【Swallows】 小川の粘投にバレ4番の意地で応えた!

4月22日(土) 対Carp 5回戦(神宮球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Carp 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
Swallows 0 0 0 0 0 1 0X 1 6 0

※7回降雨コールドゲーム
勝:小川(Swallows)2勝2敗
負:岡田(Carp)2勝1敗

ヤクルト先発は小川、広島は岡田が先発。両投手とも雨の中で無難に立ち上がり、3回まで両軍無得点。小川は被安打なし。ヤクルトは6回、バレンティンの適時二塁打で先制… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ヤクルト小川2勝&バレV打 広島は今季初4連敗 – 戦評 : 日刊スポーツ

試合概要

Swallowsの先発は小川、Carpの先発は2年目の岡田明丈。

雨の降る神宮球場。先に点を取った方が俄然有利となる試合。岡田は要所要所で力のある150km/h前後の速球とカットボールで、ヒットを出しながらもSwallows打線を抑える。一方の小川は1回の表にいきなり2アウト2、3塁のピンチを迎えたが、これを何とか0点に抑える。

4回表、Carpは2アウト1、2塁の先制のチャンスを迎えるが、小川は阿部をセンターフライに打ち取りこの回も0点に抑える。その裏、2アウトから雄平が2塁打を放つも、続く西田が見逃し三振に終わり、0-0のまま中盤へ。

5回の裏、先頭打者の中村がスリーベースヒットを放ち、ノーアウト3塁という先生の絶好のチャンスをSwallowsが迎える。しかし、大引、小川、坂口と三者連続三振に仕留められ、無得点に終わってしまう。

6回表も小川は気迫のこもったピッチングで三者凡退に抑えるとその裏、2番・荒木がレフト前ヒットで出塁。山田が四球でノーアウト1、2塁のチャンス。ここで4番・バレンティンがレフト線へのタイムリーツーベースヒットでようやくSwallowsが1点を先制する!なおもチャンスは続くが、雄平、西田、中村が倒れ1点止まり。

7回表、1アウトから阿部にライト前ヒットを打たれると、続く石原が送りバントを決め、2アウト2塁で、岡田に代わり代打・新井。レフトスタンドが大きく盛り上がるが、小川は新井をショートゴロに打ち取ってこの回も0点に抑える。

その裏、岡田から藪田へスイッチ。ツーアウト後、坂口が死球、荒木がストレートの四球を選び、ツーアウト1、2塁でバッター山田。ボールカウント3-1となったところで、降雨中断。30分後、球審・吉本が降雨コールドゲームを宣言し、試合終了。Swallowsは首位Carpから連勝し、開幕カード以来のカード勝ち越しを決めた。

Benjaminの目

今日は先発の小川が、ランナーを出しながらも丁寧にコースを突き、また力のある速球をコーナーに決めてCarp打線を2安打に抑えた。このようなピッチングを続けていれば、そうそう負けないし、最多勝・新人王をとった4年前のような成績がついてくるのではないか。また、前日の石川の好投も大きかったと思う。ベテランが8奪三振を奪う好投を見せたら、若い小川も負けてはいられない。三振こそ5つしか奪っていないが、被安打2は立派である。

打線はこの日も、ノーアウト3塁のチャンスに無得点に終わるなど、決して本調子ではないが、4番・バレンティンの意地のタイムリーツーベースヒットで、面目躍如。伊達にWBCでオランダの4番を張り、大会最優秀外野手に選ばれた訳ではない。

なかなか連打でビッグイニングは作れないし、チーム打率も相変わらずリーグ最下位だが、リーグ1位の防御率を誇る投手陣の踏ん張りで、少しずつ借金を返し、まずは勝率5割を目指して戦って欲しい。

スポンサーリンク
Sponsored Link