【Swallows】 久しぶりにカード勝ち越し!星は先発合格!

4月30日(日) 対Giants 5回戦(明治神宮野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Giants 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 8 0
Swallows 1 0 0 0 0 1 1 0 X 3 5 3

勝:ルーキ(Swallows)1勝2敗
負:池田(Giants)1敗
S:秋吉(Swallows)3勝4S

ヤクルトは1回1死二、三塁からバレンティンの二ゴロの間に先制。先発星は3回に味方の失策から1失点も3回2安打に抑える。巨人が4回1死二塁、小林の左前適時打で勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ヤクルト2連勝、ルーキ初勝利、巨人池田は初黒星 – 戦評 : 日刊スポーツ

試合概要

Swallowsは初先発のルーキー・星、Giants先発は内海。

初回、星は制球が定まらず、ヒットと2四球で2アウト満塁のピンチ。しかし、石川をサードゴロに打ち取り、なんとか初回を無失点でしのぐ。

一方、Swallowsは初回に1アウト2、3塁のチャンスを作ると、4番・バレンティンのセカンドゴロの間に先制点を挙げ1-0とする。

星は、2回表は3人で抑える。内海もその裏を3人で抑え、投手戦の様相かに思われる。

3回表、1アウトから橋本到がセンター前ヒット。続く坂本を迎え、星は牽制悪送球で橋本は2塁へ。坂本はショートゴロかに思われたが、これを名手・大引が後逸!この間に橋本が還り1-1の同点とされる。しかし、星はその後は阿部を空振り三振、マギーをライトフライに打ち取り、なんとか1失点で抑える。

4回表、1アウトから中井にライトへ2塁打を放たれ1アウト2塁。ここで小林がレフト前へタイムリーヒットを放ち、1-2と逆転される。つづく内海はフォークで空振り三振とし2アウトとしたが、立岡がレフトへヒットを放ちツーアウトながら1、3塁。さらに立岡が盗塁に成功し2、3塁となったが、続く橋本をショートゴロに打ち取る。しかし、Swallowsは逆転を許してしまう。

5回、6回と星は3人ずつで片付け、粘りのピッチング。すると、6回裏、1アウトから大引、山田が連続四球で1、2塁。4番・バレンティンのレフト前タイムリーで2-2の同点に追い付く!しかし、その後の雄平、鵜久森が続かず、この回は同点止まり。

7回表、星に代わりルーキがマウンドへ。先頭の脇谷にヒットを与え、さらに続く立岡のバントをルーキがエラー。ノーアウト1、2塁。橋本到を空振り三振に斬ってとると、坂本をダブルプレーで仕留め、何とかこの回を無失点で切り抜ける。

するとその裏、Giantsは先発・内海から池田へスイッチ。先頭の中村に四球を与えた後、谷内がキッチリと送りバントを決めて1アウト2塁。ここでGiantsは池田からマシソンにスイッチ。しかし、武内にライト前に弾き返され、1アウト1、3塁とすると、トップの坂口がセカンドへのタイムリー内野安打で1点を勝ち越す!!なおも1アウト1、2塁のチャンスだったが、大引が6-4-3のゲッツーに倒れ、この回も1点止まり。

8回表はルーキから石山へ。Swallowsの勝ちパターンに入る。1アウト後、マギーに2塁打を放たれる。ここで代走に寺内。続く石川がピッチャーゴロで、寺内が飛び出してしまい、挟殺プレーでタッチアウト。この間に石川は2塁へ進み、2アウト2塁。中井をセンターフライに打ち取り、事なきを得る。

9回表、抑えのエース・秋吉をマウンドへ。また、坂口をセンターからレフトへ、バレンティンの代走で出場した上田をセンターとして守備固めを行う。1アウト後、村田に2塁打を打たれるも、立岡をレフトフライ、橋本到を空振り三振として試合終了!このカード3連戦を2勝1敗と勝ち越した。少しずつ、借金を返済しなければ・・・。(汗)

Benjaminの目

ルーキー・星が先発。初回こそ2四球など、制球が定まらなかったが、150km/h前後の速球で力でねじ伏せるような投球で、6回を2失点(自責点1)と好投。今後、再び先発のチャンスを得たと言って良いだろう。ルーキがバタバタしていたが、結果的に抑えたことにより、その裏に勝ち越しに成功して今季初勝利。これで少しは落ち着いてくれるだろうか。石山、秋吉共にランナーは出したものの、要所は締めた。

打線は、バレンティンが一発こそ無いものの、確実に打点を稼いでいる。ヒットも出だしたので、もう少ししたらあたってくるのではないか。また、坂口も率をようやく.250付近まで上げてきたので、あとは3番・山田の復調を待つばかりだ。今日もノーヒット(2四球)で、.191と3割にはほど遠いが、WBC疲れを一刻も早く癒してもらいたい。

あと、何故か(失礼!)武内の調子が良く、鵜久森がちょっとあたってないので、しばらくは武内起用で良いのではないかと思う。長くは続かないのが武内だが・・・多分、最後のチャンスの年だと思うよ・・・。

明日は休みなので、特に山田はゆっくりと身体を休めるように!←

スポンサーリンク
Sponsored Link