【Swallows】 石川粘れず交流戦最終戦で敗れ、最下位決定(6/18:vs Fighters)

6月18日(日) 対Fighters 3回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Fighters 0 0 0 2 0 2 2 0 0 6 10 3
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 5 0

勝:有原(Fighters)4勝5敗
負:石川(Swallows)4勝7敗

ヤクルト 5年ぶり交流戦最下位 山田は初回死球もフル出場

日本生命セ・パ交流戦 ヤクルト3―6日本ハム(2017年6月18日 神宮)

ヤクルトは打線が有原に8回まで1安打。継投も「早めに勝負をかけたけど裏目、裏目だった」(真中監督)と失点を重ね、連勝が4で止まって5年ぶり2度目の交流戦最下位となった。

ヤクルト 5年ぶり交流戦最下位 山田は初回死球もフル出場(スポニチAnnex)

試合概要

Swallowsの先発はこのところ勝ち星に恵まれない石川、Fighters先発は有原。

1回裏、Swallowsは1アウトから上田がショートへの内野安打。すかさず初球から盗塁、これをFighters・市川が悪送球で上田は3塁まで進み、1アウト3塁の先制のチャンス。続く山田はすっぽ抜けたボールに当たり死球で1、3塁に。このチャンスに雄平がレフトフライ、この日5番に入ったグリーンはショートフライに倒れ、先制のチャンスを逃す。これが後々まで響くことになる。

3回までパーフェクトピッチングの石川。しかし4回表につかまってしまう。2アウトから3番・西川にレフト前ヒット、4番・中田にレフトへのツーベースヒットを打たれ、2、3塁とされると、5番・レアードにレフト前ヒットを打たれ、ランナー二人が還り2点を先制される。

Swallowsは2回から5回まで、有原の前に三者凡退を繰り返し、得点の気配がない。

すると6回表にFightersは1アウトから松本が2塁打を放つ。西川をセカンドゴロに打ち取り、2アウト3塁となったところで石川から近藤一樹に交代。しかし、これが裏目に出て、ワイルドピッチで3点目を奪われる。そして、中田、レアードと連続四球を与え2アウト1、2塁とされると、6番・市川がライトへタイムリーツーベースヒットを打たれ、0-4とされる。

7回表には近藤からギルメットに代わるが、中島卓也を空振り三振にとったあと、有原にライト前ヒットを打たれる。続くトップバッターの大田泰示を空振り三振に仕留めるが、松本にライト前ヒットを打たれ2アウト1、2塁とされる。ここでギルメットから久古にバトンタッチ。しかし、3番・西川に2点タイムリーツーベスヒットを放たれ、0-6と完全にFightersペース。このままだとSwallowsは交流戦最下位となってしまう(Giants vs Marinesの結果次第だが)。

8回裏、1アウトから藤井がセカンド・石井のエラーで出塁する。しかし、代打・鵜久森がライトへのファールフライ、さらに代打・大松はセカンドゴロに倒れ、このまま有原に完封をされそうなムード。

しかし、9回裏にようやく得点のチャンスが生まれる。先頭の坂口、続く上田の連続ヒットでノーアウト1、2塁とすると、3番・山田の打球をレアードがトンネル!この間に坂口が還り1点を返す。ここで有原を諦めFightersは増井をマウンドへ。雄平は内野安打で出塁し、ノーアウト満塁とチャンスが広がる。するとグリーンがセンター前タイムリーヒットで一人還り2-6となる。さらに満塁で1塁ランナーをグリーンに代え、代走・三輪を起用。大引は空振り三振に倒れ1アウト。続く藤井の当たりはファーストゴロ。しかしこの間に1点入り3-6となる。そして、バッター・ルーキに代打・武内を送るが、セカンドゴロに倒れゲームセット。3-6で連勝は4でストップ。また、GiantsがMarinesに延長で逆転勝ちしたため、交流戦最下位が決まった。そして、石川は今季7敗目を喫した。

Benjaminの目

1回裏の1アウト1、3塁のチャンスに1点でも入っていれば、その後の展開は変わったかも知れない。しかし、その後はランナーをなかなか出すこともできず、9回裏になってようやく反撃を行うも、時既に遅し。6点差をひっくり返すのはなかなか厳しい。

やはり、石川が6回を投げきってもらわないと後が苦しくなる。また、近藤、ギルメットが失点し点差を広げられたため、余計に追い付くのが難しくなってしまった。先発が7回まで投げきってくれると後は非常に楽になるのだが・・・。今季序盤に中継ぎ陣に大きな負担をかけているので、今は疲労がたまってきているようで、安定したリリーバーがおらず、なかなか勝ちパターンが組めない。その上、抑えの秋吉も不安定なので、リードしていても最後まで分からない、胃の痛くなる試合が続く。

結果的に交流戦は最下位で終わったが、気持ちを切り替えてまずはオールスターまでに最下位脱出を目標に頑張ってもらいたい。

スポンサーリンク
Sponsored Link