【Swallows】 守護神が打たれ敗戦・・・引きずらなければ良いが

5月13日(土) 対Dragons 6回戦(松山・坊っちゃんスタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Dragons 0 0 1 0 0 0 0 0 3 4 6 1
Swallows 0 2 0 0 0 0 1 0 0 3 11 0

勝:アラウホ(Dragons)1勝
負:秋吉(Swallows)3勝2敗5S
S:田島(Dragons)1勝1敗8S
本:ゲレーロ7号①(Dragons)、ビシエド6号③(Dragons)

試合概要

先発はSwallowsが小川、Dragonsが又吉。

前回、又吉には良いように翻弄されたので、今回はまず又吉を攻略したいところ。

初回は両軍とも三者凡退。

2回裏、Swallowsは雄平がヒットで出塁、バレンティンが四球でノーアウト1、2塁のチャンスを迎える。しかし、武内が4-6-3のダブルプレーで2アウト3塁となり、ややチャンスがしぼんだかに見えた。しかし、中村が四球を選び、さらに盗塁を決め2アウト2、3塁とすると、大引がレフトへの2点タイムリーヒットでSwallowsが2点を先制する。さらに小川がヒットで続いて1、2塁としたが、坂口が倒れ、2点止まり。

すると3回表、先頭のゲレーロにレフトスタンドへ運ばれ、1点を返される。小川にとっては悔やまれる1投だ。だが、後続を3人で斬ってとり、1失点で抑える。

その後、小川は中日打線を6回まで三者凡退に抑えこむ。しかしこの日のSwallows打線は後1本が出ず、残塁の山を築く。

それでも7回裏、Dragonsが又吉をあきらめ伊藤に代わったところ、山田が四球で出塁、雄平が2ベースヒットでノーアウト2、3塁のチャンス。バレンティンは見逃しの三振に倒れたが、武内のファーストゴロがフィルダースチョイスとなり、1点を追加し3-1とする。その後も中村が四球で満塁となるが、大引はセカンドライナー、小川が空振り三振でまたしても残塁となる。

8回の表も小川は三者凡退に抑え、9回は守護神・秋吉に託す。しかし、先頭の京田、代打・亀澤の連続ヒットでノーアウト1、2塁とされる。大島はセンターフライに打ち取るも、2塁ランナーは3塁まで進み、1アウト1、3塁。ここでビシエドに痛恨の逆転3ランホームランを打たれ、小川の勝ちが消える。その後は何とか抑えたものの、秋吉が打たれてしまっては仕方が無い。

9回裏、Swallowsは3人で攻撃を断たれ、試合終了。3-4で痛い敗戦となった。

Benjaminの目

何と言っても、13残塁は酷い。打線が活発化してきたものの、11安打で3点止まりでは精神的にも肉体的にも疲労感とストレスが溜まる。小川が8回1失点で抑えていただけに、秋吉の不用意な失投が悔やまれる。

あそこは2点差あったので、1発は避けたい場面。最悪、ビシエドは歩かせても良いのだ。続く平田で勝負というのも怖くはあるが、一発があり打率もそれなりにあるビシエドよりは、打率は低い平田勝負にすべきだったかと思われる。

2番・藤井が今日はブレーキになってしまい、マルチヒットを打った坂口と雄平・バレンティンとをつなぐことができなかったのが、得点でき無かった大きな要因であろう。2番、そしてサードが固定できないのは痛いところだ。川端の復帰が待たれる。ファーストも、武内、鵜久森の使い分けでやっているが、やはり畠山が復調した上で復帰してもらいたいところだ。

明日は勝って、連敗だけは避けたい。

スポンサーリンク
Sponsored Link