【F1:Rd.04】 第4戦 ロシアGP 決勝

2017年F1ロシアGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスはF1初優勝を飾った。

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム バルテリ・ボッタス 決勝=1位  実感するのに少し時間がかかりそうだ。いつもはあまり感情的にならない人間なんだけど、フィンランド国歌が聞こえてきた時には感動した。すべてがまるで夢のようだ。初めて優勝した。これがいくつもの勝利の始まりだといいね。

ボッタス初優勝「集中したいから無線で話しかけないで、と頼んだ。キャリアベストのレース」/F1ロシアGP

レース概要

ロシア ソチ・オートドローム:5.848km(1周)
レース周回:53周
スタート時間:15時(現地時間:日本時間24時)
開始前の天候:晴れ、気温26℃、路面温度40℃

レース内容

まず、前戦・バーレーンGPでWilliamsのLance Strollとクラッシュした影響で、Carlos Sainzが3グリッド降格処分により14番グリッドからのスタート。また、今季5基目のパワーユニット交換をしたStoffel Vandoorne(McLaren)が15グリッド降格処分で最終グリッドからのスタートとなった。

2008年フランスGP以来のフロント・ロウを独占したFerrariのSebastian Vettel、Kimi Raikkonenは、上手くスタートを切って後ろのMercedes勢を押さえ込めるかどうか。逆に、Mercedes勢はこのFerrari勢の1-2体制を切り崩すことができるかどうかが、スタートのポイントか。

各車、特に問題なくフォーメーションラップへと向かう。そして、それぞれのグリッドにつき始めた頃、何とFernando Alonso(McLaren)がマシンをピットロード入口に止め、マシンを降りてしまった!マシンに何らかのトラブルが発生した模様。これにより,フォーメーションラップをやり直し、レース周回は52周で争われることとなり、スタートを迎えることなく、Alonsoはリタイアとなってしまった。

2度目のフォーメーションラップは何事もなく終わり、各車がグリッドに着く。そして、シグナルが消え、各車一斉にスタート!Raikkonenが出遅れ、Valtteri Bottas(Mercedes)が好スタートを切り、Ferrariの2台を交わして先頭に立つ。また、Strollが後方でスピン。さらに後方ではRomain Grosjean(Haas)とJolyon Palmer(Renault)がクラッシュし共にリタイア。そして早くもセーフティーカーが導入された。

4周目にセーフティーカーがいなくなると、Bottasは2番手以下を引き離しにかかる。5周目に、Daniel Ricciald(Red Bull)のマシンにトラブル発生。ブレーキに問題が生じた模様で、ピットにゆるゆると戻っていく。しかし、そのままガレージに入れられ、リタイアとなる。

9周目、Stoffel Vandoorne(McLaren)に、2コーナーでの走行ルール違反により5秒のペナルティーが科される。同様に10周目、Kevin Magnussen(Haas)にも5秒のペナルティーが科された。Vandoorneは14位、Magnussenは10位を走行中。

20周を過ぎ、各車ピットインでタイヤ交換に入る。トップ争いの中では28周目、まず先頭のBottasがピットイン。タイヤをスーパーソフトに替え4番手でコース復帰。次に、Raikkonenがピットに向かう。タイヤをスーパーソフトに交換しコースに復帰。続いてRaikkonenを追いかけていたHamiltonがピットイン。暫定トップのVettelはまだピットインの気配を見せていない。

35周目、ようやくVettelがピットイン。スーパーソフトにタイヤを交換しコースに復帰するものの、タイヤ交換にややもたつき、Bottasの後方4.5秒の2番手となる。現時点でのトップ10圏内の順位は、Bottas、Vettel、Raikkonen、Hamilton、Max Verstappen(Red Bull)、Nico Hulkenberg(Renault)、Felipe Massa(Williams)、Sergio Perez(Force India)、Esteban Ocon(Force India)、Carlos Sainz(Toro Rosso)となっている。ただし、6位走行中のHulkenbergはまだピットインを行っていない状態。

40周目、VettelがBottasを追い上げ、その差が2秒を切ってきた。41周目、Hulkenbergがようやくピットイン。9番手でコースに復帰。

BottasとVettelはともにバックマーカーを処理しながら走行、その差1.5秒ほどに縮まっている。ここでMassaは2度目のピットインでタイヤをusedウルトラソフトに交換し、9番手でコースに復帰。タイヤに何かトラブルが発生したのだろうか。

49周目、Vettelが全体のファステストラップを更新しながら、Bottasとの差を1秒まで縮めてきた。レース終盤にバトルが見られるかも知れないタイム差となってきた。

しかし、ファイナルラップになってBottasとVettelの間にバックマーカーが入り、その差が開く。Bottas初優勝の瞬間が近づいてきた。

そしてそのままBottasがトップでチェッカーを受ける。2位にVettel。3位はRaikkonenとなった。Bottasは嬉しいF1初優勝!最後、Vettelの猛追を見事にかわしての優勝で、F1にまた新たなヒーローが誕生した。最終的な順位は以下の通り。

POS. Car No. Driver Team Time Point Remarks
1 77 Valtteri Bottas Mercedes 1:28:08.743 25
2 5 Sebastian Vettel Ferrari +0.617 18
3 7 Kimi Raikkonen Ferrari +11.000 15
4 44 Lewis Hamilton Mercedes +36.320 12
5 33 Max Verstappen Red Bull +1:00.416 10
6 11 Sergio Perez Force India +1:26:788 8
7 31 Esteban Ocon Force India +1:35.004 6
8 27 Nico Hulkenberg Renault +1:36.188 4
9 19 Felipe Massa Williams +1Lap 2
10 55 Carlos Sainz Toro Rosso +1Lap 1
11 18 Lance Stroll Williams +1Lap 0
12 26 Daniil Kvyat Toro Rosso +1Lap 0
13 20 Kevin Magnussen Haas +1Lap 0
14 2 Stoffel Vandoorne McLaren +1Lap 0
15 9 Marcus Ericsson Sauber +1Lap 0
16 94 Pascal Wehrlein Sauber +2Laps 0
Ret 3 Daniel Ricciald Red Bull Lap 5 0 Brake
Ret 30 Jolyon Palmer Renault Lap 1 0 Accident
Ret 8 Romain Grosjean Haas Lap 1 0 Accident
DNS 14 Fernando Alonso McLaren Lap 0 0 Do Not Start

スポンサーリンク
Sponsored Link