:31.063
18 Sergey Sirotkin Williams 1:31.414
19 Charles Leclerc Sauber 1:31.420
20 Lance Stroll Williams 1:31.503

Q2

少し時間をおいて、Q2セッションがスタート。Q2セッションは15分間で争われ、このうちタイムが下位の5台が予選順位11位~15位となる。Q1セッションで激しくクラッシュしたVerstappenは恐らく走行不能のため、予選順位15位はほぼ確定とみられる。

まず、Sebastian Vettel (Ferrari)がタイムアタックに入った。Raikkonenもそれに続く。Vettelのタイムは1:28.341。Raikkonenはこれにコンマ2秒遅れた。Q3セッションでポールを狙うHamiltonはソフトタイヤでタイムアタック。2番手のタイムを刻んだ。

Q2残り時間が4分となり、最後のタイムアタックのため各車が続々とコースイン。ここでもめまぐるしく順位が入れ替わったが、Gaslyは9番手につけ、Q2を突破。Hartleyは11番手で一歩及ばず。Q2でノックアウトされたのは以下の5台となった。

POS. Driver Team Time
11 Brendon Hartley Toro Rosso 1:30.105
12 Sergio Perez Force India 1:30.156
13 Fernando Alonso McLaren 1:30.212
14 Stoffel Vandoorne McLaren 1:30.525
15 Max Verstappen Red Bull –:–

Q3

少し時間をおいてポールポジションを決めるQ3セッションが始まった。Q3セッションは12分間で争われ、予選の上位10台の順位が決まる。

Vettelが1:28.196でトップに立つと、すかさずRaikkonenが1:28.101を叩き出しトップを奪う。その後ろにValtteri Bottas(Mercedes)、Daniel Ricciald(Red Bull)が続いていたが、Hamiltonが3番手に浮上。Gaslyは6番手、7番手にCarlos Sainz(Renault)が続く。

残り時間3分となり、ようやくEsteban Ocon(Force Indeia)、Nico Hulkenberg(Renault)、Kevin Magnussen(Haas)がコースイン。全車コースインし、激しいタイム争いが繰り広げられるが、最後にVettelが今季初、通算51回目のポールポジションを獲得した。フロント・ロウにはチームメイトのRaikkonenが並び、5グリッド降格が決まっているHamiltonは4番手のタイムに終わった。Q3セッションの結果は以下の通り。

POS. Driver Team Time
1 Sebastian Vettel Ferrari 1:27.958
2 Kimi Raikkonen Ferrari 1:28.101
3 Valtteri Bottas Mercedes 1:28.124
4 Lewis Hamilton Mercedes 1:28.220
5 Daniel Ricciald Red Bull 1:28.398
6 Pierre Gasly Toro Rosso 1:29.329
7 Kevin Magnussen Haas 1:29.358
8 Nico Hulkenberg Renault 1:29.570
9 Esteban Ocon Force India 1:29.874
10 Carlos Sainz Renault 1:29.986



F1ランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link