【F1:Rd.10】 第10戦 イギリスGP 決勝

【レース結果】フェラーリに悪夢・・・アロンソ「ノーパワー」リタイア/F1第10戦イギリスGP決勝レース

16日(日)、F1第10戦イギリスGP決勝レースがシルバーストーン・サーキットで行われ、地元の大声援を受けルイス・ハミルトン(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンを飾った。ハミルトンはF1イギリスGPで4連勝となった。

■【レース結果】F1第10戦イギリスGP
1 L.ハミルトン メルセデス
2 V.ボッタス メルセデス
3 K.ライコネン フェラーリ
4 M.フェルスタッペン レッドブル
5 D.リカルド レッドブル
6 N.ヒュルケンベルグ ルノー
7 S.ベッテル フェラーリ
8 E.オコン フォース・インディア
9 S.ペレス フォース・インディア
10 F.マッサ ウィリアムズ
【レース結果】フェラーリに悪夢・・・アロンソ「ノーパワー」リタイア/F1第10戦イギリスGP決勝レース(TOP NEWS)

レース概要

イギリス ノーサンプトンシャー シルバーストーンサーキット:5.891km(1周)
レース周回:52周(306.198km)
スタート時間:13時(現地時間:日本時間21時)
開始前の天候:曇り、気温21℃、路面温度28℃、(レース中)降雨確率60%

レース内容

通算67回目のポール・ポジションを獲得したLewis Hamilton(Mercedes)を先頭に、フロント・ロウにはKimi Raikkonen(Ferrari)が並ぶ。2列目にはSebastian Vettel(Ferrari)、Max Verstappen(Red Bull)。予選4番手だったValtteri Bottas(Mercedes)はギアボックス交換によるペナルティーで5グリッド降格により9番グリッドからのスタートとなる。その前、8番グリッドには今季初めてQ3進出を果たしたStoffel Vandoorne(McLaren)がいる。

フォーメーションラップは何事もなくスタートしたものの、途中でJolyon Palmer(Sauber)のマシンにアクシデントが発生し、スロー走行からマシンをコース外に止めてしまった。これで決勝レースを走らずにJolyon Palmerはリタイアとなる。残りの19台は再びフォーメーションラップをやり直し、レースは51周で争われることとなった。

各マシンが所定のグリッドに付き、レッドシグナルが消灯するのを今か今かと待っている。歴史と伝統の、F1グランプリ発祥の地・シルバーストーンでのレースは、レッドシグナルが消灯しいよいよスタート!

ここ数戦、スタートが良くなかったRaikkonenは、良いスタートを切ったがHamiltonをかわすことは出来ず。VerstappenはVettelの前に出て、さらにRaikkonenに迫っている。Nico Hulkenberg(Renault)とEsteban Ocon(Force Indeia)が激しいつばぜり合いを演じている中、Carlos Sainz(Toro Rosso)とDaniil Kvyat(Toro Rooso)のマシンが接触し、Sainzはマシンを止めてリタイア。ここでセーフティーカーが導入された。なお、Kvyatの方は走行を続けているようだ。

5周目に入り、セーフティーカーがコースアウトしレース再開。RaikkonenがHamiltonにプッシュをかけ、VerstappenにVettelがプレッシャーをかけている。レース再開時にDaniel Riccialdが最下位に転落、行き場を無くしてコースオフした模様。しかし、すぐに16番手まで順位を戻した。

7周目、BottasがOconとHulkenbergをかわして5番手に浮上。さらに4番手走行中のVettelとの差を縮めていく。
10周目、Sainzと接触したKvyatにドライブスルーペナルティーが科されることとなった。

13周目、Fastest Lapを叩き出しながらRaikkonenとの差を広げ、その差は3.4秒に開いた。RaikkonenとVerstappenの差は6.6秒、Verstappenの0.6秒後方にVetttelという上位の状況である。

19周目、Verstappenに頭を抑えられていたVettelが早めのピットイン。ソフトタイヤに交換して6番手でコースに復帰。その頃、Daniel RiccialdはFelipe Massa(Williams)をパスして10番手まで浮上。その2.7秒前にVandoorneがいる状況。
20周目にVerstappenもピットイン。しかし、タイヤ交換に手間取りVettelの後ろでコースに復帰し、Vettelの作戦が見事に当たった。
21周目、HamiltonとRaikkonenとの差は7.5秒まで開いた。
23周目、8番手を走行中のVandoorneをRiccialdがパス。

25周目、Raikkonenがピットイン。ソフトタイヤに交換しコースへ復帰。どうやらRaikkonenの他、1ストップ作戦をとるマシンが多い模様。
26周目、Hamiltonがピットイン。ソフトタイヤに交換し、ギリギリBottasの前でコースに復帰。BottasはRaikkonenとの差が10秒ほどで、ピットインをどこで行うかが難しくなってしまった。
27周目、BottasとRaikkonenとの差をできるだけ開けたいMercedesは、無線でHamiltonに、Bottasに先に行かせるよう伝えるが、Hamiltonはこれに応じない。その間にRaikkonenがFastest Lapを刻んだ。

33周目、Bottasがようやくピットイン。新品のスーパーソフトタイヤに交換しVettelの後ろ4番手でコースに復帰。同時にRiccialdもピットイン。10番手でコースに復帰した。
34周目、Alonsoがピットに戻り、無線で「No Power」と伝えていたため、これでリタイア。
36周目、BottasがFastest Lapを叩き出しながら前を行くVettelとの差を急激に詰めている。さらにその前方4.7秒ほどの所にRaikkonenがいる状況。Vettelは自己ベストを叩き出しているものの、Bottasの方が1周あたり1秒ほど速いペースで走行しており、Vettelに追い付く・追い越すのも時間の問題と想われる。

42周目、VettelとBottasの差が1.1秒に縮まり、完全に射程圏内に入った。
43周目、Vettelの背後にBottasが入り、ストレートでVettelをかわし3位に浮上、みるみるうちにVettelを置き去りにしていく。
46周目、BottasはさらにFastest Lapを刻み、前方のRaikkonenを追っていく。差は6秒。残り5周。そして、Raikkonenが無線でチームに何かを強い口調で伝えている。トラブル発生か。
48周目、先頭を悠々と走行するHamiltonがFastest Lapをマーク。
そして、ついに49周目、Raikkonenの左フロントタイヤがなんとバースト!これをみてBottasが悠然とRaikkonenをパスしていく。Raikkonenはピットに戻り、タイヤ交換を余儀なくされた。RaikkonenはVettelの後ろ4番手でコースに復帰したが、直後に何とVettelのタイヤにもパンクが発生!RaikkonenがVettelを抜き、Vettelのマシンの左フロントタイヤは完全にパンクしている。何とかピットまで戻ろうとするが、Verstappenがそれを尻目に抜いていく。Vettelがようやくピットロードに入った頃、トップを走行していたHamiltonが悠々とチェッカーフラッグを受け、今季4勝目を達成。通算57勝目で、イギリスGPではJim Clark以来の4連覇を達成した。また、そのJim ClarkおよびAlain Prostに並ぶイギリスGP5勝目でとなり、同GPでの最多勝利数で並んだ。
Vettelは7番手でフィニッシュしたものの、これでHamiltonとのポイント差は僅か1点となり、ワールドチャンピオン争いの行方は全く分からなくなった。
8番手スタートのStoffel Vandoorne(McLaren)は11番手フィニッシュで、ポイント獲得はならなかった。
その他、レース結果の詳細は以下の通り。

レース結果

POS. Car No. Driver Team Time Point Remarks
1 44 Lewis Hamilton Mercedes 1:21:27.430 25
2 77 Valtteri Bottas Mercedes +14.063 18
3 7 Kimi Raikkonen Ferrari +36.570 15
4 33 Max Verstappen Red Bull +52.125 12
5 3 Daniel Ricciald Red Bull +1:05.955 10
6 27 Nico Hulkenberg Renault +1:08.109 8
7 5 Sebastian Vettel Ferrari +1:33.989 6
8 31 Esteban Ocon Force India +1Lap 4
9 11 Sergio Perez Force India +1Lap 2
10 19 Felipe Massa Williams +1Lap 1
11 2 Stoffel Vandoorne McLaren +1Lap 0
12 20 Kevin Magnussen Haas +1Lap 0
13 8 Romain Grosjean Haas +1Lap 0
14 9 Marcus Ericsson Sauber +1Lap 0
15 26 Daniil Kvyat Toro Rosso +1Lap 0
16 18 Lance Stroll Williams +1Lap 0
17 94 Pascal Wehrlein Sauber +1Lap 0
Ret 14 Fernando Alonso McLaren Lap 32 0 Fuel Pressure
Ret 55 Carlos Sainz Toro Rosso Lap 0 0 Accident
Ret 30 Jolyon Palmer Renault Lap 0 0 Do Not Start
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメント

  1. 高 たかし より:

    1xbet.com(ワンバイベット)と貴社との提携依頼
    担当者さま

    はじめてお便りをさせていただいております。

    当社は1xbet.com(ワンバイベット)というスポーツベッティング、を運営しているオンライン会社です。運営されている情報溢れるサイトと提携関係を結ばせていただき、共に利益をもたらし高めていければと考えています。

    もしご興味があればご一報いただけますでしょうか。オプションをご提示させていただく予定です。

    お返事を心よりお待ちしております。

    高 たかし
    ko@1xbetpartners.com
    1xbet.com日本語サイト担当