【Swallows】 原樹理好投で2勝目!則本に投げ勝つ!(6/15:vs Eagles)

6月15日(木) 対Eagles 3回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Eagles 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 4 1
Swallows 0 0 0 0 1 3 2 0 X 6 8 0

勝:原樹(Swallows)2勝3敗
負:則本(Eagles)8勝2敗
本:ウィーラー13号①(Eagles)

試合概要

Swallowsの先発は原樹理、Eaglesの先発は8試合連続二桁奪三振で8勝1敗と絶好調のエース・則本。

3回までは両投手の投げ合いで無得点のまま進む。しかし、4回表に2アウトからウィーラーがセンターへのソロホームランでEaglesが1点を先制する。

4回まで1安打に押さえられていたSwallowsは5回裏、先頭の雄平がヒットで出塁。則本の暴投で雄平が3塁まで進み、ノーアウト3塁のチャンス。なお、このミスで嶋が懲罰交代させられ、キャッチャーは足立に。グリーンは空振り三振に倒れたが、大引が見事にスクイズを決めて1-1の同点に追い付く。

さらに6回裏、先頭の西田がヒットで出塁。原樹理はバント失敗で1アウトとなるが、坂口がライトへのヒットを放ち1アウト1、3塁となる。上田はサードフライに倒れ、2アウト。坂口が盗塁を決めて2、3塁とすると、山田は四球を選び2アウトながら満塁のチャンス。このチャンスに雄平がセンターへ勝ち越しの2点タイムリーツーベースヒットを放ち、3-1とすると、グリーンが振り逃げの間に三塁ランナーが還り4-1とする。

また、7回裏には先頭の藤井が内野安打で出塁。西田の当たりはショートゴロで1アウト2塁。ここで原樹理が送りバントをするが、則本のフィルダースチョイス!さらに悪送球が絡んで5-1となる。トップに返って坂口が、1アウト3塁からライト前にタイムリーヒットを放ち、6-1とする。

原樹理は9回表にもマウンドへ。2アウト2塁から、岡島にタイムリーツーベースを放たれ6-2とされるが、ウィーラーを空振り三振に仕留めゲームセット。6-2でパ・リーグ首位のEaglesに連勝して2勝1敗と勝ち越し。原樹理は嬉しいプロ初完投勝利を飾った。

Benjaminの目

9回で被安打4、無死四球、2失点で初完投勝利した原樹理の好投に尽きる。これでリリーフ陣は全員休むことができた上、原樹理にとっては大きな自信となるだろう。何より、四死球0と言うのが素晴らしい。コントロールの良さを物語っている。もともと、立ち上がりが苦手なので、そこを克服すればSwallowsの先発ローテーションの一角には充分に入る力を持っている事が証明された。

打線の方も、少ないチャンスを活かして則本から6得点。三振も8個に留め、連続試合二桁奪三振を8でストップさせるなど、よく頑張ったと思う。あまり大きな期待はかけられないが、山田が復調してくればもう少し楽な試合ができるのだが・・・。ただ、4打数4安打2打点の雄平は相変わらず好調で、4番として十分な成績を上げている。やはり雄平の前に如何にランナーを置くかがポイントだろう。リードオフマンとして2安打1盗塁の坂口の働きも大きい。個人的には、川端がいない状態では、2番に大引を置きたいのだが、上田を2番に置くと言うことは、真中監督はやはり「打てる2番」で打線を組みたいのだろう。今後、ここから調子が上がってくればそれでも良いのだが。

スポンサーリンク
Sponsored Link