【Swallows】 好投一転、まさかのサヨナラ負け

5月6日(土) 対BayStars 8回戦(横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 TOTAL H E
Swallows 2 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 5 9 1
BayStars 0 0 0 0 3 0 0 5 0 0 1X 6 8 0

勝:砂田(BayStars)1勝
負:秋吉(Swallows)3勝1敗5S
本:山田4号②(Swallows)、梶谷7号④(BayStars)

燕・ライアン小川、完封ペース一転…梶谷への配球に悔やみ

(セ・リーグ、DeNA6x-5ヤクルト=延長十一回、8回戦、DeNA5勝3敗、6日、横浜)まさかの敗戦だ。小川は5-0で完封ペースの八回、一塁手・武内の失策で先頭打者を出すと、上田が倉本の右中間への飛球に追いつきながら捕球できず(記録は安打)に1点を返され、梶谷に同点の満塁本塁打を浴びた。「(梶谷が)本塁から離れて立つ分、内角じゃない方がよかった。2ボールになってもいいという気持ちで投げればよかった」と、あくまで自身の投球を悔やんだ。

燕・ライアン小川、完封ペース一転…梶谷への配球に悔やみ – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

試合概要

BayStarsの先発は今永、Swallowsの先発は小川。

まず初回、坂口がヒットで出塁すると、3番・山田がライトスタンドへ運ぶ2ランホームランで先制。一時は.190まで落ちていた打率も.210くらいまで戻してきたので、少し打撃の感覚が戻ってきたか。

7回表に、ノーアウトランナー1、3塁から谷内の当たりはセカンドゴロ。これを石川がフィルダースチョイスでオールセーフ!0-3と1点追加。さらに小川が送りバントをキッチリ決めて1アウト2、3塁とすると、トップに返って坂口がセンターへ2点タイムリーヒット!これで0-5。

投げては小川が7回までBayStars打線をヒット2本の無失点で抑え、完投、あわや完封か!?と思われた矢先に、まさかの展開が待っていた。

8回裏、荒波の当たりはファーストゴロ。これを武内がファンブルし出塁させると、石川がストレートの四球でノーアウト1、2塁。加賀に代わり代打・エリアンは空振り三振に斬って取ったものの、続く倉本にセンターへタイムリーヒットを許し、1点を失う。そして桑原が粘って四球を選ぶと、3番・梶谷がライトスタンドへ痛恨の満塁ホームラン!これで5-5の同点となり、小川はここで降板。後を継いだ石山が何とか後続を断ち、同点のままとする。

9回、10回をルーキが抑え、11回。スワローズは1アウト1、2塁と1だ勝ち越しのチャンスを得る。ここでルーキに代打・大松。しかし、レフトフライに倒れる。続く坂口もサードゴロに倒れ、絶好の勝ち越しチャンスを逃す。

するとその裏、守護神・秋吉がマウンドに上がるものの、先頭の高城がヒットで出塁すると、石川が送りバントを見事に決めて1アウト2塁。続く打者は守備固めで入った柴田。この柴田がセンターへのタイムリーツーベースヒットを放ち、まさかのサヨナラ負け。5-6X。この負けを引きずらなければ良いが・・・。

Benjaminの目

小川は7回まではほぼ完璧なピッチングだった。しかし、8回、先頭打者をエラーで出塁させてからリズムが狂った。ファンブルした武内が反省するのはもちろんだが、これを引きずらずに後続をしっかり断つのがエースがエースたる所以なので、このあたりはもう1歩成長して欲しい。しかし、7回までのピッチングを見ていたら、まさかこのような展開になるとは思いも寄らなかったであろう。

また、打線も山田に当たりが出てきたほか、密かにトップバッターの坂口が打率を上げてきている。また、雄平も安定して.280~.300前後の打率を保っているので、彼らの攻撃がかみ合えば、打線の方はもう少しで上向きとなるだろう。

秋吉は、今日は出番のない日だと油断したかも知れない。また、守備固めの打者だと思って、抜いたピッチングをしたかも知れない。これを教訓に、守護神として更なるレベルアップを図って欲しい。取りあえず、翌日以降に引きずってはいけない試合であった。

スポンサーリンク
Sponsored Link