【Swallows】原樹理、神宮開幕戦を飾れず連敗(4/3:vs Carp)

4月3日(火) 対 Carp 1回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Carp 2 0 0 0 0 4 0 0 0 6 6 2
Swallows 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 4 2
勝投手 藪田 (1勝0敗0S)
敗投手 (0勝1敗0S)
セーブ 中崎 (0勝0敗2S)

【本塁打】

Swallows バレンティン1号(2ラン) (3回:藪田)

【ヤクルト】樹理、ホーム開幕戦で6回途中6失点
「守り切れず申し訳ない」自責は2

6回1死一塁、マウンドを降りる原(カメラ・中島 傑)

6回1死一塁、マウンドを降りる原
(カメラ・中島 傑)

セ・リーグ Swallows 3-6 Carp
1回戦 Carp1勝(明治神宮野球場)

ヤクルト・原樹理投手(24)が、ホーム開幕戦で6回途中6失点(自責点2)で降板した。


情報源: 【ヤクルト】樹理、ホーム開幕戦で6回途中6失点「守り切れず申し訳ない」自責は2 : スポーツ報知

試合感想

Swallowsの先発はプロ入り3年目の原樹理、Carpの先発は昨季15勝を挙げ、最高勝率のタイトルを獲得したプロ入り4年目の藪田。原にはこの藪田のような飛躍が期待される。その表れが、神宮球場開幕ゲームを任されたことだろう。

しかし1回表から原はピリッとしない。先頭の田中にレフト前ヒットを打たれルと、続く菊池はショートゴロに抑えたものの、3番・丸に四球を与えてしまう。続く4番・松山に3ボールから投じた1球をセンター前へ弾き返され、田中が還り1点を先制される。さらに安部に四球を与え、1アウト満塁とピンチが広がると、7番・西川にセンターへ犠牲フライを放たれ2点目を与える。続く野間はショートゴロの仕留めたものの、初回から2点を先制される。

対するSwallowsはその裏、1アウト後に山崎が内野安打で出塁すると、2アウト後に青木が死球を受け2アウト1、2塁。つづく川端のサードへのあたりを西川が落球。この間に山崎がホームを踏み1点を返すが、坂口はファーストライナーに倒れ1点止まり。

3回裏、先頭の山田が四球を選び、山崎が送りバントを決め1アウト2塁のチャンス。ここで3番・バレンティンがセンターへの今季第1号2ランホームランを放ち、3-2と逆転に成功する。その後も2アウト1、2塁のチャンスを迎えるが、廣岡はキャッチャーへのファウルフライに倒れこの回は2点止まり。

原は4回は3人で、5回はヒットでランナーを出すものの後続を断ち、立ち直ったかに見えた。

5回裏、Swallowsは四球3つで2アウト満塁のチャンスを作るが、打順は原。4回、5回の投球を見て小川監督は続投を決断したのだろう。そのまま原を打席に立たせるが、見逃し三振でこのチャンスを逃す。

すると6回表、立ち直ったかに見えた原だが先頭の丸に四球を与えてしまう。松山はレフトフライに打ち取ったが、安部にも四球を与え1アウト1、2塁。ここで西川のあたりは1-2塁間への当たり。これを坂口が上手くキャッチしたものの、1塁ベースカバーに入った原への早急が逸れ、その間に丸が生還、そして誰もいないホームへ中村が送球し、さらに安部も生還、2者が還り3-4と逆転を許してしまう。さらに1アウト3塁から野間にセンター前へタイムリーヒット。3-5とリードを拡げられてしまう。ここで原に代えてピッチャー・近藤がマウンドへ。バッターは會澤に代わりプロ9年目・昨季は2軍で出塁率.407を誇った庄司。野間が盗塁で1アウト2塁。近藤は商事を空振り三振に仕留め2アウト2塁。さらに、藪田に変わって代打・メヒア。メヒアはレフト前タイムリーを放ち6点目がCarpに入る。近藤は後続を抑えたものの、この回4点(自責点0)を取られ、3-6と逆転された上にリードを3点に拡げられてしまう。

7回表、ピッチャーは近藤からプロ入り2年目のサウスポー・中尾輝(ひかる)へ。しかし、四球、暴投、四球と球が荒れており、不安なマウンド。しかし、松山は6-4-3のダブルプレーに取り2アウト3塁。しかし、続く安部にまたも四球を与え2アウト1、3塁のピンチ。ここで西川に代打・上水流が登場。上水流は中尾が投じた内角への真っ直ぐに空振り三振。何とかピンチを脱する。

その裏、Swallowsは1アウト後に川端がCarp3人目のピッチャー・今村から頭部に死球を受け、しばらく動けない。今村は危険球退場となり、中田廉が急遽マウンドへ。川端は担架で運ばれ途中交代。その後病院に直行したが、検査の結果以上は無かったとのことで、次戦以降は様子を見て出場の可否を決める模様。川端の代走には奥村。しかし、続く坂口、廣岡が倒れ、得点ならず。

8回裏、Swallowsは2アウトから山田が四球を選び出塁。さらに盗塁を決め2アウト2塁のチャンスも山崎が空振り三振に倒れ無得点。

9回表、Swallowsはこの日1軍登録された風張蓮がマウンドへ。2アウト2塁のピンチを迎えるが安部を見逃し三振に斬って取り、あとは9回裏の攻撃に託された。

9回裏、Carpはクローザー・中崎がマウンドへ。1アウト後、青木がエラーで出塁するが、奥村が空振り三振、坂口はショートゴロに倒れゲームセット。昨季の優勝チームとの初戦を落としてしまった。

色々あったが、まずは頭部に死球を受けた川端の容態が心配である。検査結果で異常は無かったものの、頭部への死球はその後のプレーに影響する。山田哲人は未だに後遺症に苦しんでいるように見える。大事に至らなければ良いのだが。

6回表のプレーがこの日の勝敗を分けたと言っても過言では無いだろう。ファースト・坂口は本来は外野手登録である。ファーストベースカバーに入った投内連携は殆どできていないだろうから、悪送球による1点はある意味仕方が無い。しかし、その悪送球をキャッチャー・中村が捕りに行っている間にホームベースをがら空きにするのは頂けない。これは、サード・川端がカバーすべき所だ。きっと、死球の影響が癒えたら、宮本コーチから雷が落とされるであろう。ここで同点でとどめておけば、ひょっとしたら原はその後の失点を防げたかもしれないだけに残念だ。

また、7、8、9回とランナーを出すものの、得点に至らないのは、タイムリー欠乏症か。山田の調子が上向いてこないと打線が繋がらない。雄平が1軍に戻ってきたら恐らくライトに入るだろうから、山崎はここでアピールしないと厳しい。また、慣れないファーストをいつまで坂口にさせるのか。ファースト守備に関してはまだ畠山の方が上であるので、こちらも打撃でアピールできないと苦しい。レフト・バレンティン、センター・青木も調子が悪ければすぐに代えられると思われるので、外野手とファーストは激戦区と言っていい。さらに、2軍で猛烈なアピールを見せている村上宗隆はひょっとしたら早い時期に1軍に上がってくるかも知れない。川端もうかうかしていられない。死球の影響で1~2試合休ませて、村上を起用するかもしれない。今日の公示次第ではひょっとしたら・・・と考えるのは早計か。ただ、楽しみな若手が増えているので、2015の優勝メンバーは安穏としていられないことは確かだ。



東京ヤクルトスワローズランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link