【Swallows】 菅野と阿部相手に完敗。

5月16日(火) 対Giants 6回戦(東京ドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 7 1
Giants 2 0 0 0 3 0 0 0 X 5 6 1

勝:菅野(Giants)5勝1敗
負:ブキャナン(Swallows)2勝2敗
本:阿部8号②(Giants)、バレンティン5号①(Swallows)

燕、バレの155メートル弾1点だけ…真中監督は完敗に厳しい表情
(セ・リーグ、巨人5-1ヤクルト、6回戦、巨人4勝2敗、16日、東京D)

超特大弾も空砲となった。5点を追う七回一死。バレンティンは女優、吉永小百合がほほえむ左中間席の「JR東日本」の看板の上をいく、推定飛距離155メートルの5号ソロを放った。

燕、バレの155メートル弾1点だけ…真中監督は完敗に厳しい表情 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

試合概要

先発はGiantsがここまで4勝1敗の菅野、Swallowsは2勝1敗のブキャナン。

初回、Swallowsは菅野の悪送球で1アウト1塁とするも、山田が5-4-3のゲッツーで3人で攻撃終了。

その裏、Giantsは1アウトから石川がショート内野安打で出塁。坂本はサードゴロに打ち取り、2アウト2塁となったところで、4番・阿部がレフトスタンドへのツーランホームランを放ち、Giantsが2点を先制する。

2回から4回までは両軍共にランナーは出すものの得点には至らず、2-0のまま5回へ。

5回表、Swallowsは荒木がレフトへ2塁打を放ち、チャンスを作るも後続が抑えられ無得点。
しかし、Giantsはその裏、先頭の中井が四球で出塁し、小林が送りバントを決めて1アウト2塁。菅野がセンター前ヒットでチャンスを広げ1アウト1、3塁からトップに返って立岡がライトへのタイムリーヒットで3点目を加える。続く石川はセカンドゴロでゲッツーを狙ったが、ショート・西浦が送球をこぼしオールセーフの満塁に。坂本はライトフライに打ち取り2アウトまでこぎ着けるも、4番・阿部にライトへ2点タイムリーヒットを放たれ5-0となる。

チャンスらしいチャンスが作れないSwallowsは7回表、1アウトからバレンティンが左中間スタンドへ放り込む第5号ソロホームランで1点を返すのが精一杯。

8回表も1アウト満塁のチャンスに山田、雄平がそれぞれ打ち取られ、得点に繋がらない。

9回表、菅野からカミネロに代わり、2アウト1、2塁としたが、谷内がサードゴロに倒れゲームセット。5-1の完敗であった。

Benjaminの目

菅野相手に序盤で5失点ではなかなか勝機を見出すのは難しいだろう。山田が得点機にことごとく凡打で倒れたのが大きい。ブキャナンは阿部一人に4点取られたことを反省して欲しい(そのうち2点は自責点がつかなかったにせよ)。

バレンティンのソロホームランの1点だけでは流石に勝つのは難しいので、少ないチャンスをモノにしていかなければならない。また、失点を防ぐためにはやはり守備は大事であるので、西浦はゲッツーを焦らないで欲しい。

上位チームであるGiants戦で勝っていかないと、Swallowsの順位もなかなか上がらないので、次の試合は勝ちに行って欲しい。

スポンサーリンク
Sponsored Link