【Swallows】 大松の劇的なサヨナラ弾で勝利!

5月9日(火) 対Carp 7回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 TOTAL H E
Carp 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 5 2
Swallows 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1X 3 6 0

勝:近藤(Swallows)1勝
負:中田(Carp)2勝1敗
本:エルドレッド7号①(Carp)、大松1号①(Swallows)

ヤクルト・大松が劇的サヨナラ弾 3シーズンぶりアーチに「感無量。本当にうれしい」

(セ・リーグ、ヤクルト3x-2広島=延長十二回、7回戦、広島4勝3敗、9日、神宮

ヤクルトは同点で迎えた延長十二回、先頭の代打・大松尚逸内野手(34)が右越えサヨナラ本塁打を放ち、チームに勝利をもたらした。昨季限りでロッテを戦力外となり、今年2月にテスト生からヤクルトに加入した苦労人が3年ぶりとなるアーチ。お立ち台では「感無量。本当にうれしい。頼むから入ってくれという感じでした」と喜びに浸った。

ヤクルト・大松が劇的サヨナラ弾 3シーズンぶりアーチに「感無量。本当にうれしい」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

試合概要

Swallows先発はブキャナン、Carp先発は野村。

初回は共に三者凡退で終わったが、2回表、2アウトからエルドレッドがセンターへ先制のソロホームランを放ち、Carpが1点を先制する。

3回まで雄平の2塁打1本に抑えられていたSwallowsは4回裏、久しぶりに先発出場の大引がセンターへのツーベースヒットでノーアウト2塁。続く山田がセンターへ弾き返し、1-1の同点に追い付く。丸の悪送球の間に山田は2塁へ。続く雄平もライトへタイムリーツーベースヒットを放ち、Swallowsが逆転に成功する。このままビッグイニングに突入かと思われたが、2アウト1、2塁から谷内のライト前ヒットで2塁走者・雄平がホームで刺され、この回2得点で攻撃終了。

5回から7回までは両投手が好投し、チャンスらしいチャンスは無く終わる。

8回表、ファーストに武内が入る。石原の代打にペーニャが送られるが、ストレートのフォアボールでノーアウトランナー一塁。バッター・野村に代わり代打・天谷が見事に送りバントを決め、1アウト2塁。続く田中が空振り三振で2アウトとなる。しかし、2番・菊池がレフトへのタイムリーツーベースを放ち、Carpが2-2の同点に追い付く。さらに3番・丸がライト前に弾き返し、2アウト2、3塁となったところでブキャナンが降板し、ルーキがマウンドへ。また、サードの守備に西浦が入った。4番・鈴木は粘ったが空振り三振に終わり、この回は何とか同点でしのいだ。

9回の表、ルーキに代わり同点ながら守護神・秋吉をマウンドへ送る。秋吉はCarp打線を見事三者凡退に斬ってとり、裏の攻撃を待つ。

9回裏、先頭の山田がストレートの四球で出塁。しかし雄平はファウルフライに倒れる。暴投で山田が2塁に進んだ後、バレンティンは敬遠気味に歩かされ1アウト1、2塁。バレンティンには代走・上田が起用される。このチャンスに、続く武内、中村が連続で空振り三振に倒れ、サヨナラのチャンスを逃してしまう。

10回表、秋吉から石山にスイッチ。代走の上田がセンターに、センターの坂口がレフトに入る。石山もまた三者凡退に斬ってとるが、裏の攻撃もチャンスを迎えること無くSwallowsも無得点に終わる。

11回表、石山から近藤にスイッチ。近藤も気迫のピッチングで菊池、丸、鈴木を三者凡退に抑える。しかし、Carpもその裏の攻撃を0点に抑え、そのまま12回へ突入する。

12回表、近藤が引き続きマウンドへ。先頭の安部にストレートの四球を与えるが、後続を三人で斬ってとり、Swallowsの最後の攻撃を待つ。バッター・投手の近藤に代わり、代打・大松。ここで大松がライトスタンドに放り込み、見事なサヨナラホームランで試合終了!3-2でCarp相手に3連戦の初戦を取った。

Benjaminの目

先発・ブキャナンを始め、投手陣が良く踏ん張った。また、打線も少ないチャンスをものにした結果の勝利だと思う。こういう接戦をものにしていくことが上位進出への必須条件なので、今後も苦しい闘いが続くだろうが、何とか頑張ってもらいたい。

山田に復調の兆しが見えてきた。そろそろ、打ち出すんじゃないかと期待している。
また、1番・坂口も調子よく、打線の復調はもうすぐと見て良い。

投手では近藤一樹、打者では鵜久森、大松といった言わば外様の選手の活躍が目立っている。
元いたチームにたいし、活躍を見せることが恩返しだと思うので、
さらに頑張って行ってもらいたいと思う。

スポンサーリンク
Sponsored Link