【Swallows】拙攻と糸井の一発に泣いた試合

4月5日(水) 対Tigers 2回戦(阪神甲子園球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 0
Tigers 1 0 0 0 0 0 3 0 X 4 9 0

勝:桑原(Tigers)1勝
負:ルーキ(Swallows)1敗
S:ドリス(Tigers)1敗1S
本:糸井3号③(Tigers)

Swallowsの先発は山中、Tigersの先発は秋山。

初回、Tigersはノーアウト満塁のチャンス!しかし、ここで4番・福留はダブルプレー。だが、この間に1点を先制する。

対するSwallowsは4回に3番・山田のツーベース、4番・バレンティンのセンター前タイムリーヒットで同点に追いつく。

その後は両チーム共にチャンスを迎えるものの、後続が凡退しなかなか勝ち越し点を奪えない。

しかし、7回裏にSwallowsの2番手・ルーキは2アウト1、2塁で3番・糸井に痛恨の3ランホームランを打たれ、4-1となる。その後も、ルーキが四球とヒットで1、2塁とし、変わった中澤がライト前ヒットを打たれ2アウト満塁。ここでさらにピッチャーを中澤→杉浦へとスイッチ。杉浦は北条を見逃し三振に斬ってとり、この回を何とか糸井の3ランのみで切り抜ける。

Swallowsはその後、Tigersの継投・桑原→マテオ→ドリスから1安打に抑えられ、チャンスを迎えることもできずそのままゲームセット。糸井の一発に泣いたが、7回の表の1アウト2、3塁の勝ち越しのチャンスで代打の大松、鵜久森がともに打ち取られたのが痛かった。

スポンサーリンク
Sponsored Link