【F1:Rd.08】 第8戦 アゼルバイジャンGP 予選

アゼルバイジャンGP概要

2017年F1 Grand Prix – Round 8 アゼルバイジャンGP。

昨年から始まったアゼルバイジャンGPは、首都・バクーの市街地を利用した1周6.003kmの市街地サーキット。2006年まで開催されていたサンマリノGPのイモラ・サーキットと同様、反時計回りのコースで、20のコーナーを持ちながら、最高速度380km/hに達する高速区間も有するサーキットである。決勝は51周、306.049kmで争われる。旧市街地を通り抜ける区間は、コース幅も狭く、ミスによりウォールにヒットする可能性も高い。大胆かつ繊細なドライビングが要求される。

Q1セッション

Q1セッションは現地時間17:00(日本時間22:00)より、18分間で争われ、下位5台が予選16位~20位となり脱落するノックアウト方式である。

フリープラクティス3で出火トラブルに見舞われたJolyon Palmerは、予選不出走となり、モノコックの交換も必要とのことで、ピットスタートとなる可能性が高い。

首都・バクーの天候は晴れ、気温27℃、路面温度48℃。風はレースに影響のない程度のもの。

全車、スーパーソフトタイヤを装着。続々とコースインしていくが、Stoffel Vandoorne(McLaren)とMercedes勢の2台はタイミングを遅らせてのコースインとなった。

Force IndiaのEsteban Ocon、Sergio Perezのペースが良いようで、タイムは上位に付けている。

残り時間5分となって、ノックアウトゾーンにはRomain Grosjean(Haas)、Kevin Magnussen(Haas)、Vandoorne、Marcus Ericsson(Sauber)の4台。その上には15番手にPascal Wehrlein(Sauber)、14番手にFernando Alonso (McLaren)がおり、予断を許さない状況である。

Magnussen、Grosjean、Alonso、Wehrleinが激しい順位争いを繰り広げていたが、最後にMagnussenが14番手に上がり、Alonsoは16番手に落ちてQ1脱落となった。最終的なQ1セッションの順位は以下の通り。

POS. Driver Team Time
16 Fernando Alonso McLaren 1:44.334
17 Romain Grosjean Haas 1:44.468
18 Marcus Ericsson Sauber 1:44.795
19 Stoffel Vandoorne McLaren 1:45.030
20 Jolyon Palmer Renault –.–

Q2セッション

Q2セッションは15分間で争われ、下位5台が予選11位~15位となり脱落するノックアウト方式である。

Q2セッションは次々に全車コースインし、熾烈な順位争いが繰り広げられている。ここでもForce IndeiaのSergio Perezが4番手に付けていて、速さを見せている。

Felipe Massa(Williams)が右リアタイヤをウォールにこすりながら全力でアタックをしている。

残り3分ほどでノックアウトゾーンには、Carlos Sainz(Toro Rosso)、Daniil Kvyat(Toro Rosso)、Magnussen、Nico Hulkenberg(Renault)、Wehrleinがいる。すでにHulkenbergはマシンを降り、Q2敗退が確定。

結局、Q2敗退はこの5台となり、確定した結果は以下の通りである。なお、Sainzは3グリッド降格処分が既に決定している。

POS. Driver Team Time
11 Daniil Kvyat Toro Rosso 1:43.186
12 Carlos Sainz Toro Rosso 1:43.347
13 Kevin Magnussen Haas 1:43.796
14 Nico Hulkenberg Renault 1:44.267
15 Pascal Wehrlein Sauber 1:44.603

Q3セッション

Q3セッションは12分間で争われ、上位10グリッドの順位を決定する。

Q3が開始され、最初の計測ラップはタイヤのウォームに充てている模様。なお、WilliamsのLance Strollはかなりコースインを遅らせている模様。

残り5分ほどとなって、Mercedes勢のタイムは1分41秒台に入っている一方、Williamsの2台はまだタイムが出せていない。

残り3分半でDaniel Ricciald(Red Bull)がターン6の立ち上がりでリアがコントロールを失いウォールにヒット、左リアサスペンションを破壊してしまい、Q3セッションは赤旗中断となった。

セッション再開後、残り3分ほどで各車が激しいタイム争いを繰り広げることとなった。残り時間2分を切ったところでHamiltonがBottasを逆転しトップに立ち、Ferrari勢はMercedes勢のタイムに届かず、そのままQ3終了。

ポールポジションはLewis Hamiltonで今季5度目、通算66度目で、Ayrton Senna(Brazil)を抜いて歴代単独2位に浮上した。
フロント・ロウをMercedesが独占し、その後ろにFerrariの2台が並ぶ形となった。

最終的なQ3セッションの順位は以下の通り。

POS. Driver Team Time
1 Lewis Hamilton Mercedes 1:40.593
2 Valtteri Bottas Mercedes 1:41.027
3 Kimi Raikkonen Ferrari 1:41.693
4 Sebastian Vettel Ferrari 1:41.841
5 Max Verstappen Red Bull 1:41.879
6 Sergio Perez Force India 1:42.111
7 Esteban Ocon Force India 1:42.186
8 Lance Stroll Williams 1:42.753
9 Felipe Massa Williams 1:42.798
10 Daniel Ricciald Red Bull 1:43.414
スポンサーリンク
Sponsored Link