【Swallows】 交流戦後の初戦はサヨナラ勝ち(6/23:vs BayStars)

6月23日(金) 対BayStars 10回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 TOTAL H E
BayStars 0 0 0 1 4 0 0 0 2 0 7 12 0
Swallows 0 0 1 0 0 4 0 2 0 1X 8 14 0

勝:石山(Swallows)1勝3敗
負:平田(BayStars)1敗
本:戸柱5号①(BayStars)、筒香7号③(BayStars)

【ヤクルト】武内、09年以来のサヨナラ打!お立ち台「やっぱりたまらない」

◆ヤクルト8x―7DeNA=延長10回=(23日・神宮)

ヤクルトは途中出場の武内が試合を決めた。同点の10回1死二塁から中越えにサヨナラ打。「打った瞬間、抜けろと思いながら走りました。お立ち台は何年ぶりか分からないですけど、やっぱりたまらないですね」。

【ヤクルト】武内、09年以来のサヨナラ打!お立ち台「やっぱりたまらない」(スポーツ報知)

試合概要

Swallows先発は、もっとも安定しているブキャナン。BayStars先発は井納。

初回、BayStarsは四球と盗塁、内野ゴロで1アウト3塁の先制のチャンスを迎えるが、ロペスが空振り三振、筒香はショートゴロに倒れ、先制のチャンスを潰す。

その裏Swallowsも、先頭の坂口がヒットで出塁するが、上田がバント失敗しランナーが入れ替わる。上田は盗塁を決め1アウト2塁とするが、山田がショートゴロ、雄平がセンターフライでこちらも先制のチャンスを潰す。

3回表、倉本がライト前ヒット、桑原がファーストへの内野安打でノーアウト1、3塁とするが、桑原が牽制タッチアウトで1アウト3塁となる。梶谷はキャッチャーゴロで2アウト。ロペスに死球を与えるが、ブキャナンは筒香をサードゴロに打ち取り、この回を無失点で切り抜ける。BayStarsはまたしても先制のチャンスを潰してしまう。

3回裏、Swallowsはこの日スタメンの井野がレフト前ヒットで出塁。ブキャナンが送りバントを見事に成功させ1アウト2塁。ここで坂口がレフトへのタイムリーツーベースヒットを放ち、Swallowsが1-0と先制する。しかし、後続の上田、山田が倒れ1点止まり。
4回表、宮崎を空振り三振に取ったあと、戸柱に右中間スタンドに運ばれ同点とされる。しかし、続くエリアン、井納を連続三振に斬ってとり、最少失点で抑える。

4回裏にSwallowsが2アウト1、2塁のチャンスを活かせず、無得点に終わった後の5回表、BayStarsは先頭の倉本がセンターへの2塁打で出塁。桑原が送りバントをしっかりと決め1アウト3塁。続く梶谷はライト前タイムリーを放ち、BayStarsが勝ち越しに成功する。続くロペスがレフト前ヒットで続くと、筒香がバックスクリーンへ運ぶ3ランホームランを放ち、この回一挙4得点でSwallows 1-5 BayStarsとし、試合の主導権を握る。

5回裏もSwallowsは2アウト2、3塁のチャンスに4番・雄平がサードゴロに倒れ、反撃ムードを断たれる。

しかし、6回裏に先頭のグリーンが粘って四球を選び出塁。大引がライト前ヒットで続き、藤井が四球を選んでノーアウト満塁のチャンス!ここで井野はショートゴロだが、その間に3塁ランナーが帰り1点を返してSwallows 2-5 BayStarsとなる。なおも1アウトランナー1、3塁で、6回に登板したギルメットに代打・大松。大松がキャッチャーゴロの打った間にまたランナーが還り3点目。先頭に帰って2アウトランナー2塁から坂口がタイムリーツーベスヒットを放ち4点目が入る。ここでBayStarsは井納を諦め、田中健をマウンドへ送る。しかし、2アウトランナー2塁から上田がライトへタイムリーヒットを放ち、これで5-5の同点となる。押せ押せムードだったが、続く山田はショートゴロに倒れ、この回は同点に追い付くまでだった。

7回表、ギルメットに変わりマウンドには近藤一樹。BayStarsの攻撃を3人で抑えると、その裏、田中健が今度はSwallows打線を3人で抑える。

8回表、近藤からルーキにスイッチ。また、ファーストには武内が入る。ルーキは筒香にヒットを打たれるが、続く宮崎をゲッツーに取り、戸柱を空振り三振に仕留め3人で攻撃を終わらせる。

すると8回裏、BayStarsは田中健から砂田へスイッチ。簡単に2アウトを取ったあと、武内にセンター前ヒットを打たれると、続く坂口に四球を選ばれランナー1、2塁。ここで上田がライトへタイムリースリーベースヒットを放ち、2点を勝ち越し7-5とする。

そして9回表、守護神秋吉がマウンドへ。しかし、先頭のエリアンにヒットを打たれると、砂田の代打・石川にストレートの四球を与えノーアウト1、2塁。倉本が送りバントを決め2、3塁とすると、桑原がライトオーバーのタイムリースリーベースヒットで2点を奪い、7-7の同点に追い付かれる。梶谷セカンドゴロで桑原を刺し、2アウト1塁。梶谷は盗塁を決めるがロペスをレフトフライに打ち取ったものの、秋吉で同点似追いつかれたショックは大きい。

9回裏、BayStarsのピッチャーは砂田から三上へ。三上はSwallows打線を3人で抑え、延長戦に突入。流れはBayStarsに傾いているように見えた。

10回表、マウンドには久古があがり、筒香を迎える。しかし、レフト前ヒットを放ち、一人一殺はならず、石山をマウンドへ送る。また、筒香に代走・関根が送られる。この関根が石山の牽制に引っかかりタッチアウト!チャンスを潰す。そして宮崎、戸柱を抑え、無失点でこの回を切り抜ける。

すると10回裏、BayStarsは三上に変わり平田がマウンドへ。また、牽制タッチアウトとなった代走・関根がレフトの守備についた。先頭の藤井がセンター前ヒットで塁に出ると、井野が送りバントをしっかりと決め、1アウト2塁。ここで武内がセンターへのタイムリーヒットを放ち、Swallowsがサヨナラ勝ち!!8-7で交流戦後の初戦をものにした。

Benjaminの目

ブキャナンが5失点と、らしからぬ投球ではあったが、打線が奮起し同点に追い付き、さらに勝ち越した。今季、こういう流れはあまり見られなかったので、久しぶりに打線が援護しているなと感じられた。

しかし、9回裏に秋吉で同点に追い付かれたのは大変にショックであった。このところ、秋吉が不安定で守護神としては非常に不安なのだが、故障などしていなければ良いのだが。

ただ、10回裏にベテラン・武内のサヨナラヒットで勝てたことは大きい。怪我人続出である今だからこそ、ベテランといえども働けるうちはドンドンアピールして、今からでもポジションを奪う気合を見せて欲しい。

スポンサーリンク
Sponsored Link