【Swallows】 ルーキ、まさかの暴投で決勝点を献上

5月21日(日) 対Tigers 9回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Tigers 0 0 2 0 0 0 3 0 0 5 6 2
Swallows 0 2 1 0 1 0 0 0 0 4 9 1

勝:桑原(Tigers)3勝
負:ルーキ(Swallows)1勝4敗
S:ドリス(Tigers)2敗17S
本:バレンティン7号②(Swallows)、高山3号①(Tigers)、上本2号①(Tigers)、坂口1号①(Swallows)

えっ!?なにヤってるの…燕・ルーキ、敬遠暴投で決勝点献上

(Swallows 4 – 5 Tigers:9回戦 神宮)

敬遠球がまさかの暴投…。ヤクルトは21日、阪神9回戦(神宮)に4-5で逆転負け。連勝が4で止まった。4-2の七回、ジョシュ・ルーキ投手(32)が2本の適時内野安打で同点とされ、敬遠策をとった阪神・福留孝介外野手(40)への3球目に暴投。勝ち越しを許す5点目を失った。米大リーグでは今季から「敬遠申告制」の新ルールが適用されたが、適用されていない日本でドラマが起きた。

えっ!?なにヤってるの…燕・ルーキ、敬遠暴投で決勝点献上 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

試合概要

先発はSwallowsが星、Tigersが小野と、今季のルーキー対決。共に負けたくないであろう相手との投げ合いとなった。

まず2回裏、先頭の雄平が内野安打で出塁すると、バレンティンが3ボールからの4球目をバックスクリーンへ放り込み、まずSwallowsが2点を先制する。

しかし、Tigersも3回表に高山、上本の連続ソロホームランですぐさま同点に追い付く。

だが、Swallowsも3回裏に先頭の坂口がライトスタンドに勝ち越しのソロホームランをたたき込み3-2とする。

乱打戦か?と一瞬思ったが、バレンティン以外はソロホームランでの得点ばかりで、ここまであまり連打での得点はなく、その後は両投手が踏ん張り中盤へ。

4回裏、Swallowsはヒットと四球、打撃妨害で2アウト満塁のチャンスを作るが、坂口はファーストゴロに倒れ無得点。

しかし5回裏、先頭の藤井が内野安打で出塁すると、小野の暴投の間に2塁へ進む。そして3番・山田がセンター前へタイムリーヒットを放ち、4-2とする。その後、1アウトを取ったところで小野は桑原と交代となった。

星は6回表も三者凡退に抑え、7回表もマウンドへ。先頭の糸原はショートフライに抑えるも、続く岡崎の代打・キャンベルに四球を与え、さらに桑原の代打・伊藤隼がライトへの2ベースヒットを放ち、1アウト2、3塁とピンチを迎える。ここで星をあきらめ、ルーキに交代。しかし、この交代が裏目に出る。高山、上本と当たりはボテボテながら飛んだコースが良く、連続タイムリー内野安打となって同点となる。先発・星の勝利投手の権利がここで潰えた。2アウト2、3塁となったところで4番・福留を迎え、満塁策をとる。しかし、敬遠の球が暴投となり、その間に3塁ランナーがホームイン、まさかの逆転を許す。結局福留を四球で歩かせ、続く中谷を打ち取ったが、この回3失点で4-5と逆転されてしまう。

9回裏、先頭の大引が内野安打で出塁し、上田は送りバント。しかし、守護神・ドリスのエラーにより1アウト1、2塁のチャンス。続く坂口が送りバントを決め1アウト2、3塁と1打逆転サヨナラのチャンス。ここでバッター・谷内に代わり代打・大松。大松は四球を選び、1アウト満塁。大松には代走・西浦が送られた。この絶好のチャンスに、3番・山田、4番・雄平が連続空振り三振に斬ってとられ、ゲームセット。まさかの逆転負けとなってしまい、連勝も4でストップしてしまった。

Benjaminの目

やはり7回表が大きなポイントだろう。1アウト2、3塁となったところで、真中監督は同点までは覚悟していたはずだ。しかし、敬遠球を暴投して失点、しかもそれが決勝点になろうとは、流石に予想できない。私も、ルーキに対してその1球だけは擁護できない。星が粘り強く投げていただけに、打線もこきざみに得点を重ねてリードを奪っていただけに、あの「失投」はペナルティものである。

打線はと言えば、やはり9回裏の1アウト満塁のチャンスを逃したこと。しかも、3番、4番で1点も取れないのは頂けない。復調の兆しを見せていた山田と、打撃好調の雄平が、このチャンスを逃してまた不調に襲われないか、そしてこのまさかの逆転負けが尾を引かないかどうか、そこがとても心配である。

今日の休みで気持ちを切り替えて、また明日からしっかり戦って頂きたい。

スポンサーリンク
Sponsored Link