【F1:Rd.07】 第7戦 カナダGP 予選

カナダGP概要

2017年F1 Grand Prix – Round 7 カナダGP。

コースはモントリオール郊外の公園内に位置するジル・ヴィルヌーヴサーキット。公園内のため、細かい砂埃により滑りやすく、レコードラインを外れるとスピンの可能性が非常に高く、その為、オーバーテイクには非常に神経を遣うコースである。

1周4.361kmのコースを、決勝では70周、305.27kmで争われる。

かつて、Ferrariの英雄、地元・ケベック州出身のGilles Villeneuveが1982年にベルギーGP(ゾルダーサーキット)で事故死したため、彼の業績を称えてその名が付けられている。スタートラインには「Salut Gilles(やあ、ジル)」と書かれている(by Wikipedia)。

Q1セッション

Q1セッションは現地時間の13:00より行われ、18分間で争われる。ラップタイムの下位5名が脱落するノックアウト方式である。

セッション開始前の天候は晴れ、気温22℃、路面温度44℃。

セッションが開始され、最初にラップタイムを刻んだのはCarlos Sainz(Toro Rosso)で1:14.785。まずはこのタイムが基準となり、このタイムが次々に塗り替えられていくことになる。

その後、Kimi Raikkonen(Ferrari)が1秒以上タイムを縮め、1:13.548のラップを叩き出す。Q1セッション突破は確実なタイムだ。その後、Sebastian Vettel(Ferrari)がさらにタイムを縮め、1:13.046をマーク。

残り時間10分を切り、Mercedes勢がタイムアタックを本格化。まず、Valtteri Bottas(Mercedes)が1:12.864と、1分13秒を切ってきた。その後、Lewis Hamiltonが1:12.685のトップタイムを刻むが、その直後に再びBottasが1:12.678のタイムでトップタイムを更新する。

残り時間5分を切って、下位ドライバー達はタイムを更新するのに必死になる。この時点で、McLarenのFernando Alonsoは1:13.776で10番手に付けており、Q1突破はほぼ確実と思われるが、Stoffel Vandoorne(McLaren)はノックアウトゾーンにおり、必死のタイムアタックを続ける。この時点で16位以下はKevin Magnussen(Haas)、Stoffel Vandoorn、Jolyon Palmer(Renault)、Pascal Wehrlein(Sauber)、Marcus Ericsson(Sauber)となっている。

しかし、Palmerはその後、14番手のタイムを叩き出し、代わりにLance Stroll(Williams)が17番手のノックアウトゾーンに入ってきた。

そして、そのままセッション終了。ノックアウトされたのは以下の5名となる。

POS. Driver Team Time
16 Stoffel Vandoorne McLaren 1:14.182
17 Lance Stroll Williams 1:14.209
18 Kevin Magnussen Haas 1:14.318
19 Marcus Ericsson Sauber 1:14.495
20 Pascal Wehrlein Sauber 1:14.810

Q2セッション

Q2セッションは15分間で争われ、下位5名、11位から15位を決めるセッションである。

開始早々、10台のマシンが一斉にコースイン。そして、Alonso以外の4台もコースインし、Alonsoは特にマシンに問題は無いようなので、タイミングをずらす作戦のようだ。なお、Q2セッションは全員がウルトラソフトタイヤを選択している。

まずトップタイムをマークしたのはHamiltonで1:12.496。このタイムを塗り替える、あるいは近づくのが当面の目標となるだろう。

Alonsoは最初のアタックではノックアウトゾーンを出ることができず、無線でQ1セッションの時よりパワー不足だと交信している。そして、一旦マシンをガレージに戻した。

残り3分となり、4番手のタイムを出しているVettel以外の14台がコース上にいる。この時点でノックアウトゾーンにいるのはDaniil Kvyat(Toro Rosso)、Carlos Sainz、Fernando Alonso、Jolyon Palmer、Romain Grosjean(Haas)の5名。なお、10番手に付けているNico Hulkenberg(Renault)から13番手のFernando Alonsoまではコンマ2秒ほどの差しか無く、まだまだ予断を許さない状況だ。

Alonsoは最後までアタックを続け、自身のタイムを更新したが12番手止まり。そしてそこでタイムアップとなった。ここでノックアウトされた5名は以下の通り。

POS. Driver Team Time
11 Daniil Kvyat Toro Rosso 1:13.690
12 Fernando Alonso McLaren 1:13.693
13 Carlos Sainz Toro Rosso 1:13.756
14 Romain Grosjean Haas 1:13.839
15 Jolyon Palmer Renault 1:14.293

Q3セッション

Q3セッションは12分間で争われ、決勝スターティンググリッドの上位10名を決めるセッションである。

スタートと共に次々にマシンがコースインし、10台のマシンがコース上に入った。全員の最初のアタックが終わった時点では、1:11.791のタイムをマークしたHamiltonがトップ、続いてBottas、Raikkonen、Vettel、Max Verstappen(Red Bull)、Daniel Ricciald(Red Bull)、Felipe Massa(Williams)、Sergio Perez(Force India)、Esteban Ocon(Force Indeia)、Hulkenbergの順となっている。

残り時間3分を切り、Hamiltonがコースイン。その前に2回目のアタックを行ったVettelはHamiltonのタイムを更新出来ず、ピットに戻っている。Hamiltonがアタックを開始すると、セクター1、セクター2ともに全体のベストで駆け抜け、1:11.459のタイムを叩き出し、、ほぼポールポジションを手中に収めたと思われる。

3回目のアタックを開始したVettelはセクター1で大きく出遅れ、結局Hamiltonのタイムを上回ることはできずここでセッション終了。ポールポジションはHamiltonに決定し、以下10番手までは以下の表の通りである。

なお、HamiltonはAyrton Senna(Brazil)に並ぶ通算65回目のポールポジション獲得となった。また、このヴィルヌーヴサーキットでのポール獲得も6回目となり、これはMichael Schumacher(Germany)の記録と並んだ。

POS. Driver Team Time
1 Lewis Hamilton Mercedes 1:11.459
2 Sebastian Vettel Ferrari 1:11.789
3 Valtteri Bottas Mercedes 1:12.177
4 Kimi Raikkonen Ferrari 1:12.252
5 Max Verstappen Red Bull 1:12.403
6 Daniel Ricciald Red Bull 1:12.557
7 Felipe Massa Williams 1:12.858
8 Sergio Perez Force India 1:13.018
9 Esteban Ocon Force India 1:13.135
10 Nico Hulkenberg Renault 1:13.271
スポンサーリンク
Sponsored Link