【Swallows】 Giantsの裏で密かに9連敗・・・(6/9:vs Marines)

6月9日(金) 対Marines 1回戦(千葉・ZOZOマリンスタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 8 2
Marines 4 0 0 1 1 0 0 0 X 6 11 1

勝:涌井(Marines)2勝4敗
負:原樹(Swallows)1勝3敗
本:鈴木7号③(Marines)

【ヤクルト】2年ぶり9連敗で自力優勝消える…交流戦未勝利

◆日本生命セ・パ交流戦 ロッテ6―1ヤクルト(9日・ZOZOマリン)

ヤクルトはロッテに1―6で敗れ2年ぶり9連敗となり、自力優勝が消滅した。両リーグ最下位対決で完敗した。先発の原樹が初回に鈴木に3ランを許すなど4点ビハインド。4回に1点を返したが、またすぐに突き放された。
【ヤクルト】2年ぶり9連敗で自力優勝消える…交流戦未勝利(スポーツ報知)

試合概要

Marinesの先発はここまであまり調子の上がらない涌井、Swallows先発は打線の援護がない原樹理。両チーム共に打撃不振で沈んでいるだけに静かな戦いが予想された。

が、1回裏に早くもその予想は裏切られる。先頭のサントスがヒットで塁に出ると、角中ライトフライの後に盗塁を決め1アウト2塁。3番・清田は四球を選び1、2塁となって4番・パラデスの当たりはボテボテのファーストゴロ。これを新外国人・グリーンが悪送球!ボールが転がっている間にサントスが還りMarinesが1点を先制。さらにランナー1、3塁のチャンスで5番・鈴木大地がライトスタンドにたたき込む3ランホームラン!あっという間にMarinesが4点を先制する。立ち上がりが心配された原樹理であったが、いきなり4点のビハインドを背負うことになった。

Swallowsは3回まで三者凡退に抑えられていたが、4回表、山田がヒットで出塁。すかさず盗塁を決めノーアウト2塁。しかし、坂口、荒木とフライを打たされあっという間に2アウト。だが4番・雄平がセンター前タイムリーヒットを放ち、1点を返す。

しかしその裏に1アウトから香月がヒットで出塁。三木のゴロの間に2塁へ進む。田村がストレートの四球を選んで1、2塁とし、サントスがセンター前ヒットを放ち、2アウト満塁となる。すると、角中がライト前タイムリーヒットで1点をMarinesが追加する。

5回表、Swallowsは1アウト満塁のチャンスを作る。しかし、山田が空振り三振、坂口はレフトフライに倒れ、得点のチャンスを潰す。

その裏、1アウトから鈴木大地が四球で出塁。原樹理の暴投の間に2塁へ進む。するとダフィーがレフトへタイムリーツーベースを放ち、さらに1点を追加し6-1とする。

7回表、涌井から増田にスイッチ。1アウトから藤井が内野安打で出塁。さらに悪送球が絡み藤井は2塁へ。2アウト後、山田が四球で出塁し2アウト1、2塁とするが、坂口はショートゴロを打たされまたも得点ならず。

Swallowsは原樹理から中澤→山本哲哉とつないで何とかしのぐが、増田→松永→内のリレーの前に打線が沈黙し、そのままゲームセット。ついに交流戦勝ち星無しの9連敗。自力優勝が早くも消える。いつになったら明かりが見えるのやら・・・。

Benjaminの目

初回の攻防が全てでしたかね。今のSwallowsに初回から4点ビハインドはキツイ。しかも、相手投手は調子が悪いと言ってもそこは涌井。そう簡単に点を取らせてはもらえない。しかもその後も1点ずつ取られてしまい、6失点。

打線はと言えば、山田は塁に出るものの坂口がつなぐことができず、唯一、好調と言って良い雄平の前にランナーがたまらないので、唯一の得点のチャンスが作れない。新外国人・グリーンもまだ戦列に加わったばかりで、日本の野球に慣れるのが精一杯だろう。実際、守備ではもろさを見せていた。

しかし、怪我は付き物ではあるので、主力が怪我したときの控え選手がレギュラーを奪うんだという気迫をもって闘って欲しい。打倒・川端、打倒・畠山、打倒・バレンティン。投手陣なら打倒・小川だろう。結局、選手層が薄いから、今のSwallowsは1軍半くらいの戦力で闘っているわけで、真中監督も連日、胃が痛いことであろう。

スポンサーリンク
Sponsored Link