【F1:Rd.04】 第4戦 ロシアGP 予選

ロシアGP概要

今季第4戦は昨年からシーズン序盤に開催されることとなった、ロシア・ソチのソチ・オートドロームにて行われる。2014年に開催されたソチ五輪の会場を利用したコースで、1周5.848kmのコースを53周で争われる。

五輪会場跡地を利用しているため、市街地コースに近いレイアウトとなっており、直角コーナーとストレートの組み合わせで成り立っている。ストレートは長めなため、空気抵抗を減らし直線スピードを上げたいが、所々に挟まれている中低速コーナーをいかに立ち回れるか、マシンのセッティングバランスが問われるレースである。

Q1セッション

予選開始前の天候は晴れ、気温21℃、路面温度40℃。18分間のタイムアタックで、16~20位を決めるノックアウト方式である。

最初にタイムアタックに入ったのは、地元・ロシアのドライバー、Daniil Kvyat(Toro Rosso)。その後、続々とタイムが塗り替えられていく。10分ほど経った時点で、Lewis Hamilton(Mercedes)がまだ有効なタイムを出していない。ミスでアタックを中断してしまったようだ。

残り5分となったところで、ノックアウトゾーンにいるのは、Fernando Alonso(McLaren)、Stoffel Vandoorne(McLaren)、Pascal Wehrlein(Sauber)、Romain Grosjean(Haas)、Marcus Ericsson(Sauber)となっている。

残り3分となったところで、Alonso、続いてVandoorneがコースに入る。10番手から16番手までが1秒以内の接戦となっている。Alonsoが13番手にあがる。そしてRenaultのJolyon Palmerがクラッシュ!既にセッション終了時刻を迎えていたため、この周回でQ1セッションは修了、ノックアウトされたドライバーは以下の通り。

POS. Driver Team Time
16 Jolyon Palmer Renault 1:36.462
17 Stoffel Vandoorne McLaren 1:37.070
18 Pascal Wehrlein Sauber 1:37.332
19 Marcus Ericsson Sauber 1:37.507
20 Romain Grosjean Haas 1:37.620

Q2セッション

Q2セッションは15分間のタイムアタックで、11~15位を決めるノックアウト方式。

Q1セッションの最後でJolyon Palmerがクラッシュした影響で、その区間は黄旗が振られている状態でQ2セッションがスタートする。Q2では全車がウルトラソフトタイヤを履いている模様。

黄旗制限がなくなると各車一斉にコースイン。最初のタイムアタックで、Felipe Massa(Williams)が1:35.677のタイムを叩き出すと、次々とトップタイムが塗り替えられていく。Kimi Raikkonen(Ferrari)がタイムを塗り替えると、すぐにValtteri Bottas(Mercedes)がこれを上回るというように。

このQ2では、Mercedes勢のラップタイムが良いようで、Sebastian Vettel(Ferrari)もMercedes勢に届かなかった。

残り3分を切ったところで、Sergio Perez(Force India)とAlonsoがコースイン。Perezは9番手のタイムを叩き出しQ3進出圏内に。Alonsoは15番手止まりのタイム。ここでチェッカーが振られ、予選11から15位は下記の通りに決まった。

POS. Driver Team Time
11 Carlos Sainz Toro Rosso 1:35.948
12 Lance Stroll Williams 1:35.964
13 Daniil Kvyat Toro Rosso 1:35.968
14 Kevin Magnussen Haas 1:36.017
15 Fernando Alonso McLaren 1:36.660

Q3セッション

Q3セッションは12分間のタイムアタックで争われ、ポールポジションから10番手までを決定する。やはり、MercedesとFerrariの一騎打ちの様相を呈しているが、ここに割って入るドライバーはいるのか。

序盤、Nico Hulkenberg(Renault)とHamiltonがテールトゥノーズの激しいバトルを展開していたが、そのままタイムアタックへ。Hamiltonはこのアタックでの好タイムは臨めなさそう。

Raikkonenが1:33.253のトップタイムを叩き出し、しばらくは暫定ポールの位置にいる。Vettelも小さなミスを犯してこのタイムには届かなかった。Valtteri Bottas(Mercedes)も0.04秒届かず。

残り時間3分ほどとなって、各車最後のアタックを迎える。Vettelが良いペースで各セクターのタイムを刻んでいく。そして、ついにVettelがRaikkonenのタイムを上回り、トップタイムをマークする。そのあとに続くMercedes勢はFerrari勢のタイムに届かず、Bottas3番手、Hamilton4番手に留まった。ここでチェッカーが振られ予選終了。Ferrariは、2008年フランスGP以来のフロント・ロウとなった。最終的なQ3の順位は以下の通り。

POS. Driver Team Time
1 Sebastian Vettel Ferrari 1:33.194
2 Kimi Raikkonen Ferrari 1:33.253
3 Valtteri Bottas Mercedes 1:33.289
4 Lewis Hamilton Mercedes 1:33.767
5 Daniel Ricciald Red Bull 1:34.905
6 Felipe Massa Williams 1:35.110
7 Max Verstappen Red Bull 1:35.161
8 Nico Hulkenberg Renault 1:35.285
9 Sergio Perez Force India 1:35.337
10 Esteban Ocon Force India 1:35.430
スポンサーリンク
Sponsored Link