【Swallows】 さすがに5安打じゃねぇ・・・逆戻り

4月16日(日) 対BayStars 6回戦(横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL H E
Swallows 0 0 2 0 0 1 0 0 0 3 5 0
BayStars 1 0 0 2 2 0 1 0 X 6 11 1

勝:クライン(BayStars)2勝
負:オーレンドルフ(Swallows)1敗
S:パットン(BayStars)2勝1S
本:ロペス3号①(BayStars)
バレンティン2号①、バレンティン3号① (Swallows)

試合概要

BayStars先発はクライン、Swallowsの先発はオーレンドルフと、両軍共に外国人投手が先発となったこの試合。先手を取ったのはBayStarsであった。

1回裏、2アウトから3番・ロペス。カウント1-1から、やや外角の高めに浮いたストレートをレフトスタンドに運ばれ、1点を先制される。

しかし、3回表、Swallowsは1アウト後、山田が四球で出塁。さらに盗塁を試みると戸柱が悪送球で、3塁まで進む。ここで雄平がレフトへ犠牲フライを放ち、同点に追いつく。続く3番・バレンティンが初球をレフトスタンド上段、あわや場外という大きなホームランでたちまち逆転に成功する。

ところが、今日の先発・オーレンドルフがピリッとしない。4回裏に簡単に2アウトを取ったあと、倉本にストレートの四球を与える。続く白崎がセンター前ヒットで1、3塁。さらに戸柱にもストレートの四球を与え2アウト満塁とされると、ピッチャー・クラインにライトへ逆転の2点タイムリーヒットを打たれる。これで2-3。

そして5回の裏にも、先頭の荒波に2塁打を許し、続くロペスがライトへタイムリーツーベース。ここでピッチャーをオーレンドルフから原樹里にスイッチ。筒香、宮崎を打ち取るも、2アウト3塁から倉本にタイムリーツーベースヒットを打たれ、2-5となる。

6回の表に、1アウト後、バレンティンがまたしてもスタンド上段に運ぶ3号ソロホームランで1点を返すが、とにかくヒットが繋がらない、ランナーが溜まらないので、一気に得点できない。

すると7回裏に2アウト満塁から戸柱にタイムリーヒットを打たれ6点目を献上する。一方、Swallowsは7回から9回まで、ランナーを1人出しただけで特にチャンスを作ることもできず、試合終了。

Benjaminの目

この日、Swallows5安打のうち3本がバレンティン、うち2本がソロホームラン。とにかく、連打が出ないので、昨日の試合が何だったのかと思うくらいだ。先発のオーレンドルフは甘く入った球を痛打されていたので、先発としては厳しいかも知れない。原樹里も、回をまたぐと安定感を欠くので、使える投手とそうで無い投手がはっきり分かれている状態だ。早めに点を取り、6回までに勝ちパターンに持って行かないとツラい。今のところ、石山、杉浦、秋吉の3人で締めなければ勝てない。ルーキが入ると逆転される可能性が非常に高いのが現状だ。

打線については日によって細かく変えてはいるが、いかんせん現在のレギュラー陣で中村悠平を除いたすべてが不調と言って良い。こうなると、もう少し脚を絡めるとか、小技でちまちま点を取るしか無いような気がする。また、バレンティンが好調な日に限って、バレンティンの前にランナーが出ないなど、とにかくちぐはぐな印象だ。監督の采配どころではない。

それでも、まだ投手陣が踏ん張っている間に打線が上向いてこないと、このまま沈みっぱなしでシーズンが終わってしまう。川端がいつ戻ってくるのか分からない状況なので、谷内あるいは西浦がサードを奪うくらいの気持ちで奮起して、チームのムードを変えるくらい頑張って欲しい。

スポンサーリンク
Sponsored Link