【Swallows】 熱い最下位争い・・・orz

4月25日(火) 対Dragons 3回戦(豊橋市民球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 5 2
Dragons 0 3 0 0 0 1 0 0 X 4 7 0

勝:ジョーダン(Dragons)1勝
負:山中(Swallows)2敗
S:田島(Dragons)1勝1敗5S
本:ゲレーロ2号③(Dragons)、松井雅1号①(Dragons)

山田の一打も実らず…敵地で勝てない今季2勝10敗
ヤクルト・山田の一打も勝利にはつながらなかった。4点を追う8回2死一、三塁から右中間フェンス直撃の2点適時二塁打。2点差に迫ったが、続くバレンティンは空振り三振で反撃はついえた。

山田の一打も実らず…敵地で勝てない今季2勝10敗― スポニチ Sponichi Annex 野球

試合概要

先発はDragonsがジョーダン、Swallowsはここまで勝ち星のない山中。

先手をとったのはDragons。2回の裏、先頭のビシエドがヒットで出塁。続く藤井が四球で歩くと、7番・ゲレーロがレフトスタンドに3ランホームランを放ち、まず3点を先制。

そして6回の裏には松井雅人に今季1号の一発が飛び出し、4-0とする。

対するSwallowsは7回までヒット2本に抑えられ、唯一のチャンスは5回の表に死球を受けた西田を1塁において、大引がセンターへのツーベースヒットを放ち、1アウト2、3塁とした場面。しかし、つづくピッチャー山中は空振り三振。トップに返って坂口が絶好のチャンスにまたも空振り三振でチャンスを潰してしまった。

8回の表、フライ2つで簡単に2アウトをとられた後、坂口、荒木の連続ヒットで2アウト1、3塁。ここでDragonsはピッチャーをジョーダンから三ツ間へスイッチ。しかし、Swallowsは3番・山田がライトに2点タイムリーツーベースヒットを放ち、2点を返す。さらに2アウト2塁の場面で、4番・バレンティンが空振り三振で追い付くことはできなかった。

9回表、Dragonsは三ツ間に代わり抑えの田島がマウンドへ。簡単に3人で攻撃を終わらせ試合終了。4-2でDragonsが勝利。Swallowsはビジターで2勝10敗と、内弁慶ぶりをまたも発揮してしまった。

Benjaminの目

今季の山中はここまで防御率3.00とまあまあ抑えてはいるのだが、何せ打線が.223とリーグ最低の打率なので、1点までに抑えないとちょっと厳しい。そこへ、2回の裏に3ランホームランで3点を先行されると、今のSwallows打線で追い付くのは難しい。

また、5回、8回のチャンスでもう2点は取れたはず。ここで追い付けないので、どうしても勝ち星が付いてこない。

8回裏、ルーキが3人でピシャリと抑えたことと、山田が久しぶりに2安打を放ったのが収穫か。これくらいしか見所がなかったのがとても寂しいところである。

スポンサーリンク
Sponsored Link