【F1 2018】 第1戦 オーストラリアGP 予選

オーストラリアGP・概要

FORMULA 1 2018 ROLEX AUSTRALIAN GRAND PRIX
コース :Melbourne Grand Prix Circuit
周回数 :58 Lap
周回長 :5.303 km / Lap
レース長:307.574 km
ラップレコード:Michael Schumacher (2004) – 1:24.125
スケジュール(現地時刻)

3/23(金)

Practice 1 12:00 – 13:30
Practice 2 16:00 – 17:30

3/24(土)

Practice 3 14:00 – 15:00
Qualifying 17:00 – 18:00

3/25(日)

Race 16:10 – 18:10

Q1

2018年F1GPの開幕戦・オーストラリアGPの予選が始まった。
コースは例年と同じく、メルボルン郊外にあるAlbert Park内に設置されたMelbourne GP Circuit。
公園内のサーキットなので埃で滑りやすいのが特徴である。

なお、Daniel Ricciald(Red Bull)は前日のPractice 2で赤旗中断の際、
速度オーバー違反を犯し、既に決勝グリッドは3グリッド降格処分が決まっている。

Q1セッション開始前のコンディションは以下の通り。
天候:晴れ
気温:24℃
路面温度:32℃
前日までの雨の影響は無く、ドライコンディションで予選は行われた。
18分間のQ1セッション・脱落は以下の5台。

POS. Driver Team Time
16 Brendon Hartley Toro Rosso 1:24.532
17 Marcus Ericsson Sauber 1:24.556
18 Charles Leclerc Sauber 1:24.636
19 Sergey Sirotkin Williams 1:24.922
20 Pierre Gasly Toro Rosso 1:25.295

Q2

続いて行われたQ2セッション。セッションタイムは15分間。
Q2セッション・脱落は以下の5台。

POS. Driver Team Time
11 Fernando Alonso McLaren 1:23.692
12 Stoffel Vandoorne McLaren 1:23.853
13 Sergio Perez Force India 1:24.005
14 Lance Stroll Williams 1:24.230
15 Esteban Ocon Force India 1:24.786

Q3

少し時間をおいて行われたQ3セッション。セッションタイムは12分間。
セッション開始2分過ぎに、Valtteri Bottas(Mercedes)がクラッシュ。
セッションが途中で中断される。
Bottasのマシンは大きく破損し、これ以上の走行は不可能な状態。
これでBottasはタイム無しでQ3は10位が確定。
破損の程度によってはグリッド降格のペナルティが科せられる可能性が高い。
その後、セッションが再開され、激しいバトルの末、
2018年最初のGPのポールシッターはLewis Hamilton(Mercedes)となった。
その他、Q3セッション・上位10台は以下の順位。

POS. Driver Team Time
1 Lewis Hamilton Mercedes 1:21.164
2 Kimi Raikkonen Ferrari 1:21.828
3 Sebastian Vettel Ferrari 1:21.838
4 Max Verstappen Red Bull 1:21.879
5 Daniel Ricciald Red Bull 1:22.152
6 Kevin Magnussen Haas 1:23.187
7 Romain Grosjean Haas 1:23.339
8 Nico Hulkenberg Renault 1:23.532
9 Carlos Sainz Renault 1:23.577
10 Valtteri Bottas Mercedes –:–


F1ランキング

スポンサーリンク
Sponsored Link