【Swallows】 3安打無得点では流石に勝てぬ

4月18日(火) 対Giants 1回戦(熊本・藤崎台県営野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
Giants 1 0 0 0 1 0 0 1 X 3 10 0

勝:菅野(Giants)2勝
負:山中(Swallows)1敗

試合概要

Giants先発は菅野、Swallows先発は山中。
まず初回、Swallowsは簡単に3人で攻撃を終了。しかしその裏、2番・立岡がヒットで出塁し、2アウト後、4番・阿部のタイムリーでGiantsが1点を先制する。さらに2回の表、先頭の畠山がセカンドゴロの際に脚を痛め、裏の守備から鵜久森に交代。怪我人がまた一人増え、ヤ戦病院の様相を呈してきた。攻撃も3回、4回と三者凡退に終わり、全くチャンスがない。

5回表、雄平が内野安打でこの試合Swallowsの初ヒットを放ち、四球を含め2アウト1、2塁のチャンスに、打席にはピッチャー・山中で敢え無く凡退。その裏Giantsは先頭の菅野がヒットで出塁、1アウト後に立岡がヒット。2アウト1、3塁となったあとまたも4番・阿部がライトへタイムリーヒットを放ち2点目。今日の菅野なら2点あれば大丈夫、という感じである。

さらに6回~8回までSwallowsは三者凡退を繰り返すと、8回裏にピッチャーを山中から村中にスイッチ。しかし、ショート西浦のエラー、マギーのヒット、村田が四球で1アウト満塁。ここでバッター重信に代わりここまで絶不調の長野。しかし、この長野にライトへの犠牲フライを放たれ3点目を奪われる。9回表、2アウト後にバレンティン、鵜久森が連続ヒットで2アウト1、2塁のチャンスを作るも雄平がセンターフライでゲームセット。Swallowsとしては何の見所もない、完敗であった。

Benjaminの目

開幕からずっと言い続けているが、とにかく打てない。打線が繋がらない。この日の山中は7回2失点と、上々の出来であったにもかかわらず、打線が散発3安打では投手が完封でもしない限り、勝つことはない。また、今季はリーグ内で比較的エラーの少ないSwallowsだが、やらかしたミスはことごとく失点に絡んでいるので、ここ一番での緊張する場面で、メンタルが弱いのかも知れない。

打線は水物とはいうが、ここまで打てないと投手陣への心理的負担も大きい。さらにこの上、畠山離脱で早くも緊急事態である。WBC組の山田・バレンティンも調子は上がらず、3割打者が中村だけ。少し、打撃に関しては時間がかかるかも知れず、今年も上位争いには絡めないかもなぁ・・・。

スポンサーリンク
Sponsored Link