【Swallows】 またしてもブキャナンの好投報われずサヨナラ負けで6連敗

6月6日(火) 対Hawks 1回戦(福岡・ヤフオクドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 TOTAL H E
Swallows 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
Hawks 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1X 2 17 1

勝:岩嵜(Hawks)2勝1敗1S
負:山本(Swallows)1敗
本:坂口2号①(Swallows)、ジェンセン1号①(Hawks)

試合概要

Hawks先発は東浜。Swallows先発はブキャナン。

1回、2回共に両軍ともチャンスを作れず無得点。

3回表、8番・藤井が先制のソロホームランを放ち、Swallowsが1点を先制する。この回は1点で終了。

4回は両軍ともチャンスを作ものの、これを活かせず無得点。

5回裏、2アウトからこの日初出場のジェンセンがフルカウントからレフトスタンドに放り込むソロホームランで同点に追い付く。

6回表~8回表まで、Swallows打線は先発・東浜の前に三者凡退を繰り返し、得点の軽輩が感じられない。

ブキャナンは6回裏に2アウト2、3塁のピンチを招くが、これをなんとか抑え、6回1失点でマウンドを降りる。

7回裏は近藤一樹、8回裏はルーキとつないで、Hawks打線を封じる。

9回表、東浜に代わりサファテが登板。山田がストレートの四球を選び塁に出るも、続く雄平が4-6-3のゲッツー、グリーンが空振り三振で無得点。

9回裏は秋吉がマウンドに立ち、3人で攻撃を終了させ延長戦へ。

10回表、サファテに代わって岩嵜がマウンドへ。1アウトから大引がレフト前ヒットで出塁。大引に代走・西浦が送られる。中村はサードゴロに倒れ2アウト2塁。続く藤井に代打・荒木。その際、岩嵜が暴投でランナーは3塁へ進む。荒木は結局四球で歩き2アウト1、3塁でバッターは坂口。しかし、空振り三振に倒れ、勝ち越しのチャンスを逃す。

すると10回裏、秋吉から山本哲哉にスイッチ。バッターは甲斐に代わり代打・明石。その明石は四球を選び出塁。つづく川崎が見事送りバントを決め1アウト2塁。今宮のセカンドゴロの間に明石は3塁に進み、2アウト3塁。ここでバッターは柳田。Swallowsは山本から久古がマウンドへ。柳田の当たりは、3塁線ギリギリのボテボテのゴロ。これをサード・谷内は取って投げてもセーフ(=サヨナラ)なので、ファウルになると賭けるが、ボールは無情にもフェアグラウンド内で止まり、サヨナラ内野安打。2x-1でSwallowsはサヨナラ負け。引き分けを挟んで6連敗、交流戦は0勝6敗1分で、ここ15試合は2勝12敗1分となった。

Benjaminの目

6回1失点で好投しているブキャナンを、またしても見殺しにしてしまったSwallows打線。この日は右足に違和感を訴えたバレンティンが欠場し、貧打に拍車をかけている。期待の新外国人・グリーンもこの日は4打数無安打3三振と冴えない。期待の雄平も2併殺打と、チャンスを潰してしまっている。

サヨナラの場面に関しては、負け投手となった山本哲哉に敢えて言うとすれば、先頭打者を簡単に四球で出してはダメだ、ということ。久古に至っては、完全に打ち取った打球なので責めることはできない。これは運が無かったとあきらめるしか無い。

4回、5回、10回と得点圏にランナーを進めながら点を取れない相変わらず決定力不足の打線。ひと頃、サッカー日本代表がよく言われていたフレーズだが、まさにそのような状態。川端、畠山に続きバレンティンを欠き、相変わらず不調であえいでいる山田。この日は併殺打2を記録したが、比較的ゲッツーの少ない(今季4個)雄平の前に如何にしてランナーを溜めるか。1~3番、特に坂口と山田が上手く連携しないと打線が機能しないので、真中監督も頭が痛いところだろう。

スポンサーリンク
Sponsored Link