【Swallows】 ブキャナン、ボークの1点に泣く。貧打重症。

4月19日(水) 対Giants 2回戦(鹿児島・鹿児島県立鴨池野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 1
Giants 1 0 0 0 0 0 0 0 X 1 8 0

勝:篠原(Giants)1勝
負:ブキャナン(Swallows)1勝1敗
S:カミネロ(Giants)1敗6S

 (セ・リーグ、巨人1-0ヤクルト、2回戦、巨人2勝、19日、鹿児島)ヤクルトは畠山が左脚の負傷で離脱し、打線を大幅に組み替えたが、2試合連続の零敗で3連敗となった。1番だった山田を6試合ぶりに3番、バレンティンを4番に据えた。さらに2年目の山崎を1番に起用し、捕手登録の西田を一塁手で今季初先発させたが、実らなかった。

燕打線組み替えも零敗…真中監督「攻められなかった。残念」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

試合概要

Giantsの先発は高木勇人。Swallowsの先発は、前回好投し来日初勝利を挙げたブキャナン。

しかしこの試合は1回裏、スミ1の試合で、エラーとボークで決した。

先頭の中井がヒットで出塁、2塁を狙ったがタッチアウト。続く2番・立岡を打ち取ったかに見えたが、ショート・西浦がエラー。3番・坂本がヒットで出塁すると、ブキャナンがボークでそれぞれランナーが進塁。1アウト2、3塁のチャンス。ここで4番・阿部がセンターへキッチリと犠牲フライで先制。続くマギーを見逃し三振で1失点で切りぬけた。

2回裏、先発の高木勇人が送りバント失敗の際にケガをし、急遽3回から篠原が登板。この篠原からブキャナンが2塁打を放ちチャンスを作るも、1アウト1、3塁から谷内がダブルプレーで絶好の同点機会を逸する。

その後は両軍ともランナーを塁に出すも、あと1本が出ず、1-0のまま終盤へ。Giantsは篠原→池田→マシソン→森福とつないだ。

その森福は8回表、1アウトから荒木にツーベース、鵜久森にヒットを打たれ、1アウト1、3塁としたところでカミネロにスイッチ。Swallowsはバッター・谷内に代わり大松。しかし、大松もここで1-6-3のダブルプレーでまたしても同点に追い付く絶好のチャンスを逃す。

Swallowsは8回裏に石山が登板。2アウト満塁のピンチを切り抜け、9回表の攻撃に託す。

9回表、雄平が2アウトから死球で塁に出るも、続く西田が空振り三振で試合終了。またしても零封されてしまい、3連敗となった。

Benjaminの目

とにかく西浦のエラーと、ブキャナンのボークがなければ失点は防げた試合。しかし、これらも含め、投手陣と守備陣は良くやってくれているとは思う。このところのブログの記事内容はいつもそうだが、とにかく打線。打線が全く機能しない。この日は8安打「も」放ったが、連打は1回のみ。得点圏にランナーを進めるも帰すことができない。

山田が14打席ぶりにヒットを打ったが、山田にしろバレンティンにしろ、中軸が打たなければやはり野球はなかなか勝てないものだ。しかも、中軸の一人・畠山も怪我で欠いてしまい、川端・畠山の2枚落ちでは打線の迫力も半減する。

打線の復調をじっと耐えて待つしかないが、それまで投手陣が好投を続けられるかどうかにかかっている。投手陣も崩壊したら目も当てられない。暗黒期のTigersやBayStarsのようになってしまう。それらのチームも、地道に選手を育成して(前者はちょっと違う気もするが)、時間をかけて選手を育てていった。Swallowsも、山田はともかく畠山に代わる大砲、川端に代わる安打製造機を育てないといけない。我慢して西浦や谷内を育てないといけない時期なのかも知れない。でもチャンスで鵜久森や大松に帰られてしまう程度の信頼感なんだよなぁ。

スポンサーリンク
Sponsored Link